中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1854(2018/12/13追加)

30本入荷しました

60本入荷しました

31本入荷しました

  • ブロンズ…183
  • シルバー…592
  • ゴールド…715
  • プラチナ…364
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

中古ドメインの利用とブラックな使い方の違い!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

中古ドメインの利用とブラックな使い方の違い!

中古ドメインの利用は、SEO対策においてブラックハットになってしまうのでしょうか。

また、皆さんはなると考えているでしょうか。

中古ドメインとブラックハットSEOの関係に対して、考察していきます。

中古ドメインの利用はブラックハットではない

中古ドメインを利用することだけで、ブラックハットと言われることはないでしょう。

利用した上でどのようなサイト運用やSEOを行うかによって結果も変わってきます。

中古ドメインはブラックハットというよりは、過去にブラックハットを行っていた中古ドメインも多く世の中にあるということです。

中には、ペナルティではないもののスパムとされる可能性を持っているドメインも潜んでいることは否定できません。

ですから、中古ドメインを購入する、選定する場合は経験や見抜く力が必要になるのです。

オールドマスク
スパムやブラックハット手法で利用していて、ペナルティになり手放されたドメインも蔓延しています。

利用してからのサイトの影響も強い

スパムやブラックハット、ペナルティのリスクを高める要因は、ドメインより実際に運用しているサイトに起因するものの方が影響が強くなります。

中古ドメインにスパムなどのマイナス評価が残ってしまうのは、サイト運用やSEO対策がブラックハットをしていたことの結果でしかないからです。

つまり、中古ドメイン、新規ドメインに関わらずサイト運用やSEO対策が不適切であることが一番の問題なのです。

オールドマスク
ドメインの評価はサイトの評価に左右されます。

中古ドメインの利用は珍しくない

SEO効果を期待していなくても、以前から使用したかった文字列のドメインがあれば手に入れる方もいますし、新規ドメインを取得したつもりでいても実際は中古ドメインだったということもあります。

また、中古ドメインであることを知らないで運用している方も少なくありません。

ですから、中古ドメインを利用しているだけでGoogleから何らかのペナルティや評価を下げられるということは考えられません。

中古ドメインを利用していても、現状のサイトがしっかりしていれば理不尽な理由で評価が下がることはないでしょう。

オールドマスク
過去の影響より、現状の影響の方がペナルティドメインでない場合は大きくなります。

中古ドメインのブラックな使い方が危険!

中古ドメインの利用や存在がブラックというわけではなく、ブラックな使い方に傾斜している方が多くいたということが原因です。

ブラックな使い方として考えられるのは、

  • あからさまな被リンク目的の利用
  • 露骨なリダイレクトやページランクの遷移
  • 中古ドメインを利用した低品質サイト・サテライト
  • 中古ドメインを利用したスパム・ブラックハット

要は、中古ドメインの使い方がブラックハット手法と結びつきやすいということが問題です。

中古ドメイン=ブラックハットではなく、中古ドメインの持つ効果や特性がブラックハット手法に応用されやすく、多く用いられていたということです。

中古ドメインを利用した場合、新規ドメインよりインデックス速度が早くクローラーも巡回しやすくなる効果や検索順位がつきやすくなるという効果が期待できます。

ですが、その特性を活用した上でGoogleのガイドラインに沿った適切なサイト運用やユーザーに役に立つサイトにしていかなければならないのです。

中古ドメインを使うのは良くない、中古ドメインを使ってるから効果がある、どちらも単純なものではなく本質的にサイトを見直していかなければなりません。

オールドマスク
中古ドメイン自体というより、中古ドメインを悪用することが良くありません。

ガイドライン違反がブラックハットになる

ブラックハットの手法と言われているものはどのようなものなのでしょうか。

Googleのウェブマスター向け公式ブログの記事「良質なサイトをより高く評価するために」から引用します、

ホワイトハットSEOウェブマスター向けガイドラインに違反しない SEO)

ホワイトハットSEOの反対は “ブラックハットSEO” や “ウェブスパム” と呼ばれるものです。(メールのスパムと区別するために、”ウェブスパム” と呼んでいます)

という記述があります。

ブラックハット手法とは、簡単に言ってしまえば「ウェブマスター向けガイドライン」に違反している行為ということになります。

オールドマスク
ガイドラインを改めて読むことでためになったり気づかされることは多くあります。

ガイドラインに違反する行為とは

ウェブマスター向けガイドライン違反」に対してGoogleの記述がありますので 引用して紹介します。

特定の行為が行われているサイトはインデックスから永久に除外される場合があります。

この行為には、クローキング、検索エンジンから見ることができてユーザーから見ることができないテキストの書き込み、検索エンジンを単に欺く目的で設定されたページやリンクなどがあります。

恐らく、Googleもスパムやブラックハットの行為に該当するものをすべて公表しているわけではないでしょうが、

  • クローキング
  • 隠しテキスト
  • 順位操作・スパム目的のページ
  • 順位操作・スパム目的のリンク

を、特に問題視していることが窺えます。

Googleのサイト評価の大きな要素は、「コンテンツ」と「リンク」であるという考えても納得できます。

オールドマスク
どちらも重要であるがゆえにスパムも横行しています。

Googleが明言しているガイドライン違反の行為

以下のような手法を用いないことを「ウェブマスター向けガイドライン」に強くGoogleは明言していますので引用して紹介します。

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイトサイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

上記の行為がいわゆるスパム行為、ブラックハット手法ということになります。

オールドマスク
スパム行為、ブラックハット手法は上記以外にも存在します。役に立たない無価値なサイトの存在自体がスパムであるという見方もできます。

中古ドメインの利用はガイドライン違反ではない!

中古ドメインの利用はガイドライン違反に記載されていませんので、利用することで違反になることはありません。

また、中古ドメインの利用自体が極端にマイナスである、リスクが高くなるということも考えられません。

中古ドメインのリスクを言う方々の主張は、過去に手動ペナルティを受けた中古ドメインに対するものになります。

手動ペナルティを受けている中古ドメインも多く出回っていて、気づかずに利用してしまうと確かにマイナスになります。

手動ペナルティを持たず、過去にポジティブな評価を持つ中古ドメインを利用すればこの点は解決できる問題です。

アクセス中古ドメインでは、事前に手動ペナルティのチェックを行っており、SEOに効果的な中古ドメインを用意していますので安心してご利用いただけます。

中古ドメインの手動ペナルティのリスクって?

一般的に言われる中古ドメインのリスクに「手動ペナルティ」のリスクがあげられます。

手動ペナルティとは、過去にスパム行為や不適切なサイトやページであるとGoogleに判断された場合に、課されるものになります。

確かに、過去に手動ペナルティを受けたドメインがそのまま手動ペナルティのステータスを保持したままになっていることは多くあります。

取得した、中古ドメインが手動ペナルティを持っていて、確認をせずに使用していた場合はいくらサイトを運用していたとしても無駄になってしまいます。

中古ドメインの手動ペナルティを回避するには、安心できる販売先からの購入することが求められます。

また、利用する前にサーチコンソールで手動ペナルティの確認は必ず行うべきでしょう。

購入した中古ドメインが手動ペナルティだったら

Googleの「再審査リクエスト」のページに、下記内容が記載されていますので引用します。

購入したドメイン: 最近ドメインを購入し、そのドメインが購入前にGoogle のガイドラインに違反していた可能性がある場合は、最近サイトを取得したことと、そのサイトが現在はガイドラインに準拠していることを再審査リクエスト フォームでお知らせください。

最近取得した中古ドメインであることをGoogleに示した上で、ガイドラインに違反していないサイトを用意する必要があります。

取得した中古ドメインであっても再審査リクエストをする際には、サイトを用意しなければなりません。

なぜなら、

  • 空のサイト - コンテンツがほとんど、またはまったくないページが多く含まれるサイト。
  • ドメイン パーキング - 実際のコンテンツがなく、単にプレースホルダとして機能しているドメイン。
  • サーバーエラーなどのエラーによりアクセス不能なサイト。こうしたエラーについて詳しくは、クロールエラーに関する記事をご覧ください。

上記の状態であると、再審査の対象にならない場合があるからです。

オールドマスク
中古ドメインの利用自体をGoogleがブラックハットやガイドライン違反ではないと考えていることが読み取れます。

ペナルティがない中古ドメインの利用が前提・無難

よっぽどのこだわりがない限り、ペナルティを持っている中古ドメインを利用することはオススメしません。

実際に、再審査リクエスト用にサイトを構築したところで確実に解除される保証はありませんし、取得経緯を説明したとしても確実に解除される保証もないからです。

お金を出してマイナスからスタートすることのないように、中古ドメインを選ぶ際は何より質が重要になります。

質が高い中古ドメインで質の高いサイトを

中古ドメインで実際に、サイトを運用していることから言わせていただければ、中古ドメインの利用がブラックハットだとは考えていません。

また、よく言われるリスクについても、

  • ペナルティドメインでないか
  • 中古ドメインを正しく使用できているか
  • サイト自体に価値が出せているか

をしっかりと意識していれば回避できることばかりです。

実際は、中古ドメインであろうと新規ドメインだとしても、作成し運用していくサイトが見られたり評価されていくと考えてください。

結論としては、中古ドメインの利用だけでブラックハットと言い切るのは節操であるという考えです。

中古ドメインを利用した場合でも、効果を高めたいのであれば正確性・信頼性があり有用な情報を持つコンテンツを作成し運用していきましょう。

質が高く安全かつ効果がある中古ドメインを手に入れて、ユーザーにも検索エンジンにも評価されるサイトを運用していけば、新規ドメインより確実に早い成果を呼び込めます!

SEO診断コンサルティング-詳しくはこちらへ

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

中古ドメインの利用とブラックな使い方の違い!

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

SEO診断コンサルティングサービス開始!! アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン