SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1110(2017/08/17追加)

22本入荷しました

17本入荷しました

37本入荷しました

  • ブロンズ…655
  • シルバー…305
  • ゴールド…139
  • プラチナ…11
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

中古ドメイン(オールドドメイン)とは

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

中古ドメイン(オールドドメイン)とは

当店、アクセス中古ドメインはその名の通り「中古ドメイン」を取り扱っています。
中古というと一般的には価値が低いものと思われますが、ドメインの場合はそうとも限りません。

中古ドメインとは、どのようなものを指すのかを解説していきます。

中古ドメインってなに?

中古ドメインとは、過去にサイト運用などを行っていたドメインの所有者がなんらかの理由で手放したドメインになります。

いわゆる、一度使用されたドメインということになります。
期限切れドメイン、オールドドメイン、などとも言われます。

なぜ、中古ドメインは需要があるのか

中古ドメインが選ばれている理由は、ドメイン自体に価値があるということが言えます。
ドメインエイジバックリンク資産などのドメインパワーをすでに有している点が一番の理由でしょう。

新規ドメインを取得しサイトを運用していくより、目的に合った中古ドメインを利用したほうが効率的です。
ですが、中古ドメインであれば何でもいいと言うわけではありません。
しっかりと目的や用途に合わせドメインを選定し、ドメインの運用履歴などを見極める必要があります。

また、利用したい文字列意味がある文字列があるということで中古ドメインを選ぶこともあります。
サイトの目的やサイトタイトル、内容に合致した文字列を狙って中古ドメインを求める方も少なくありません。

SEO対策と効果を考える

中古ドメインにはSEO効果があります。

ドメインパワーを持っている中古ドメインは、持っていない新規ドメインよりスタートダッシュやコストパフォーマンスに優れています。
確かに、中古ドメインを取得してそれだけでSEO対策を終えてしまうと効果はあまり期待できないかもしれません。

中古ドメインは質で左右される

中古ドメインで重要なのは、ドメイン自体の質です。
質を調べるには様々な要素を見て判断しなければなりません。
ツールの数値やスコアには表れない良し悪しもあるからです。

質が担保されている中古ドメインを利用すればリスクは、ほぼありません。
中古ドメインを扱ってきた経験から、サイト構築や運用をしっかりと行えば中古ドメインを利用しているということでのリスクは生じることは稀であると感じています。

考えられるリスクとは

中には、Googleペナルティなどのリスクを孕んでいる中古ドメインもあります。

ペナルティや質の悪い中古ドメインを掴んでしまわないためには様々な角度からドメインを調査する必要があります。
また、同時に中古ドメインの価値を見抜く力も重要です。

中古ドメインのSEO効果を最大限に活かすには、様々なSEO対策を並行して行う必要があります。
しかし、中古ドメインをうまく活用すれば高いSEO効果が期待できます。

中古ドメインを活かすには

まずはサイト構築をしっかり行うことが重要です。
中古ドメインのドメインパワーを活かすには、サイトがしっかりしている必要があります。
コンテンツやユーザビリティを充実させた、継続的な改善と運用が求められます。

これらをきちんとしておくことで、新規ドメインより中古ドメインの方が効果を引き上げてくれるからです。

中古ドメインを選ぶ際のポイントとは

中古ドメインの選定や探す際に重要なのは、そのドメインをどのように使用していくかということです。

中古ドメインの値段はピンからキリまであるので、価格だけで選ぶことは難しいと思います。
高額なものだからといって目的に合ったドメインであるかということは言い切ることはできないからです。

当店では、独自にパワーランクというものを用いてドメインをクラス分けしています。
購入の際に判断のひとつとしてご利用して頂ければと思います。
また、中古ドメインやSEOに関するコラム用語集もご用意しておりますので是非ご利用してみてください。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

中古ドメインとは

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+