中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1613(2017/11/21追加)

20本入荷しました

78本入荷しました

22本入荷しました

  • ブロンズ…1041
  • シルバー…450
  • ゴールド…91
  • プラチナ…31
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

「高品質な被リンク」なんて大前提!被リンク対策で大切な事

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

「高品質な被リンク」なんて大前提!被リンク対策で大切な事

被リンクの効果は、わかりにくい面がありますしマイナス要素が大きくなっている傾向がよく見られます。

下手なやり方や、粗悪なサテライトサイト、安易に数を集めようとするやり方は、もう通用しません。

サイトにとって良い効果を呼び込む被リンクの増やし方と作り方を考察していきます。

人を流入させられるサイトからの被リンク

自身のサイトにリンクを貼る、貼られるだけで終わりでなく、ユーザーを送客してくれるようなサイトからの被リンクは効果的な被リンクといえます。

リンク元のサイトから、ユーザーが少しでも流入してくるようであればリンク元のサイト自体もある程度のニーズや評価が受けているサイトであるということができます。

ユーザーに多く利用されているサイトからのリンクであればより効果的ですが、最低限ユーザーに利用されて流入が発生しているサイトからの被リンクであれば効果があると言えます。

自身でサテライトサイトを作成する際も、ただリンクを貼って終わりという使い捨てのリンク設置専用サイトを作成するのではなく、サテライトサイトからのアクセスが生まれるようなサイトを作成するべきでしょう。

効果を生む被リンクを作りたいなら、

  • 送客が期待できるサイト・サテライト
  • ユーザーに少しでも利用されているサイト

を意識して考えましょう。

トニー
誰にも利用されないサイトは存在していないのと同じです!

中古ドメイン・ドメインパワーのあるサイトからの被リンク

質の高い中古ドメインを利用したサイトドメインパワーが高い権威や人気、信頼度が高いサイトからの被リンクを獲得することができればSEO効果は高いでしょう。

例えば、当店では中古ドメインを以下のようにランク付けしています。

  • プラチナ
  • ゴールド
  • シルバー
  • ブロンズ

上から、SEO効果が高いものになりますが、ブロンズランクでも新規ドメインに比べれば格段とドメインパワーは強く高くなり、ブロンズランクのドメインも運用していくサイトの質次第で価値やスコアは段々と高まっていきます。

サテライトサイトを作成に適しているのは、シルバー・ブロンズランクの商品になりますが、ゴールド・プラチナの商品に投資してひとつのサイトをじっくりと作成することでも高い効果を生み出すことができるでしょう。

トニー
質の高い中古ドメインで人気のあるサイトを作成できれば理想的ですね!

人気サイト・信頼度が高いサイトからの被リンク

極端なことを言ってしまえば、検索上位にいるような人気サイトからの被リンクは効果的です。

実際に検索上位にいるサイトは、質が伴っていてユーザーからも検索エンジンからもしっかりと評価されているということができるからです。

ですから、自作自演でやる場合やサテライトサイトを作成する場合でも、検索上位を目指す矢ようなサイト作りを行うことで被リンクの効果を高められるでしょう。

被リンク対策用サイトになると、検索順位に関しては何も考慮していない場合がSEO業者のサテライトサイトなどには特に多く見受けられます。

シンプルに考えて、検索上位を獲得したサイトからの被リンクがSEOにもユーザー獲得に関しても効果が高いことは明白です。

質の高い中古ドメインをただ使うだけでは効果なし!

質の高い中古ドメインを利用することはSEOや被リンク効果を高めることに有用ではありますが、ただ使っているから効果的であるとは言えません。

中古ドメインの価値は変化するものだからです。

また、サイトがない状態よりもサイトが出来てからの状態の方が変化は大きくなります。

いくら高いスコアや価値を持つ中古ドメインも過去の運用からの遺産ですから、その遺産を生かすも殺すも現行のサイトの出来次第になります。

よく高い中古ドメインを利用してドメインパワーでSEO効果を高めるという声を聴きます、間違いではありませんが利用するサイトの質を疎かにしてはドメインパワーを発揮するどころか急速に失わせるだけになります。

