中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 906(2019/06/10追加)

30本入荷しました

30本入荷しました

30本入荷しました

  • ブロンズ…26
  • シルバー…321
  • ゴールド…281
  • プラチナ…278
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

Google検索アルゴリズムとは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

検索エンジンの最大手である「Google」による検索順位の仕組みは、Google検索アルゴリズムによって自動的に決定します。

そもそも「アルゴリズム」とはプログラミング用語の1つで、簡単に説明するとコンピューターによって計算や問題を解決をするための手順や方式のことです。

そしてGoogle検索アルゴリズムとはGoogleで検索を行った時、検索結果に対してどのWEBサイト・ページを上位に表示するのかランキング付けをするための計算に用いられるアルゴリズムのことです。

簡単に説明すると検索キーワードに対する検索結果のランキングを決定するための仕組みです。

Google検索アルゴリズムは小規模から大規模まで日々、調整やアップデートを繰り返していて、大規模なアルゴリズムのアップデートが起こった時には、検索順位の上位にランクインしていたサイトやページが順位低下や圏外に飛ばされることがあります(反対に検索順位の上昇することもあります)。

今回はGoogle検索アルゴリズムの種類や、Googleがアルゴリズムのアップデートを行う理由などを掘り下げていきます。

主な検索アルゴリズムの種類

Google検索アルゴリズムによるアップデートあった際には、Googleが公式で名前を付けることがあります。

主な検索アルゴリズムの種類としては以下が挙げられます。

パンダアップデート
パンダアップデート(ファーマーアップデートとも呼ばれている)は2011年に英語圏中心に実施され、2012年に日本でも実施された検索アルゴリズムのアップデート
主な内容としては、低品質なコンテンツ(サイト・ページ)を検索順位の上位に表示されにくくする
ペンギンアップデート
ペンギンアップデートは2012年に実施され、2016年までバージョンが計6回(ペンギンアップデート4.0)までアップデートを繰り返していた検索アルゴリズムのアップデート
主な内容としては、品質に関するガイドラインに違反しているサイトやページに対して検索順位を下げる
モバイルフレンドリーアップデート
モバイルフレンドリーアップデートは2015年に公式で発表と実施された検索アルゴリズムのアップデート
主な内容としては、サイトがモバイルが非対応だったり、モバイル非対応によってユーザーの利便性が悪いサイトやページは検索順位を下げる
ハミングバードアップデート
ハミングバードアップデートは2013年に実施された検索アルゴリズムのアップデート
主な内容としては、会話のような複雑な検索キーワードに対して、そのキーワードの文脈や背景を理解して関連性が高そうな検索結果を表示させることができる
ベニスアップデート
ベニスアップデート(ヴェニスアップデートとも呼ばれている)は2015年に実施された検索アルゴリズムのアップデート
主な内容としては、地域名を検索キーワードに入れなくても、検索した場所周辺にあるお店などを検索結果の上位に表示してくれる

その他にも近年では2018年の3月、4月、8月の計3回、大規模の「コアアルゴリズムアップデート」を行ったとGoogleが公式発表をしています。

また、2019年には3月に「March 2019 Core Update」、6月に「June 2019 Core Update」という名前のコアアルゴリズムアップデートが行われたとGoogleが公式発表をしています。

オールドマスク
Google検索アルゴリズムによる調整やアップデートなどは不定期に日々行われていて、公式でアナウンスしていないアップデートもあるといわれているので、全ての情報を知ることは不可能に近いでしょう。

アルゴリズムのアップデートを行う理由はユーザーのため

Googleが検索アルゴリズムの調整やアップデートを繰り返し行う理由はただ1つで、全ては「ユーザー」のためです。

Googleは「Google 検索の仕組み」というものをサイト上に公開していて、その内容を一部引用すると以下になります。

ユーザーを最優先する
Google はいつでも、有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目指しています。
Google が検索に変更を加えるのは、検索結果の利便性を高めるためです。したがって、検索結果への掲載に対する報酬をお受け取りすることは決してありません。

引用元:https://www.google.com/intl/ja/search/howsearchworks/mission/users/

Googleが検索アルゴリズムに変更を加える理由は、検索してきたユーザーに有益で関連性のある情報を提供することを目指していると述べています。

Googleはユーザーに有益で関連性のある情報を提供するために、Googleは検索アルゴリズムの調整やアップデートを日々重ねて精度を高めているという訳です。

オールドマスク
Googleは平均で1日に2回程度のアップデートを繰り返しているそうです。

ブラックハットSEOを行っているサイトはアップデートの影響を受けやすい

Google検索アルゴリズムでアップデートされたときに影響を受けやすいサイトの1つがブラックハットSEOを行っているサイトです。

ブラックハットSEOは簡単に説明するとGoogleが定めている「ウェブマスター向けガイドライン」を遵守していないサイトになります。

不適切な手段を用いてサイトやページを検索順位の上位に表示させようと施策を行うサイトは、ユーザーにとって利便性の低いサイトと判断される可能性が高く、検索エンジンに不正なSEOを行っていると見なされ検索順位の低下やペナルティを受けることがあります。

医療や健康に関するサイトも影響を受けやすい

医療や健康に関する情報を取り扱っているサイトやページもGoogle検索アルゴリズムでアップデートされたときに影響を受けやすいサイトの1つです。

以前話題になった医療系キュレーションサイト「WELQ」が不正確な情報発信を行っていたためネットで批判を受け、サイトの閉鎖に追いやられました。

また、WELQはSEO対策を駆使して多くの検索キーワードでページが検索の上位にランクインしていたので、より多くの人に目に触れることになり、サイト閉鎖に繋がったといえます。

その後、Googleが公式ブログ内で2017年12月6日に公開した記事「医療や健康に関連する検索結果の改善について」にて、医療や健康に関する一部の検索キーワードの検索結果を改善させたアップデートを行いました。

アップデートによって医療や健康に関する情報を扱っている一部のサイトやページに対して、信頼性や確実性が高くなければ検索上位に表示されにくくなりました。

オールドマスク
医療や健康に関する商材を取り扱っていたアフィリエイトサイトの多くはアップデートにより影響を受け、検索順位が下がったそうです。

アルゴリズムによるアップデートの影響を受けないためには品質改善

検索アルゴリズムのアップデートによる影響を受けないためにはコンテンツの品質を改善することが重要でしょう。

Googleが公開しているガイドラインに準じるのはもちろんのこと、ユーザーの検索意図を読み取って、有益なコンテンツを提供していくことが重要になります。

また、YMYLのような人の人生を左右するようなサイトやページはより専門性の高さや権威性が求められるでしょう。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

No Image

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+