中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1680(2018/11/16追加)

31本入荷しました

31本入荷しました

30本入荷しました

  • ブロンズ…205
  • シルバー…595
  • ゴールド…584
  • プラチナ…296
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

価格やバックリンク以外に意識しておきたい中古ドメインの3つのポイント!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

価格やバックリンク以外に意識しておきたい中古ドメインの3つのポイント!

中古ドメインを選ぶ際に、販売店を利用する際はまず価格が気になるでしょう。

そして、中古ドメインの特徴であるバックリンクは意識している方も多くいることでしょう。

これらに加えて、中古ドメインを選ぶ際に意識しておくと良い項目をご紹介します。

1.文字列が適した中古ドメイン

中古ドメインの場合、SEO効果への期待を多く持ちすぎて肝心な文字列という部分を意識していない場合があります。

確かに、文字列よりも価値でやスコアが高いものを選びたいという気持ちが強いから中古ドメインを選択するという方が多いからという面もあるでしょう。

ですが、文字列や単語で作ろうとしているサイトと合致しているものがあれば、ラッキーですし、選択肢に入れてもいいでしょう。

ダメもとで、文字列や単語を入力して探してみるというのもアリではないでしょうか。

オールドマスク
なければ仕方がありませんが、あれば儲けものです。

SEO効果よりはサイトに適しているかどうか

明確に作成したいサイトやサイトのプランが定まっているのであれば、SEO効果よりは、サイトに適したドメインを利用するという部分に重きを置いても悪くありません。

文字列が良いもの、意味を持つもの、はSEO効果の部分とは別に価値があるドメインであるといえます。

文字列が優れているドメインも中古ドメインの中では価値が高いとされる傾向があるので、意識して探すことでサイトに適したものが見つかるかもしれません。

また、文字列が適している中古ドメインであれば、新規ドメインで適したドメインを取得するよりも効率的なサイト運用ができるかもしれません。

オールドマスク
文字列でドメインを選ぶのは基本ではありますが、中古ドメインの場合は忘れられがちです。

2.インデックスされている中古ドメイン

中古ドメインはインデックスが残っているものが少なくありません。

インデックスが残っているものの方が、より効率的に運用がスタートできる可能性があります。

新規ドメインの場合は、運用スタートしてから1ヶ月程度の時間がインデックスされるまで必要になる場合があります。

中古ドメインの場合でも、1週間程度は必要になる場合もありますので、既にインデックスされている中古ドメインを選ぶことでよりスピーディーに進められる可能性は大きくあります。

「Site:」でインデックスの確認

Site:」でインデックスがない中古ドメインも多くありますが、インデックスがないからといってリスクがあるとは限りません。

むしろインデックスがあるのに、1位や上位に表示されていないドメインの方がリスクは高い傾向があります。

インデックスを調べることによって、中古ドメインの質やリスクも調べることに繋がるので、購入前にインデックスを調べてみるのも損はないでしょう。

3.サイトの切り替わりが少ない中古ドメイン

よくドメインエイジが長いものが欲しいという方もいます。

確かに運用期間が長い方が、価値が高まっているドメインの傾向があるのも事実です。

ですが、長い運用期間の間に何度も持ち主が変わっているものもあり、素直に運用期間を受け取るのは微妙なものも少なくありません。

基本的にペナルティドメインでなければ、問題はないといえますが、サイトが切り替わった数を意識しておくと判断基準として利用できます。

もちろん、多いものが必ずしも悪いわけではありませんが、選択肢として考えておいて損はないでしょう。

運用履歴と切り替わりを意識

ドメインエイジだけではなく、ドメインエイジを意識するならば、過去の運用歴やサイト内容と同時にサイトの切り替わりも意識しておいたほうがいいでしょう。

はっきりとしたことは言えませんが、短期間に多く切り替わっているものは持ち主が頻繁に変わっている可能性や何らかの問題が考えられます。

販売店にありペナルティドメインでないならば、問題はないでしょうが、自力で入手する場合には意識しておくとリスク回避に繋がるかもしれません。

改めて、価格やバックリンクはどう見るべきか?

価格やバックリンク以外で見るべき項目を紹介していきますが、改めて価格とバックリンクについても触れてみます。

中古ドメインを買うという選択をした場合、価格は避けて通れない部分になります。

また、バックリンクも中古ドメインのメリットの代表格とも言える要素ですので当然意識する方が多く見られます。

この二つ以外にも中古ドメインを選ぶ際に、選択肢や天秤にかける要素を持っておくことでより良いものに出会えるかもしれません。

予算次第だが、高ければ良いでもない

他店はどうかわかりませんが、当店の場合、総合的に見て価値が高いであろうものは価格が高くなっている部分はあります。

ですが、価格が高ければすべてにおいて良いとも言い切れません。

価格帯だけで、本質を見極めることはできませんし、必ずしもスコアや価格が高いドメインが上位に来ているとも限らないからです。

もちろん、スコアが高いものが高価格になる部分はありますが、あくまでポテンシャルがあるという部分になり、価格が効果や価値、成果を保証するものではないからです。

オールドマスク
用途によっては低価格の物でも十分な場合もありますし、サイトが素晴らしければ運用後にドメインの価値も高まっていくものです。

バックリンクも量よりは質と安全性

多くのSEOツールのスコアはバックリンクの量で左右される部分が少なくありません。

ですから、バックリンクが多いもののスコアや価格も高くなる傾向があるのは事実です。

質に関しては数値化することが難しく、客観的に受け取る印象も異なるでしょうから、わかりにくいという部分もあるからでしょう。

バックリンクの量が多い中古ドメインも好まれることが、多いですが量だけでなくリンクの質と安全性を同時に確認することをオススメします。

また、購入後にリンクを精査し直して予め対処しておくことで、リスクを減らすことが出来るでしょう。

オールドマスク
ペナルティドメインでない限り、リンクに関しては問題ないとも言えますが、不適切なリンクがゼロのドメインはないので確認は必須です。

こだわりと目的を持って中古ドメインを探そう

実際、様々な理由で中古ドメインを探していることでしょう。

こだわるポイントも目的も各々異なることでしょう。

それが、価格でありバックリンクの量であっても悪いとは思いません。

この文字列でなければ駄目であると考えているなら、とことん探して最終的に新規ドメインを選択することもアリでしょう。

中古ドメインを利用する目的を明確にして、自分なりのこだわりを基準に適している中古ドメインを見つけることが一番良いと思います

なんとなくで探して選ぶよりは、こだわりと目的意識をもって探していったほうが、質を見抜く経験として今後にも役立つので、中古ドメインを探すときは自分なりに基準を設けて選択しましょう!

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

価格やバックリンク以外に意識しておきたい中古ドメインの3つのポイント!

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン