SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1177(2017/09/20追加)

11本入荷しました

10本入荷しました

25本入荷しました

  • ブロンズ…736
  • シルバー…344
  • ゴールド…96
  • プラチナ…1
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【被リンク対策】価値あるサテライトサイトってなんだ?

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【被リンク対策】価値あるサテライトサイトってなんだ?

サテライトサイト構築のために中古ドメインを利用したいと考えている方は多いでしょう。
中古ドメインを利用することでサテライトの効果を上げることの期待できますが、それだけでは足りません。

メインサイトとは扱いが違うから、所詮はサテライトサイトだからなんて言わずに本当に価値のあるサイトを目指しましょう。

目的化されたサテライトサイトにしない

サテライトを持つ目的をどう捉えているでしょうか?
被リンク対策見込み客の獲得、このふたつに絞られるのではないでしょうか。
目的を持つことは大切ですが、その機能を果たしただけで満足していては意味がありません。

目論見は露見する

極端なことを言ってしまうと、被リンク対策用のサテライトは構築するだけして被リンクを貼ってしまえば目的は達成されたことになってしまいます。
ユーザーを誘導するためのページやコンテンツしか用意していないサテライトも同様です。

被リンクや誘導目的の機能と役割しか担っていないサテライトは効果が期待できないどころか、マイナスに働きますしGoogleからペナルティを受けることもあります。

質の高い被リンクってなんだ

コンテンツ重視になってきていますが、被リンクも評価対象ではあります。
しかし、勘違いしてはいけないのが質の高い被リンクのみが評価されるという点です。

では、質の高い被リンクとは何を言うのでしょうか。
簡単に言ってしまえば、良いサイトからのリンクです。

被リンクに価値があるというよりは、良いサイトに価値があり、そこからのリンクが効果的であるということです。

悪いサテライトサイトの特徴

悪いサテライト

  • ワードサラダもしくは質の悪いコンテンツ
  • 更新頻度のなさ
  • SEO対策用の感じがモロ出ている
  • デザインの拙さ

このようなサテライトをいくら生産しても労力とコストの無駄です。
思い当たる節がある場合は、改善したほうがいいでしょう。
サイトとしての体裁だけ整えて、被リンクを貼る場と化しているサテライトサイトは無価値です。

むしろ、リンクペナルティなどのリスクを生み出してしまい、サイトの足を引っ張っている可能性も否定できません。

被リンク対策用サテライトが良いサイトと言えますか?

効果のある被リンクを送る、ユーザーを獲得する、どちらも良いサイトでないと簡単にできることではありません。
また、良いサイトと言えないサテライトならやる意味もありません。

ユーザーにとって役に立つサイト

メインサイトはこの観点で作成、運用していると思いますが、サテライトはどうでしょうか。
役に立つ以前に、ユーザーが訪れるようなサイトになってすらいない、ということもあるのではないでしょうか。

そのような状態のサイトでは、被リンクの効果もユーザーの獲得も期待できません。
ましてや、そのようなサテライトを複数、大量に抱えていても無駄です。

コンテンツはオリジナルか

コンテンツを作成するのは非常に骨が折れる作業です。
大変な手間になることもわかります。
ですが、手間を惜しまないことが一番大事です。

記事代行サービスなどを利用して時間的コストを浮かす、サイトのボリュームを出す、これもダメではないですが、メインサイトにもないそのサイトだけが持つ独自性が必要です。

生きたサイトなのか

サテライトの管理で問題なのは、発注した記事を予約投稿しておいてそれ以降に動きがないサイトになってしまっている点です。
複数、大量のサテライトを抱えている場合は、手が回らなくて致し方ないという方もいるでしょうが、放置してしまうのは良くありません。

週1回、月に1回でも何らかの更新コンテンツを追加することをオススメします。

そもそもユーザーを意識しているか

ユーザーを意識していないサイトやページは淘汰されていくでしょう。
サイトやページは本来、ユーザーのために存在しているべきだからです。

訪れるユーザーはサテライトの機能や役割のサイトだからなぁ、と認識してくれるわけではありません。
サテライトだと悟られることも問題ですが、ただの質の悪いサイトだったなと思われることは避けるべきです。

信頼を勝ち取る

サテライトに訪れたユーザーが良いサイトであると思ってこそ、紹介するメインサイトに興味を持つことになります。
また、被リンクの効果もユーザーや検索エンジン評価されているサイトからの被リンクだからこそ意味があります。

ネット上で考えなくても、信頼できる人から勧められたことと、胡散臭い人や信頼がない人からのでは、印象が違いますよね。

テーマを深く掘る

メインサイトが取りこぼしているユーザーを獲得したいなら、テーマを深く追求していく必要があります。
コンテンツの量が少なくてもしっかりとした濃いコンテンツがあるのとないのとでは全く違います。

深く追求していくことでユーザーも振り向きますしサイトの価値も上昇します。

サテライトサイトの管理を冷静な視点で捉えよう

現実的に複数、大量のサテライトを持っている場合、ひとつひとつに力を注げないことも事実です。
しかし、管理しきれないほどのサテライトサイトを抱えていることにも問題はあります。

どのサテライトが効果があり、どのサテライトがダメなのかぐらいは把握しておきましょう。
ダメなサテライトは改善する必要がありますし、改善しない場合は持っている必要もないからです。

サテライトサイトの必要性を考えよう

メインサイトに対しどれぐらいのサテライトをどのように運用していくかを考えてから作成するようにしたほうがいいでしょう。

メインサイトに100本被リンクを送りたいから100サイト必要だ!
なんて安直な考えは危険です。
100サイトすべて良いサイトにできるなら別ですが、不可能でしょう。
そんな時間があるなら、その時間をメインサイトに使った方が有意義です。

中古ドメインは補助

中古ドメインをサテライトサイトに利用すれば効果的であるということは言えます。
ですが、あくまで補助的な役割と思っておいたほうがいいでしょう。

力を入れなくても、手抜きサテライトがドメインパワーで少しマシな扱いになったということもあるでしょうが、中古ドメインを利用する場合もしっかりとしたサイト構築、コンテンツ作成、継続的な運用は必要です。

サテライトサイトをどう扱うべきか

サテライトサイトという認識は完全にこっちの都合ユーザーには関係ないことです。

  • ユーザーのためのコンテンツ
  • 独自性の確保
  • 信頼の確保
  • 継続的な運用

サテライトサイトや中古ドメインの効果をしっかりと活用するためにも、これらを疎かにしないで良いサイトと言われる、サテライトにしていきましょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+