中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 906(2019/06/10追加)

30本入荷しました

30本入荷しました

30本入荷しました

  • ブロンズ…26
  • シルバー…321
  • ゴールド…281
  • プラチナ…278
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

中古ドメインはドメインパワーと文字列のどちらを優先すべきか

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

中古ドメインはドメインパワーと文字列のどちらを優先すべきか

サイト運用を行う上で、新規ドメインではなく中古ドメインが選ばれる理由には、

  • SEO効果が期待できる
  • 希望となる文字列である

などが挙げられます。

中古ドメインはバックリンク資産やドメインエイジなどの「ドメインパワー」をすでに有しています。

検索エンジンによって過去に運用されたサイトの評価が高ければドメインパワーが高くなり、検索順位で上位化しやすくなる状態でサイト運用を始められるなどのSEO効果が期待できます。

また、サイト名やサイトの内容に関連性がありそうなキーワードが文字列に含まれている場合にも中古ドメインが選ばれることがあります。

そんな中古ドメインを選定する時に、ドメインパワーがあるものと希望とする文字列のどちらを優先すべきか悩む場面があると思います。

あるいは、ドメインパワーと文字列の両方を兼ね備えている中古ドメインを探して取得したいと考えている人もいるでしょう。

今回は中古ドメインを選定する時の、ドメインパワーと文字列の優先度について解説をしていきます。

サイトの目的によって優先順位が異なってくる

まず始めに、中古ドメインを選定・取得する際にドメインパワーと文字列のどちらを優先すべきかについては、これから運用していこうと考えているサイトの目的によって優先順位が異なってきます

ここで、サイトの目的ごとにドメインパワーと文字列の優先度について解説をしていきます。

サイトとしてのブランド力を優先するなら文字列

サイトとしてのブランド力を高めていきたいのであれば、ドメインパワーよりも文字列を優先させた方がいいでしょう。

これから運用していく予定のサイトとの関連性がまったくない文字列よりも、サイトの内容に関連性があるキーワードが含まれている文字列の方が、サイトとしてのブランド力を高めることができます。

また、ドメイン名を見ただけでサイトの内容が分かりやすそうな文字列だとユーザーの利便性向上が期待できるでしょう。

例えば、古着を販売しているショップサイトであれば「clothes」、「old-clothes」、「thrifted-clothes」などの文字列が含まれていると、ユーザーだけでなく検索エンジンにもサイトの内容を認識しやすくなるでしょう。

文字列を気にせず、短期間でSEO効果を期待したい場合にはドメインパワーを優先

ドメイン名の文字列を特に気にせず、短期間でSEO効果を期待したい場合にはドメインパワーを優先させた方がいいでしょう。

例えば、サテライトサイトアフィリエイトサイトなどは、短期間でSEO効果を期待するために、中古ドメインを使用するケースが多いと思います。

サテライトサイトならメインサイトへ被リンクを設置して、メインサイトの検索順位の上昇を短期間で目指すために、SEO効果が期待できる中古ドメインを使用するといったケースが多く見受けられます。

また、アフィリエイトサイトなら成果を短期間で出すために、インデックススピードや検索順位が付くのが新規ドメインよりも速い中古ドメインを使用するアフィリエイトサイトがあります。

サイトとして短期的にSEO効果を期待したいような目的があれば、文字列よりもドメインパワーを優先させた方がいいでしょう。

ドメインパワーがある中古ドメインを使っても油断はできない

ドメインパワーが高い中古ドメインを使ってサイト運用をしても、間違った運用方法によっては中古ドメインの効果による恩恵を受けることはできないでしょう。

既にドメインパワーを有している中古ドメインを使ってユーザーに価値のあるコンテンツを提供し続けるようなサイト運用を行うことで、ドメインパワーがさらに上がることが期待できます。

しかし、中古ドメインが既にドメインパワーを有しているからといって、コンテンツに力を入れずにサイト運用をしている状態では、ドメインパワーが低くなっていくでしょう。

なので、中古ドメインを使ってサイト運用を始めても、ユーザーに価値のあるコンテンツを提供し続けることで、新規ドメインの場合よりも有利にドメインパワーを上げることができます。

ドメインパワーと文字列の両方を兼ね備えている中古ドメインは中々見つからない

ドメインパワーと文字列の優先度について解説をしてきましたが、ドメインパワーが高くて希望とする文字列の両方を兼ね備えている中古ドメインが取得できる状態であれば、取得して使いたいのが大多数の意見だと思います。

しかし、中古ドメインを選定する場合には期限が切れているドメインの文字列の中からしか選ぶことができないため、ドメインパワーと文字列の両方を兼ね備えた中古ドメインを見つけるには困難を極めるでしょう。

それに、ドメインパワーと文字列の両方を兼ね備えた中古ドメインを見つけるために多くの時間を費やすのはコスパが悪いです。

なので、ドメインパワーと文字列のどちらを優先させるべきなのか、サイトの目的を明確にした上で、中古ドメインの選定を行うといいでしょう。

当店ではドメインパワーを主軸とした商品ラインナップになっています

アクセス中古ドメインの4つのランク

当店の「アクセス中古ドメイン」ではドメインパワーを主軸とした商品(中古ドメイン)のラインナップを行っています。

具体的にいうと当店ではドメインパワーではなく「パワーランク」という独自の指標を用いた名称で中古ドメインの販売を行っています。

パワーランクには4つのランクに分類され、内容というのが以下の通りです。

ランク名 パワーランクのスコア(目安) 主なサイトの用途
ブロンズランク ~45点 サテライトサイト向け
シルバーランク 40点~55点 サテライトサイト/メインサイト向け
ゴールドランク 55点~70点 メインサイト/サテライトサイト向け
プラチナランク 70点~ メインサイト向け

パワーランクによるスコアの内訳については複数の要素により導き出し、決定をしています。

具体的には、被リンクの数や質、ドメインの運用履歴、ドメインエイジ、外部の分析ツール等々、数百以上の項目から算出され、スコアによってランク分けをしています。

当店で取り扱っている中古ドメインは何より「品質」を重視しています。

商品としてラインナップをする前に手動ペナルティの確認を行っています。

SEO効果を引き出せるポテンシャルを秘めている商品のラインナップとなっていますので、ご利用いただければ幸いです。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+