中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1854(2018/12/13追加)

30本入荷しました

60本入荷しました

31本入荷しました

  • ブロンズ…183
  • シルバー…592
  • ゴールド…715
  • プラチナ…364
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

基本中の基本!サイト作成前に最低限決めておいたほうが良いこと6選!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

基本中の基本!サイト作成前に最低限決めておいたほうが良いこと6選!

サイト作成をする、依頼する前に最低限決めておかないといけないことがあります。

決めておいたり、考えておかないと失敗する可能性は跳ね上がりますし、目的やサイトの方向性や目標設定、スケジュールまでもがブレてしまいます。

しかも、これらは現実的な視点で行うことができるのかどうかということを考えて進めるなり発注をしていかないと無駄になってしまいます。

1.前提として現実的にサイトの制作や運用が可能なのか

ノウハウや技術、スキルがないのに理想や希望的観測だけでサイトを作成したとしても良いものが出来るわけがないのは当たり前です。

現実的に自分で出来るのか、依頼するとしてもその業者で正しいのか、どのような方法で行えば成功しそうか、ということをまず考えましょう。

自分でやる場合も業者等に依頼する場合も客観的に実力を判断しなければいけません。

自分でやって失敗する分にはまだ挑戦したという風にも取れますが、業者に依頼して失敗したらお金の無駄になりますし、挑戦とも言えません。

業者の営業が具体的なことを言わず、お金を貰えれば出来ますとか、調査や準備、ヒアリング等の質が悪ければ口でいくら出来ると言ってもリスクが高いでしょう。

また、検索順位やトラフィック、コンバージョンなどを保証できる業者や人物などはいないので甘い言葉に騙されないように注意が必要です。

オールドマスク
自分で 行う分には努力すればという面がありますが、依頼する際は実態が分かりにくいので慎重に考えておきましょう。

2.自分たちが提供するものを把握する

サイト作成をする目的の前に、何かを提供していくためにサイトを利用すると考えれば、自分たちが提供していくものをしっかりと把握しておかないと行けないでしょう。

例えば、商品であれば商品について詳しく知っておく必要があります。

サービスであればサービス内容やクレームにならないように明確な定義を持っておかないとサービスとして提供することはできないでしょう。

サイトを通じて提供したいというのは目的である場合も、提供するものを制作や運用する側がしっかりと把握や理解ができていないサイトは信頼性もないサイトになってしまいます。

オールドマスク
自分で提供することを理解できていなければ、ユーザーに役立つ情報を発信することも問題点やリスクを考えることもできないでしょう。

3.サイトの明確な目的の設定

自分で作るにせよ、人から依頼されるにせよ、逆に依頼して作ってもらうにしてもこれから作成するサイトの目的が何なのかを決めておかないと、何を作るのかやどのようなものを作るのかを定めることができません。

作成するサイトはどのようなもので、サイトを通して何をしたいのかを決めておいたり、聞いておかなければ動くことは何もできないからです。

目的が不透明であれば、目標も内容も考えることができないでしょう。

こんな感じのサイト作ってとか、こんなのとりあえず作るか、みたいな考え方や対応ではハッキリ言って結果は見えています。

オールドマスク
目的が不明なサイトを作ることも、制作依頼することも、依頼を引き受けることも無駄です。

4.ターゲットユーザーの設定

サイトはユーザーに向けて作られることが一般的ですので、どのような層や特徴を持つユーザーをターゲットにするのかを決めておかないといけません。

ターゲットユーザーによってサイト内容や方針も変わってきます。

ユーザーがサイトに訪れてどのような解答を期待して、ユーザーが抱えている課題や問題をどのように解決することができるのか、ということを具体的に考えなければサイトの軸が定まりません。

サイト作成前もそうですが、コンテンツを考えるうえでも重要な部分になります。

オールドマスク
ユーザーにどうアプローチしてどのような行動をして欲しいかにも通じる部分です。

5.競合調査や市場調査

目的とターゲットが定まったことで、競合と市場を見つけることができるようになります。

競合サイトの数やレベルを客観的に考えないと、サイトのクオリティ基準にも影響してきますし、競合サイトを見て勝てそうもない場合は方向転換しないといけない可能性もあります。

市場調査も適切にしておきましょう。

「これぐらい売れると思うんだよね」とか、

「検索ボリュームがこれぐらいだから1位を獲ったらこれぐらいかなぁ」

みたいな根拠のない考えで導き出さないで調査はプロに依頼するなりして現実的なデータを基に考えましょう。

実際、データが出たとしてそこに辿り着くまでのプロセスや方法をしっかり考えなければ実現することもできないからです。

オールドマスク
検索ボリュームを見て1位を獲ったらこれぐらい程度の調査で動くのはハッキリ言って無謀です。

6.サイト作成・公開・運用のスケジュールを決める

作るべきサイトが決まったら、具体的にスケジュールを考えて予算や人員を決定していく必要があります。

スケジュールは調査や決定した内容から、逆算したり余裕を持たせて現実的に可能な範囲で考えていかなければいけません。

「最初から予算がいくらでいつまでにこれをやって作ってね」

みたいな進め方では適切なものは作れないでしょう。

調査や準備がしっかりと出来ていなければ、方法も予算も必要な人員もスケジュールも決められませんし、もっと言えば可能か不可能かも考えられていないといえます。

スケジュールや予算ありきで決めてしまうと多くの場合に不備が生じます。

ですから、スケジュールや予算はすべての準備が整った最後に決定すべきことになります。

オールドマスク
予算とスケジュールだけ言われて制作したり依頼する状態では良いものなど作ることは不可能です。

基本中の基本なので出来てなければダメ!

サイト作成の基本とも言えるこれらの項目は、サイト作成を具体的にし出す前にしっかりと決めておいたり済ましておかなければいけないことです。

趣味やただのブログであっても最低限テーマやスケジュールは必要ですし、自分で何らかの目的を持って作成するのであれば、これらのことは最低限やっておかないと動けないでしょう。

また、業者に依頼する際に営業担当がこれらを客である自分からしっかり聞かない、調査もしないで、いくらで出来ますとか、可能ですと安易に発言するようであれば危険です。

適当な調査やヒアリングで、問題ないと考えている業者がいるので調査やヒアリング内容からも依頼するかしないかを考えておく必要もあるでしょう。

最低限やっておいたり知っておかないと出来ないことですし、これらをやっておかないと現実的に可能か不可能かも判断できないからです。

自分で作成するにしても、依頼するにしても最低限決めておいた方がいい6つのことを行えているかを参考に判断しサイト作成に動き出しましょう。

SEO診断コンサルティング-詳しくはこちらへ

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

基本中の基本!サイト作成前に最低限決めておいたほうが良いこと6選!

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

SEO診断コンサルティングサービス開始!! アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン