SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1110(2017/08/17追加)

22本入荷しました

17本入荷しました

37本入荷しました

  • ブロンズ…655
  • シルバー…305
  • ゴールド…139
  • プラチナ…11
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【ドメインエイジ】中古ドメインが持つ年齢の影響とは!?

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【ドメインエイジ】中古ドメインが持つ年齢の影響とは!?

中古ドメインの価値を語る要素や特徴のひとつにドメインエイジというものがあります。

その名の通り、ドメインの年齢のことです。
中古ドメイン特有のドメインエイジが持つ効果や特徴について考えていきます。

ドメインエイジが持つ効果を考える

ドメインエイジが長ければ検索順位への影響が有利になるという考え方がありますが、長さが直接的な影響を与えるわけではないと冷静に考えればわかります。

では、ドメインエイジの長さは中古ドメインに関係ないのかと問われれば中古ドメインの価値を決める際に深い関係があります。

ドメインエイジが持つ効果は長さではなく「実績」であると考えたほうがいいでしょう。
長い期間運用してきた実績があるドメインであることに価値や効果、信頼があるということです。

ドメインエイジの検索順位への影響

Googleが持つ検索順位を決めるシグナルは特定することはできません。
ですが、順位への影響が強い要素はコンテンツ被リンクであると明言はしています。

ドメインエイジが検索順位に与える影響はゼロではないでしょうが、そこまで大きな影響力があるとは考えられません。

ドメインエイジが長ければ、上位表示されるほど単純な仕組みではないのは当然ですし、質を伴った長さを持っていなければ意味がないからです。

ドメインエイジの中古ドメインへの影響

中古ドメインの価値を見極める際にはドメインエイジは重要な要素です。

中古ドメインは手放されたドメインですから、すべてではないですがドメインエイジが短すぎると不自然なドメインとも言えます。
逆に長ければそれなりの運用実績があるのではないか?と考えることもできます。

これらは中古ドメインを選定する際に意識することのひとつです。
ですが、あくまで目安であり自分で中古ドメインを探すときには気をつけるべきであるというぐらいです。

当店の中古ドメインはSEO効果と品質が高いものを揃えていますので、安心してお買い物を楽しめます。

ドメインエイジの内容が大事

Googleはドメインエイジをクローラーがサイトを発見した時からカウントするという発言をしています。

ということは、途中でサイトが存在しない期間やパーキング期間は除かれていたり、質の悪いサイトで運用されていた期間が含まれていたり、と気をつけなければならない点もあります。

ドメインエイジの長さだけみたり、単純に計算したりするのではなく実績となる内容をしっかりと見極める必要があります。

ドメインエイジや中古ドメインの資産を得る

ドメインエイジを含む中古ドメインの資産を引き継ぐには、中古ドメインを適切に利用する必要があります。

ですが、ただ中古ドメインを購入し利用したとしても効果はゼロではありません。
最大限に中古ドメインを活用するにはやらなければならないことがあるというだけです。

利用の仕方は自由ですので絶対に行わなければならないということではありません。

中古ドメインの資産やドメインエイジを引き継ぐために考えられることは、

  • 301リダイレクト
  • サイト構造や内容

の2点は最低限意識しておきたいところです。

301リダイレクトは、ドメインエイジ以外にもバックリンク資産など中古ドメインの力を引き出すのに有用です。

サイト構造や内容も中古ドメインが持つ過去の実績に近いものを用意することでより高い効果が期待できます。

中古ドメインは評価されやすい

評価されやすい」というのは評価が高くなりやすいということではなく、評価をしに来やすいという意味の方が大きいです。

実際に中古ドメインと新規ドメインで比較しましたが、インデックス速度や検索順位がつく速度が中古ドメインの方が優れている傾向がありました。

ドメインエイジは運用し続ける以外に得られない

長いドメインエイジのドメインを欲しいと思っても、ドメインエイジは操作できません。
実際にその期間を運用し続ける必要があります。

新規ドメインであればドメインエイジはゼロからのスタートです。
中古ドメインは運用されていた期間に応じたドメインエイジを有しています。

ドメインエイジを始めから得たい場合は、中古ドメインを利用することをオススメします。

ドメインエイジや資産のリセットは起こるのか?

