SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 208(2017/04/20追加)

25ドメイン入荷しました

13ドメイン入荷しました

46ドメイン入荷しました!

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【SEO効果】中古ドメインのSEO効果の持続期間について

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【SEO効果】中古ドメインのSEO効果の持続期間について

サイトの検索順位をあげ、SEO効果を発揮させる手段として中古ドメインの導入があります。

取得した段階で多くの資産を有している中古ドメインは新規ドメインよりも高値で取引されることが多い傾向にあります。

では、中古ドメインの力はどの程度持続するのでしょうか。
その効果は永続的なものなのでしょうか。
持続させるために必要なことはなにであるのか考えていきましょう。

ドメインパワーが影響を与えます

中古ドメインは「ドメインパワー」を保持していることで、SEO効果があり多くの方々に利用されています。
ドメインパワーの例として下記の項目があります。

良くも悪くも影響がある

過去に検索エンジンからペナルティを受けていればSEO効果が見込めない、原因不明の検索順位低下が起こるなどのデメリットもあります。

ですが、それは中古ドメインは過去の運用を引き継ぐ特性があるためです。

中古ドメインは選定が重要

ペナルティなどのマイナスを引き継いでしまうのと同様に、プラスの面も引き継ぐ中古ドメインは選定が重要になります。
質をしっかりと見抜く目や安心できる購入先があるのなら総合的に考えて費用対効果に優れたSEO対策になります。

中古ドメインのSEO効果は永続するわけではない

中古ドメインの効果は永続はしない

中古ドメインのSEO効果は、どれだけ優れた中古ドメインであってもそのSEO効果は永続的に発揮されるものではありません。

基本的には中古ドメインのSEO効果は、時間が経過するごとに低下していくといわれています。
また、中古ドメインを取得して新規サイトを立ち上げた場合、過去の評価がリセットされる可能性もゼロではありません。

利用するだけにならないように

どれだけページランクが高く、ドメインエイジが長く、バックリンク資産を多数蓄積している中古ドメインであっても、永遠にSEO効果が持続するものではないことを理解しておいてください。

中古ドメインの効果を高め、より持続期間を延ばすためにはただ利用しているだけではいけません。
しっかりとした運用が必要になってきます。

SEO対策は必要です

中古ドメインを利用しドメインパワーを活かすことにより、サイトリリース直後から高い検索順位を目指すことが可能です。

つまり新規ドメインを取得した場合に比べると、スタートダッシュのスピードに優れているといえるでしょう。
この特性をうまく活用しつつ、新規にコンテンツを量産しながら新たな評価を積み上げていくことができれば、SEO効果を持続させることも可能です。

利用後はサイトの価値や運用にも左右される

  • オリジナリティのあるコンテンツの充実
  • HTML、タグ、タイトル、見出し、サイト表示速度の最適化
  • 301リダイレクト転送
  • 継続的なサイト更新と運用
  • ユーザビリティの改善

中古ドメインを利用したとしても、サイトの運用法に違いはありません。

ユーザーを掴むことができるのはサイトの内容や運用に左右されます。
中古ドメインを使うことで検索エンジンや順位に優位性を持つことは可能ですが、中古ドメインを利用しているからといってユーザーが集まるわけではありません。

中古ドメインを活かす対策も必要

301リダイレクトは中古ドメインのドメインパワーを活かすために必要でしょう。
また、ドメインの構造を意識したサイト設計も行ったほうが効果が高まります。

その他のSEO対策も行うべき

中古ドメインのバックリンク資産の回収を平行して行うことでSEO効果が高まることが期待できます。

また、SEO対策は外部対策内部対策を行いながら、相乗効果をあげていくことが重視される傾向にあります。
いくつかのSEO対策を並行して行うことで中古ドメインの優位性を保つ可能生は高まります。

中古ドメイン取得以外の施策も適切に実施すれば、投資は無駄にならないことでしょう。

良質なコンテンツを心がける

良質なコンテンツの作成

中古ドメインのSEO効果を持続させるためには、継続的なSEO対策が必要になります。

その中でも特に重要なのが内部コンテンツの充実です。
バックリンク資産の回収やディレクトリ構造の復元、HTMLの最適化などは一度対策を行ってしまえば、徐々に手間は減っていくでしょう。

しかし、最も手間のかかるコンテンツの充実は、ある程度継続的に行っていく必要があります。

ユーザーを惹きつける

日々大量に生まれる情報の中でユーザの共感や興味・関心を獲得できるような記事を掲載し続けることができれば、中古ドメインが持っているドメインパワーと相まって、優れたSEO効果が期待できます。

ドメインパワーは変化する

中古ドメインに限らず、ドメインパワーは変化します。
サイトの運用により、上りも下がりもするのです。

内的要因である可能性も、外的要因で上下する可能性もありますが、ドメインパワーやドメインの価値は変化すると考えてください。

Googleが定める良質なコンテンツについて

  • 被リンクの数やシェアされている数
  • ユーザーが内容を理解しやすく行動に移りやすいか
  • 独自性の高い内容かつ適切な文章量であるか
  • サイト全体のボリュームや更新頻度

他にも当てはまることはありますが、代表的な例です。

コンテンツが良いことは前提条件

SEO的に必要なコンテンツというよりは、ユーザーが求めているコンテンツが必要です。

最低限のSEO条件を満たしておくことは必要ですが、テキストやサービスなどのコンテンツはユーザーが利用して評価されることで決まるということを忘れてはいけません。

検索エンジンの評価法も進歩している

検索エンジンはサイトの質やユーザの満足度を評価する方向へ進み始めています。

サイト自体の内容により評価は変わってきます。
中古ドメインはサイトの底上げの力はありますが、内容に関しては関係ありません。

サイトやコンテンツの内容は中古ドメインを利用していたとしても疎かにしてはいけない部分になります。

中古ドメインのSEO効果を永続的なものにするには

中古ドメインのSEO効果を活用しつつ、その効果を持続して永続的なものに昇華させるためにロングテールを狙った質の高い記事の生産が欠かせないでしょう。

ある意味、コンテンツの質にこだわることは、小手先の技術ではない正攻法のSEO対策といえます。

原点に立ち返る

インターネット黎明期には、個人サイトであっても内容の濃いサイトが評価されていたため、これは原点回帰ともいえるでしょう。

良質なコンテンツとは、ターゲットユーザー(想定読者、閲覧者)が本当に必要とする情報を掘り下げ、オリジナリティに富み、わかりやすく、読みやすいことなどがあげられます。

中古ドメインとの相乗効果を狙う

中古ドメインを利用したうえで、コンテンツの質も高ければ新規ドメインを利用した時より更なる効果が生まれるでしょう。
コンテンツの質が高くユーザーの評価も高まれば、ドメインパワーも高まります。

中古ドメインもコンテンツも高い質のものを求め、成功に導きましょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+