中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1684(2017/12/14追加)

42本値下しました

19本入荷しました

9本入荷しました

  • ブロンズ…1056
  • シルバー…542
  • ゴールド…83
  • プラチナ…3
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

中古ドメインがSEO対策に良いとされる原理を考察

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

中古ドメインがSEO対策に良いとされる原理を考察

中古ドメインは、何故「SEO」に良いのでしょうか。

もちろん、すべての中古ドメインが良いわけではなく効果的かつ適切な利用が求められます。

ですが、中古ドメインを利用したサイト運用において恩恵を感じた経験はあれどマイナスを感じることは稀です。

中古ドメインが、「SEO」に効果的な理由を解説していきます。

中古ドメインの利用がダメにならないと考える理由

中古ドメインの利用はリスクがある、禁止される ・されているなどといったことを言う方やその様な考えを耳にすることがあります。

中古ドメインをSEOに利用することをGoogleが快く思っていないなども耳にしますが、果たしてそうでしょうか。

中古ドメインの利用がダメだと、Googleが発言したことを聞いたことがありません。

引用元:https://support.google.com/webmasters/answer/35843

購入したドメイン: 最近ドメインを購入し、そのドメインが購入前に Google のガイドラインに違反していた可能性がある場合は、最近サイトを取得したことと、そのサイトが現在はガイドラインに準拠していることを再審査リクエスト フォームでお知らせください。

といった記述があります。

購入したドメインが購入前にガイドラインに違反していたということは、中古ドメインであるということを指していますが、ペナルティだった場合は、再審査リクエストで知らせてくれれば確認するということなので、中古ドメインの利用を禁止していないことがお分りになると思います。

もちろん、中古ドメインを利用する場合は、ペナルティなどを持たない質が高い中古ドメインを利用することが効果的です。

また、実際に中古ドメインでサイト運用をしている経験から、マイナス要素を感じることはありませんし、ドメインの質とサイトの質が保たれていれば何ら問題がないと感じています。

ドメインの文字列自体にも価値がある

既に取得されてしまっている文字列で、その文字列を使いたいと考えている方も多くいます。

SEOに関する部分だけでなく文字列自体に価値を見出されて高値で取引される中古ドメインも存在するからです。

よく携帯電話の番号やナンバープレートなども良い数字などが高値で取引されている話がありますが、それに少し似ています。

ドメインを探している方の中にも、どうしても欲しい文字列や使用したい言葉や文字などが入っているものを求める方も多くいます。

この観点からも、中古ドメインの利用がダメにならないと考えています。

もし今後、過去の運用や資産をリセットされたとしても

もし、今後Googleがドメインの運用履歴や過去の資産をなくしてしまうようにするようになったと考えてみましょう。

過去の運用をリセットされたとして中古ドメインの恩恵や効果なくすようにしてしまうのであれば、ペナルティなどのマイナス面やリスクもゼロになる考えられます。

簡単に言えば、過去のデータをすべてなくして手放されたドメインをゼロの状態にしてしまうということになった場合です。

もし、そうなった場合、効果もリスクもなくなり新規ドメインと同様な状態になるだけでしょう。

中古ドメインに過去のペナルティなどが残っているというものがあるということは、裏を返せば質が高い中古ドメインにはSEOに有利な効果が残っているということです。

中古ドメインの利用だけでダメにするとは考えられない

例えば、コンテンツの質も被リンクの質も問題なく、ユーザーからも多くの支持を受けているサイトが中古ドメインであった場合、中古ドメインの利用だけで問題があるサイトとGoogleが判断するとは考えられません。

実際に、中古ドメインで運用されていて、しっかりと評価されているサイトも多くあります。

また、手動ペナルティなどもサイトを正せば解除されるということからも中古ドメインであるかどうかよりは現在のサイトの状態がどのようになっているかということが一番大きなポイントでしょう。

ドメインにサイトの価値が残る

価値がある中古ドメインとは、過去にGoogleなどの検索エンジンからしっかりと評価されていたサイトのドメインになります。

価値もそうですが、中古ドメインには一定の評価が残るということです。

一定の評価が残る特性が引き起こすことでよく言われますのが、手動ペナルティなどの「マイナス要素」の引継ぎになりますが、「プラス要素」も引き継がれます。

確かに、マイナス要素があるドメインであれば引き継いでしまいますが、プラス要素があるドメインであればプラス要素を引き継いでいるということが分かると思います。

よくマイナス部分だけにフォーカスをして、リスクがあると言う方がいますがマイナスを引き継ぐならプラスも引き継ぐという単純な原理を見ていないだけな気がします。

しっかりと質が担保されている、プラス要素を持っている中古ドメインであれば、ほぼリスクなしで恩恵を受けることができるのです。

オールドマスク
質が担保されている=マイナス要素がない、少ないドメインです!マイナス要素がない中古ドメインを選ぶことで効果を発揮します。

中古ドメインは検索エンジンに記憶されている

中古ドメインには、過去の実績から来る一定の評価が残ると言いましたが、評価が残るということは覚えられている、記憶されているということです。

検索エンジンに既に記憶されている中古ドメインは新規ドメインより格段にインデックスされるスピードが速いということです。

または、インデックスが残っている場合もあり有利にサイト運用を進めることができます。

簡単に言えば、一見様ではなく常連のようなものなので覚えが良く、評価されやすいという面が中古ドメインを利用する最大のメリットになります。

オールドマスク
評価されやすい分、サイトに力を入れれば入れるほど効果的になります!