しっかりと書かれた記事を持つサイトからの被リンク

記事とコンテンツが重要とされて来て皆さんも力を入れていることと思いますが、しっかりとした記事を持つサイトであれば、被リンクの効果も高まりますし被リンクを獲得しやすくなるでしょう。

例えば、ソーシャルブックマークで考えてみても

  • 面白い
  • 為になる
  • オリジナリティがある
  • 疑問を解決できる

などの、内容が良いからブックマークされるわけであり、被リンクも同様にサイトや記事、コンテンツの内容が良いから獲得できるものなのです。

トニー
ただキーワードを含んだ質の低いオーダー記事やスパムのような記事などでは何の効果もありません!

最低限の質をクリアした記事を用意しよう

最低限の質とはキーワードが含まれているなどではなく、

  • 読んで意味が分かる
  • ワードサラダのような意味不明な文章じゃない
  • タイトルと内容に相関性がある
  • 誤字脱字がない

などは最低限確認しなければならないでしょう。

実際は、このレベルに満たないオーダー記事などもネットに溢れてはいますが、検索上位に来ることはないと言っていいでしょう。

また、この基準は最低限ですから、これに加えて価値を出すためには独自情報や面白みなど他のサイトにはない情報を載せるなどをして価値を高めていく工夫が求められます。

リライトは必須作業

自分で書いた記事もそうですが、特にオーダー記事の場合はリライト作業をしていないなどは危険でしょう。

オーダーの仕方やライターの当たり外れなどにより、どのようなレベルの記事が納品されるかわからないからです。

自身のサイトに適した内容になっているのか、粗悪な品質な記事が納品されていないかを確認することは当たり前です。

確認やリライトをしないで、そのままオーダー記事を利用するのはリスクが高過ぎます。

実際、自分で書いた文章でも時間が経つとなんか変だな、と思うこともあります誤っている箇所を発見することもあります。

どちらにせよ、記事のリライトは行うべきでしょう。

リライトのポイントとして、

  • 表現の統一
  • 文体の統一
  • 内容の手直し
  • 内容の加筆・修正

などは、特にオーダー記事の場合は必須要素です。

記事の内容や着地点がサイトにふさわしくない、またはメインサイトにリンクを送るサテライトサイトの場合でも内容がふさわしくなければ、リライトしなければ駄目でしょう。

どんな状況・用途だとしても、人に読まれることを想定して、記事は作成・リライトをする必要があります。

被リンク対策をやる前に理解しておくべきこと

被リンク対策を行うべきではないと思いませんが、サイト運用やSEO対策に対してすぐに行うべきものであるとは考えていません。

サイトが被リンクを獲得する自然な状態は、サイトがある程度認知されユーザーが集まってからになります。

まずは、検索順位の最低でも30位以内に入るとか、1日に50~100アクセスは獲得できる状態まではサイト運用や記事制作などの力を入れて行ったほうがいいでしょう。

自身のサイト自体の出来が不完全であったり、上位にふさわしくない場合は被リンクを獲得したとしても成果に繋がらないでしょう。

トニー
被リンク対策を行う前にやるべきことや考えておくことがあります!

被リンクの獲得で順位が上がる保証はない

被リンクを獲得したからといって、必ずしも順位が上がる保証はありません。

それは、質が高いサイトからの被リンクの場合も獲得したから必ず順位が上がるというわけではないのです。

被リンクでの順位操作や順位向上に対する影響は弱まってきてますので、むしろ下手な被リンクの獲得によりマイナスの影響の方が目に見えてわかりやすいと言えます。

上位をすぐに獲得する必要があるのか?

上位の獲得を急がなければならない特別な理由がなければ、被リンク対策を積極的に行う必要性はないでしょう。

上位表示を急ぐ場合は、多少リスクがある方法を用いることもあるでしょうが、被リンク対策ですぐに上位表示ができる状況ではなくなってきているので避けたほうが無難でしょう。

上位表示を急ぐ必要があり、急いで上位を獲得できるノウハウがある方なら問題はありませんが、そのような方は稀でしょう。

中古ドメインを利用したうえで、コンテンツ作りを積極的に行うなど別の方法を試してみるなどの工夫をしてみましょう。

そもそもサイト自体が上位にふさわしいのか?

