中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1406(2017/10/20追加)

21本入荷しました

33本入荷しました

11本入荷しました

  • ブロンズ…918
  • シルバー…377
  • ゴールド…91
  • プラチナ…20
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

中古ドメインを選ぶときにMajestic(Site Explorer)で見るポイント

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

中古ドメインを選ぶときにMajestic(Site Explorer)で見るポイント

SEO対策に有効な中古ドメインを選ぶ際、中古ドメインの持つ価値を調べるために様々な外部ツールが使用されます。
今回は、Majestic(Site Explorer)を活用した中古ドメインの評価方法、特に見るべき箇所をご紹介します。

Majesticという調査ツール

Majestic(Site Explorer)または、Majestic SEOはWEBサイトのURLやドメインを入力することにより主に下記のことが調べられます。

  • 被リンク情報
  • アンカーテキスト
  • 影響力のあるトピック

などの、ドメインパワーを測る上で重要な情報を調べることが出来るイングランドの会社が提供しているツールです。
Majesticには多くの項目があり全てを注意深く見るには相当な時間がかかります。
特に中古ドメインを評価する上で重要な項目を紹介します。

トラストフローとサイテーションフローを見よう

トラストフローサイテーションフローはMajestic独自の指標になります。
Site Explorerで調べたいドメイン名を入力して検索をしてみてください。

過去の運用サブドメインが判明している場合はサブドメイン付きで入力することもできます。
また、当該ドメインが未取得かつサイトが存在していなくても調べることが可能です。

トニー
TFとCFはマジェスティックで一番見るべきところです

どう見るべきか

上記画像に丸く70や71と書かれているのがそれぞれトラストフロー(TRUST FLOW)、サイテーションフロー(CITATION FLOW)です。
やはり、まず見るべきはこれらの数値でしょう。

これらの数値は簡単に言えば0-100の間の点数となり、数字が多ければより良いということになります。
しかしながら、単に数値の大小だけを見ていれば良いわけではありません。

TFとCFとは

そもそもトラストフローとは信頼できるサイトかどうか、または信頼できる他サイトと緊密なリンク関係にあるかどうかの信頼性を表すスコアです。
サイテーションフローとはトラストフローと併用されるものでリンク数やサイトの威力、均衡性などに基づくアルゴリズムで数学的理論で算出されています。

ふたつのスコアのバランスが重要

全てのアルゴリズムが公表されているわけではないので完全な説明はできませんが、重要なのは「スコアの高さ」は勿論ですが、トラストフローとサイテーションフローがバランスよく評価されていることがポイントです。

ふたつのスコアの数値が極端にかけ離れている場合、人工的なリンクやスパムサイトだと疑う判断材料に使用することができます。

トニー
スコアが高さやバランスを見るのは重要ですが、それだけで中古ドメインの評価は出来ません

バックリンクの分析

バックリンクの概要

サマリページの上記の図でバックリンクの概要が把握できます。

  • External Backlinks 外部リンクの総数
  • Referring Domains バックリンクドメイン数
  • Referring IPs バックリンクIP数
  • Referring Subnets バックリンククラスC分散数

基本的には赤枠で囲ったこれらの箇所を見ましょう。

バックリンクの総数に対して、バックリンクドメイン数やIP分散が適切かどうかを評価します。
ただし、この作業は過去に運用されていたサイトの形態によって変わってきます。
一概にどれだけ分散しているかと断言することは難しく、まさにこの目利きがノウハウとなります。

では、実際どうするかというと、「Backlink」ページよりバックリンクの詳細を見ていく方法がベストだと考えられます。
量も多くて大変ですが、中古ドメインを扱う以上避けて通るのは難しいポイントになります。

バックリンク詳細は出来る限りチェックしよう

バックリンクの詳細

MajesticではBacklinkページで詳細にチェックすることが可能です。
さすがに全部の被リンクを調査するのは現実的ではありませんが、可能な限り調べてみて損はないでしょう。

  • スパムサイトらしきページばかりから被リンクを受けてないか?
  • リンク集のようなユーザーにとって価値のないサイトから被リンクされていないか?
  • 良いバックリンクだとしても、削除済みやNofollowばかりでないか?

など中古ドメインの価値や選定基準を決める指標にすることが出来ます。

トニー
大変手間がかかる作業ですが、重要です

アンカーテキストを視覚的にチェックしよう

アンカーテキスト

被リンクSEOではアンカーテキストも重要視されますので、「Anchor Text」ページで視覚的にチェックするのも良いでしょう。
文字が太く大きくなっているのが最も多いアンカーテキストでドメインに強い影響を与えていることがあります。

慣れないうちは中国語、ロシア語、ペルシア語、アラビア語、韓国語など内容を理解しにくいものは避けたほうが無難です。
アダルトジャンルや好ましくない業種だったかどうかの検討もつくので見るようにしてください。

敷居が高いと感じた方へ

Majesticを活用したドメイン調査で中古ドメインを自分で海外オークションサイトから仕入れることは決して不可能ではありません。
ですが、慣れていない方、時間を節約したい方は当店「アクセス中古ドメイン」でのご購入をオススメしています。

海外オークションサイトで仕入れるより時間の短縮ができます。
また、Googleによる手動ペナルティの有無もチェック済みなので安心してご利用できると思います。

当店も、Majesticをはじめとした多くのツールや独自ツールなどで、手間を惜しまずSEOやご使用の目的に特化した中古ドメインを仕入れ・販売しております。
Majsticの重要なスコアもしっかりと評価項目に含めています。
自分で目利きしたい方も、当店にお任せしたい方も納得できるはずです。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

マジェスティックで中古ドメインを査定する

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+