中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1680(2018/11/16追加)

31本入荷しました

31本入荷しました

30本入荷しました

  • ブロンズ…205
  • シルバー…595
  • ゴールド…584
  • プラチナ…296
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

Googleのガイドライン違反は手動ペナルティを呼び込む危険な行為!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

Googleのガイドライン違反は手動ペナルティを呼び込む危険な行為!

何が原因で、何が悪くて、と個々の理由は違えど手動ペナルティの原因として共通して言えることはGoogleのガイドライン違反になる行為をしたか、されているか、ということです。

ガイドラインを遵守していれば、手動ペナルティになることは通常はありません。

なってしまったということは、悪質な違反行為をしているか、外部からされているかということしか理由はないのです。

何もしてなくてもガイドライン違反になることもある

自分では何もしていないつもりであってもガイドライン違反になりGoogleからペナルティを受けてしまう可能性は否定できません。

ですが、手動ペナルティの通告が来たということは、何かしらサイトがガイドライン違反をしているか、問題が生じているかは疑う余地はありません。

自分でしていないつもりでもGoogleがそう判断し、ペナルティにしたならば原因を究明し解決をしたうえで、Googleに判断を仰ぐ必要があります。

オールドマスク
ペナルティになってしまったら、どのような経緯であっても解除しなければ運用は難しくなります。

外部リンクは知らないうちに原因になる可能性がある

サイトを公開し運用していけば、自然と外部リンクがついていきます。

その中のものがすべて良いものである、リスクがあるものがつかない、なんてことはないと思っておいていいでしょう。

悪意があり、意図的に評価を下げようという意思を持って設置されたリンクがある可能性も否定はできません。

オールドマスク
SEOスパムや逆SEOと言われる攻撃の可能性はあります。

何もしてないつもりでも低品質なサイトにしているかも

ガイドライン違反は悪質な行為だけではなく、価値がないコンテンツやサイト自体に価値がないと判断された場合でも適用されるときがあります。

どのようなサイトであるかは人それぞれですが、

  • 何の意味もない内容
  • 不適切な内容
  • オリジナリティがまったくないもの
  • 他サイトのパクリ

であれば、ペナルティを適用される可能性はあります。

自分ではそうは思っていなくても、そう思われてしまったということは問題がないとは言えないということです。

SEO対策が原因の手動ペナルティ

SEO対策はサイト運用を行う上で、多くの人が行います。

また、GoogleもSEO対策自体は否定しておりませんし、クローラーや検索エンジンに正しくサイト情報を伝える手段として活用することは推奨しています。

ですが、SEO対策はやり方がまずいとガイドライン違反になりやすいですし、SEO対策自体のスキルやノウハウが低く質が悪いこともリスクを増します。

オールドマスク
やり過ぎもリスクが増しますし、SEO対策のつもりで質が悪くてスパム行為になっているという場合も考えられます。

自分でやったSEO対策が原因になる

サイト運用を通して、SEO対策を自ら行う人も少なくないでしょう。

自分でやったSEO対策が原因でペナルティを受けることもあります。

どのようなことが原因かはステータスをヒントにして考えるしかありませんが、

  • 自演リンク
  • キーワード乱用

など、スパム行為になるようなものをしている、してしまったかもしれないと考えて、自分でやったSEO対策を見直す必要があります。

SEO業者の施策も原因になる

プロであるSEO業者に依頼したから、安心というわけではありません。

SEO業者も様々あり、質やレベルに違いがあります。

また、考え方やサービス内容も異なり中にはスパム行為としか見受けられないものを提供している業者も存在するからです。

知識があり業者の質を見極められないで、とりあえず契約して自分が知らないうちに知らないことをされているというケースもあります。

それらが原因で手動ペナルティになるということもあることは認識しておきましょう。

オールドマスク
業者の場合、原因であることを認めない場合もありますので自分で調査する、原因を突き止めるという姿勢は持っておくべきでしょう。

手動ペナルティの解除は簡単ではない

手動ペナルティが適応されたら、原因を突き止め修正した上で再審査リクエストを提出しなければなりません。

リクエストが受理されて、問題がないとGoogleが判断した場合に、ようやく解除に至ります。

リクエストを提出すれば、簡単に解除されるというものではないので、しっかりと原因を究明し適切な対応をしなければいけないという難しい作業になります。

原因はメッセージにヒントがある

具体的にどの部分がということは教えてはくれませんが、

  • リンクが原因
  • コンテンツが原因
  • ハッキングされているこが原因

などの、どのようなことでガイドライン違反になっているかということはGoogleが伝えてくれます。

サイト運用やSEO対策で原因に対して思い当たる部分があるのなら、それらを見直して修正するということが求められます。

解除されれば問題ないとも言い切れない

手動ペナルティになっても解除すれば問題ない、というようなことを軽々しく考えないほうが良いでしょう。

また、解除すれば問題ない、と安易に言う業者にも注意が必要です。

ペナルティになったというよりは、してしまった、ペナルティになるような行為をしたという部分を考えないとまた繰り返すことになるからです。

ペナルティを繰り返すサイトには、Googleはより厳しい対応をします。

何度もガイドライン違反をする、そもそもガイドラインを遵守する気がないと判断されればペナルティは解除されず、インデックスから削除されるなど運用が二度と出来なくなることもあります。

オールドマスク
解除することと同じぐらいに、二度と繰り返さない、ガイドライン違反をしないためにどうするかを考えなければなりません。

Googleガイドラインは遵守は絶対

SEO効果があるから、良いと勧められたから、今まではコレで効果があったからなどの目先の利益だけや過去の出来事に囚われてリスクがある行為をしないほうがいいでしょう。

大前提として、Googleガイドラインに違反していないかは、何かを行う前には調べておくべきです。

ペナルティになってからでは手遅れですし、解除された後は二度と繰り返さないことが絶対です。

成果やSEO効果を高めたい、得たいと考えるのは理解できますが、Googleガイドラインを遵守したサイト運用やSEO対策を心掛けましょう!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

Googleのガイドライン違反は手動ペナルティを呼び込む危険な行為!

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン