中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1613(2017/11/21追加)

20本入荷しました

78本入荷しました

22本入荷しました

  • ブロンズ…1041
  • シルバー…450
  • ゴールド…91
  • プラチナ…31
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

サイトの質が中古ドメインの価値を下げる最大の原因

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

サイトの質が中古ドメインの価値を下げる最大の原因

価値のある、SEO効果のある中古ドメインもサイト自体がダメである場合は価値や効果を失います。

高いドメインを買ったのに効果がない、などは買ったドメインが悪い場合より根本的にサイト自体に問題がある可能性があります。

中古ドメインの価値を失わせるサイトとは、どのようなものか考えていきましょう。

中古ドメインの価値は変動します

まず大前提として、中古ドメインの価値は変動します。

これは新規ドメインで考えてもお分りになるでしょう。

まっさらなゼロの状態の新規ドメインでサイトを運用した場合、サイトの価値が高まって行けばゼロが10にも100にも上がっていきます。

トニー
数値はスコアではなく価値を表すイメージです!

中古ドメインはゼロの状態ではなくものによって10から50からなど新規ドメインより有利なスタートラインからサイト運用が開始できる利点があります。

ですが、冷静に考えて頂ければゼロのものが50になるということは、50のものがゼロになる可能性もあるということです。

そして、中古ドメインの価値を変動させる最大の要因は、

  • サイトの質
  • サイトの運用方法

に、強く左右されるのです。

トニー
いくら良いドメインでも、サイトが良くなければ評価されずに価値が落ちていくのは当然の原理です!

多少のスコアや被リンクの変化はある

サイト運用に関係ない場合でも、中古ドメインの場合、被リンクの増減やツールのスコアの変化は時間経過と共に起こります。

ですから、中古ドメインを取得した場合は、なるべく早めにサイト公開を行うようにしたほうがいいでしょう。

取得から公開までのスケジュールをしっかりと確認して利用することがオススメです。

定期的にドメインを確認しましょう

ドメインを利用開始した時点でのツールなどのスコアと、運用開始してからのスコアなどを定期的に調べておくことも重要です。

スコアは目安にしかなりませんが、極端に下がっている場合などはサイトに何か不具合が起きている可能性を発見できるかもしれません。

また、ある種のサイト運用やSEO対策がうまく行っているかどうかの効果測定にも利用できますので定期的に確認しておきましょう。

中古ドメインの価値を下げるサイトを作らない!

中古ドメインの価値を下げるようなサイトは、新規ドメインの場合も価値が高まらないサイトです。

はっきり言ってしまえば、存在している価値がないサイトということになります。

趣味でしているサイトであるならば、好きにしていいと思いますが、そのようなサイトであればSEOのことも中古ドメインを利用することも考えないと思いますので除外します。

ですが、何らかの目的や利益を考えてサイトを運用しているのであれば、質が低いサイトを持つことは時間とお金の無駄でしかありません。

トニー
中古ドメインの効果を実感するためにはサイト制作・運用もしっかりする必要があります!

サイトの質が価値を下げる最大の原因になる理由

単純に考えればわかると思いますが、中古ドメインは空の状態で取引されます。

つまり過去のサイトや運用の価値が残ってはいるがサイト自体は空でサイトの質という面でもクリアの状態になります。

サイトを作成している間に多少の変化はあるでしょうが、サイト運用を続けていった上で、ドメインのスコアなどが下がっている場合の原因はサイトの質に由来するものがほとんどです。

サイトがない状態からサイトがある状態になれば、通常であれば価値は上がります。

何もない土地に、お店や家が建てば地価が上がるのと同様です。
ですが、出来たものが不適切な場合は地価が下がることもあります。

同様に、サイト自体の質やサイトの運用の仕方が悪ければ、質の高い中古ドメインの効果や価値も急速に失われていくのです。

コンテンツの手抜きが中古ドメインの価値を落とす

中古ドメインの場合、被リンクを既に保持しているので急なリンクペナルティを引き起こす可能性は低いと言えます。

また、中古ドメインを利用しているのですから、そこまで性急な被リンク対策を行う必要もないでしょう。

中古ドメインを利用してから、しばらくの間はコンテンツ作りに重点を置く必要があります。

これは、新規ドメインを利用した場合も同様でサイトリリースから半年間は基本的にはコンテンツに制作に注力したほうがいいでしょう。

トニー
コンテンツや記事制作を疎かすることは、サイト自体を雑に扱っていることと変わりません!