サイトがインデックスされるわけではない

サイト自体がインデックスされるわけではなく、インデックスされる速度に影響するのはドメインです。

確かにクローラーが巡回しやすい構成のサイトを作成するなどの工夫をすることでインデックスを呼び込みやすくすることはできますが、新規ドメインの場合はやはり時間がかかってしまいます。

インデックスされていない期間が長いことはマイナスです。

その間はそのサイトやページが存在していないことと変わらないからです。

サイト運用を効率よく回していくためにも、中古ドメインのインデックスピードが速いことは大変魅力的な要素です。

中古ドメインで時間が買える

SEOに中古ドメインは効果的なのは、時間が買えるということもあります。

サイト運用初期は特に新規ドメインの場合、インデックスされるのに1ヶ月から3ヶ月ほど時間がかかると一般的には言われています。

また、その間はインデックスが不安定な状態やインデックスがされていない状態でサイト運用をやコンテンツ制作を行わなければならないので、成果も生まれにくくモチベーションを維持するのも困難でしょう。

中古ドメインの場合、このような不安定な時期を招かずに済み1ヶ月から3ヶ月ほどの時間が買え、有効的に利用できるという利点があります。

また、エイジングフィルターの回避という点でも中古ドメインは時間的損失を防げます。

エイジングフィルターの場合、半年から長くて1年ぐらいの間、不安定な状態でいなくてはならないのでサイト運用に大きな損失を与えます。

ドメインの差で優劣がつく場合もある

ドメインパワーでサイトに優劣がつく場合があります。

同じようなサイトで、同じ質のコンテンツがありサイト自体の出来にあまり差が見受けられない場合は、ドメインが持つ力で差がつく場合があるのです。

コンテンツSEOに力を入れても、どうしても追い抜けない場合などは中古ドメインを利用するなどの施策を考える必要があるかもしれません。

オールドマスク
検索エンジンの精度は日々高まっていくでしょうが、コンテンツや被リンクだけで評価が決まっているわけではありません!

ドメインパワーはサイトの価値に直結

サイトの価値を高めることでドメインパワーは高まりますが、既にドメインパワーを有する中古ドメインを利用することで価値の底上げにつながります。

ですが、ただ中古ドメインを利用しているだけの状態で、サイトの質が悪く、運用を怠っている場合はドメインパワーは失われていくことになってしまいます。

中古ドメインを運用開始から利用して適切なサイト運用をしていけば、新規ドメインの場合より価値は高まりやすく、サイト運用に有利です。

コンテンツが良いものが上位に来るのが理想だが

コンテンツが良いものがシンプルに検索上にに表示されるのが、運営者にもユーザーにもわかりやすくて良いのですが、完全にそうなってはいません。

今後の技術向上などで、検索エンジンが内容を確実に判断できるようになればそうなるかもしれませんが、難しいでしょう。

しかし、傾向としてはコンテンツに力を入れていて内容がいいサイトが上位に表示されるようになってきています。

コンテンツが良い、良いものを用意し継続していくということは当たり前になってきていますので、明確に差をつけることが難しくなります。

また、やはり内容の良し悪しというものは個々人により違いますのでクローラーがどのように判断していくのかはわからないままです。

中古ドメインを利用してコンテンツに力を注ぐ

中古ドメインを利用することは、新規ドメインに比べてスタート地点が高いところから始められると考えてください。

そして、無駄な時間を使わないで済むのでサイトをリリースしてからコンテンツ制作などサイトの価値を高めることだけに集中できます。

また、作成した記事やコンテンツも中古ドメインであれば、インデックスが速いのでユーザーの目に触れる可能性が高くなり、サイト運用に効果をもたらします。

中古ドメインが持つ最大の効果とは

中古ドメインの有用性

中古ドメインが持つ利点は、被リンクを持っているなどもあげられますが、

  • 優先的にクロールされる・されやすい
  • インデックスが速い
  • 順位がつきやすい
  • エイジングフィルターの影響がない・少ない

などの、検索エンジンから優先的に評価されるということでしょう。

また、優先的に評価もされますし評価されるまでの無駄な時間を過ごさなくて済むという時間的コストの削減が最大の効果と利点だと考えれます。

新規ドメインに比べて1年ほどの時間を有利に過ごせる可能性を考えたら、サイト運用やSEO対策に対して大きな影響になります。

なるべく時間をかけないでサイト運用を行いたい、サイトの評価を高めたい、早めたいと考えている方は、中古ドメインへの投資をお考え下さい!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

中古ドメインがSEO対策に良いとされる原理を考察

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

メールアドレスだけで30秒簡単!

新規登録をして
中古ドメインを購入する
無料登録
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!