普通に考えれば、良いサイト、人気があるサイトであるから被リンクが集まるわけですから、自作自演をするにしても被リンクの獲得を狙うにしても「メインサイト」の出来や質が必要になりわけです。

いくら被リンクを集めても、土台となるサイトの器が小さければ、リンクの効果は溢れてしまい不自然ですしマイナスです。

また、仮に被リンクを集めたことで検索上位の獲得が実現できたとしても、肝心のサイトがユーザーに見向きもされないような代物であれば意味がないでしょう。

予算や時間がかかることもわかっておくべき

SEO業者に頼むにしても、自身でサテライトを作成するにしても予算と時間はかかります。

必要な予算は対策方法や規模により異なりますが、かけた予算に対して現実的に効果が実感しにくい、生まれにくいというのが被リンク対策です。

もし被リンク対策を依頼する場合は、しっかりとした予算配分やスケジュールを確認しましょう。

自分でサテライトサイトを作成する場合も、

  • ドメインの用意
  • サーバーの用意
  • サイトのデザインの作成・改修
  • コンテンツ・記事の作成・改修
  • 日々の運用・更新
  • サテライトへのSEO対策

などのコストや作業が発生することを考えておきましょう。

ペナルティのリスクを理解しておく

下手なサテライトサイトや、SEO業者の用意した質の低いサテライトはペナルティを受ける可能性が普通のサイトや一般のユーザーが適当にやっているブログなどと違い格段に高くなるということを覚えておきましょう。

実際に、一般ユーザーのブログは文字数やキーワードなどを意識しないで2~3行の文章で終わっているものも多くありますが、ペナルティを受けることはまずないでしょう。

ですが、SEO業者などが用意したサテライトサイトで見たことあるものの例ですが、

  • キーワードでオーダーした記事
  • 有料テンプレートを利用してデザイン

などで構成されていてるサテライトサイトがほとんどになります。

一般ユーザーが利用しているブログに比べて、SEO要素や文字数に関しては上回っているように思うかもしれませんが、ペナルティリスクはサテライトサイトの方が高いのです。

質の低いコンテンツや不自然なリンク、悪質なスパムなどの手動ペナルティを受けてしまう、または受ける要素が見受けられるサテライトサイトからの被リンクはリスクがあります。

このような場合は、サテライトサイトもメインサイトも両方がペナルティを受けてしまう可能性もあります。

上記のようなテンプレート化されたようなサテライトサイトを作成しないようにしましょう。

効果的な被リンクを生み出すには

効果的な被リンクを生み出すには、「サイトの質」を高めることです。

サイトの質とは、

ユーザーからのアクセスがある
アクセスが多いに越したことはありません、全くアクセスがないようなサイトにならない・作らないようにしましょう
ドメインに力がある
質の高い中古ドメインの利用や適切なサイト運用やSEO対策でドメインパワーを高めていきましょう
質も内容も高い記事を持っている
ユーザーに支持をされる、受け入れられる内容の記事の作成や最低限のリライトを行い記事として読めるものを持つ必要があります

上記のことはメインサイト、サテライトサイト両方に対して求められます。

多少は、メインサイトとサテライトサイトにより差が生まれてきてしまうことは否めませんが、要はどちらも人が見たときに良い印象を与えられるサイトを作成するべきであるということです。

人の目で見て、良い印象のメインサイトであれば被リンクを自然に集められるでしょうし、サテライトサイトであれば効果的な被リンクとユーザーを送客出来るでしょう。

アルゴリズムのことを考えることよりもまず、実際に目で見たときにどう思われるかということを考えてメインサイトもサテライトサイトも作成・運用していきましょう!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

「高品質な被リンク」なんて大前提!被リンク対策で大切な事

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

メールアドレスだけで30秒簡単!

新規登録をして
中古ドメインを購入する
無料登録
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す