手抜きコンテンツは無駄かつマイナス

コンテンツの制作は面倒ではある作業ですが、手を抜いてはいけない作業です。

サイトの核となるのがコンテンツ

コンテンツが集まり、コンテンツの質を高めていくことでサイトの質も高まります。

サイトの質を高めることはドメインの価値を高めることと同じです。

つまり、手抜きコンテンツばかりを質の良い中古ドメインに入れて行く作業は、ドメインの価値とサイトの質を落としていることと変わりません。

質の高いコンテンツやユーザーの為にならないコンテンツしか作成できない場合、いくら他のSEO対策や高価なドメインを利用したとしても成功することはないでしょう。

SEO的思考を排除しユーザー目線のコンテンツ

中途半端にSEOのことを意識したり、SEO的要件を満たしているなどといった根拠のない思い込みを捨てて、ユーザー目線に立ったコンテンツを作成しましょう。

例えば、タイトルやコンテンツ内の文章にキーワードや関連キーワードが含まれているからSEO的には最低限の質をクリアしている、などの考えは意味があまりないということです。

ユーザーはキーワードが入っているから、この記事は良い記事だ、と思うわけではありません。

確かに、最低限キーワードを含めることは検索エンジンで見つけてもらいやすくするために必要なことではありますが、

  • キーワードが含まれている
  • 何文字以上の文章になっている

などは、記事やコンテンツの質を考える指標にはなりません。

  • ユーザーが興味を持つ事柄
  • ユーザーが欲している情報
  • 他のサイトにはない情報

などの観点から、質をまず考えていきましょう。

コンテンツの良し悪しはデータからだけではわからない

コンテンツを作成したり、改善をするときにキーワードの出現率や使用頻度などの観点からばかり考えようとするSEO業者がよくいます。

確かに、キーワードの使い方も影響度があり改善する必要がありますが、まずは上位表示されているサイトやページの傾向と内容を見て、内容で劣っていないかを判断する必要があると考えています。

まずは、内容で勝負してから検索エンジンに伝わりやすくするようにするなどの流れで製作していくべきでしょう。

内容が悪ければ、上位表示されにくくなっていますし、されたとしても成果に繋がりません。

SEO、検索エンジン最適化のことばかり考えているというより、検索エンジンへのアプローチしか考えていないSEO業者やサイト運用は、むしろSEOから遠ざかって行っているということを認識しましょう。

下手な被リンク対策やSEO対策もドメインの価値を下げる

サイト運用開始してサイトの質などが伴っていない期間に被リンク対策やいろいろなSEO対策を施してしまうことは良くありません。

特に被リンク対策は下手に行えば、マイナス効果や影響が生じやすく効果を生み出せている被リンクを意図的に作り出すことは難しいからです。

サイト運用開始直後は、サイトの価値もまだ高まっておらず、ユーザーも集まっていないような状況なのに、SEO対策をいろいろと行ってしまうと不自然な状態になってしまいます。

中古ドメインの場合、被リンク保持や過去の運用実績などから影響を多少抑えられますが、逆に言ってしまえば中古ドメインを利用しているのですから、サイトの価値を高めることに集中したほうがいいということです。

トニー
中古ドメインに投資して、サイトがある程度軌道に乗ってからその他のSEO対策を考えるべき!

サイトの価値を高める=SEO対策ではない

適切なSEO対策をすることで、サイトの価値が高まることもないことではないですが、「SEO対策=サイトの価値を高めている」と考えるのは良くありません。

  • SEO対策をしているからサイトの価値が高くなっている
  • サイトの価値を高めるためにSEO対策をしている

と、考えているなら少し考え直してみましょう。

SEO対策は検索エンジンに適切な評価をしてもらうため、または評価されやすくするために行います。

つまり前提として、

  • サイトの質はいいのに適切な評価をされていない
  • 記事やコンテンツの内容は良いのに伝わっていない

などの、最低限は自分の中だけでも他のサイトやページより内容や質で勝っていると思えるサイトになった上で考える必要があります。

サイトの価値を高めることはドメインの価値を高めることです。

そして、サイトの価値、サイトを構成しているのは、ひとつひとつのコンテンツの集まりであるということを忘れてはいけません。

中古ドメインを利用して、さらに価値を高める

中古ドメインを利用することで、新規ドメインよりドメインとしての価値を持った上でサイト運用を開始することができます。

ですが、その価値がある状態に安心したり、胡坐をかいてしまってサイトを手抜きで運用してしまうと価値は急激に下落します。

実際に、中古ドメインを主にサテライトサイトに利用しているSEO業者のドメインのデータを調べたことがありますが、利用開始時が例えば価値が50だったとして、サテライトサイトとして運用してある程度期間が経ってから再調査してみるとほぼゼロぐらいまでに下がっていました。

サテライトサイト自体を見てみてもお世辞にもいいとは言えないような、粗悪なものでしたのでサイトの質により急激に価値を落とす例として実感しました。

実際に中古ドメインはサイトがない状態より、サイトが出来てから次第で大きく変化するいい例だと思います。

価値がある中古ドメインを食いつぶして使い捨てしてしまわないように中古ドメインを利用してからがサイト運用やSEO対策のスタートであるということを再認識して取り組みましょう。

当店の中古ドメインは、SEO効果を呼び込む質の高いものを用意しています。

中古ドメインの効果を引き出すためには、適切なサイト運用、サイトの質を高めていく努力や工夫を行ってください!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

サイトの質が中古ドメインの価値を下げる最大の原因

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

メールアドレスだけで30秒簡単!

新規登録をして
中古ドメインを購入する
無料登録
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す