ドメインエイジや中古ドメインの資産のリセットは起きるか起きないかで言えば、起きる可能性はあるということは言えます。

Googleは「所有者が変更になったドメインの履歴をリセットする権利を確保している」という趣旨の発言をしているからです。
権利を有しているといってはいますが、どのようなとき、どのような頻度でリセットをするのかという具体的な明言はしていません。

Googleは所有者が変更になったドメインはリセットするから中古ドメインに価値はないという発言をする方もいますが、ドメインのリセットは絶対に行われているわけではないということを覚えておく必要があります。

また、サイトへの評価という面でリセットをする可能性はありますが、中古ドメインのインデックス速度やエイジングフィルターの影響が少ないという効果はリセットされていないと感じています。

リセットされる可能性が高い場合とは?

中古ドメイン・新規ドメインに関わらずリセットされてしまう可能性が高いのはサイト内容に大きな変化を加えたときになるでしょう。

リセットとまでは言わなくても、サイト内容が今までのものと大きく変化したのならそれ以前に得た資産の効果は少なからず損なわれてしまいます。
特に、中古ドメインというよりは自身でサイトを運用していて途中でサイト内容を大きく変更するなどのときが当てはまるでしょう。

ドメインが持つ履歴はリセットされたとしてもドメインエイジがリセットされるまでは行っていないと感じています。

ある程度サイトが評価されてからなら問題は少ない

サイト運用を開始直後にリセットされるのは稀です。
大きな変化はサイト運用や更新をし続けることで生まれてくるからです。

ある程度運用しサイト自体に独自性が出てくるとリセットされてしまう可能性が高いでしょう。
なぜなら独自性のあるサイトになれば、また別の価値が生まれていますしその間に大きく変化していると考えられるからです。

中古ドメインの効果はスタートダッシュ時のものが大きいのである程度運用してきたサイトになるとサイト自体の質や価値で評価されてきますので、このあたりでのリセットの影響はあまり大きくないかもしれません。

ドメインエイジから考える中古ドメインの価値

ドメインエイジを持つ中古ドメインは魅力的です。

ある程度の期間運用されていて質に問題がないドメインは、使用していく上でリスクが非常に少ないからです。

それに加えて価値も持っています。

ドメインエイジから考えられる価値は実績です。
実績があるドメインはSEOに適していると考えられます。

ですが、ただ運用期間が長いだけのドメインもあります。
ドメインエイジだけでは判断できない部分もあるので、しっかりと質を見抜ける目を養うかアクセス中古ドメインをご利用ください。

ドメインエイジ以外の要素も重要

ドメインエイジが短くてもその他の要素が優れているドメインも価値があります。
中古ドメインの場合は、総合的なバランスを見て使用用途に適したものを選ぶことでより高い効果を生み出します。

その他の要素が同じぐらいのドメインであれば、ドメインエイジが長いものを選ぶなどは良いと思いますが、中古ドメインを選ぶ際にドメインエイジだけを意識し過ぎるのはあまりオススメしません。

結論として中古ドメインは有利である

ドメインエイジがあるからサイトが上位表示されていたとしてもサイト自体に価値があるならば評価が急激に下がるとは考えられません。

また、質の低いサイトを作成しドメインエイジが長いドメインを利用したことで上位表示が実現するとも考えられません。

中古ドメインはクローラーや検索エンジン見てもらいやすいという特徴があります。
この特徴は新規ドメインにはないものです。

見てもらいやすいということは評価されるのが早いということです。
中古ドメインを利用した上で質の高いサイトを作成し運用することが新規ドメインに比べ総合的に有利であると考えています。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

【ドメインエイジ】中古ドメインが持つ年齢の影響とは!?

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+