by Access Japan
販売ドメイン 8530(2020/07/09追加)

3本入荷しました

1本入荷しました

24本入荷しました

  • ブロンズ…4496
  • シルバー…2777
  • ゴールド…591
  • プラチナ…666
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

wpX Speedから独自SSLとリダイレクトを設定する方法【WordPress】

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク

wpX Speedから独自SSLとリダイレクトを設定する方法【WordPress】

2019年9月24日にサービスがリニューアルされたWordPress専用のレンタルサーバー「wpX Speed」。

SEO対策をする上で、サイトをSSL化(https)するのは、今や必須となりました。

Googleの公式ブログ「Googleウェブマスター向け公式ブログ」で2014年8月7日に公開した記事によると、SSL化をランキングシグナル(検索順位付けの要因)にすると発表をしています。

SSL化(https)の設定は、レンタルサーバーから行えることが多く、wpX SpeedからでもSSL化の設定ができます。

今回のコラム記事(※)では、wpX SpeedからSSL化の設定手順やリダイレクト(http→https)の方法などを解説しています。

※ WordPressを使用していて、サイト公開前の状態でいるのを想定しています

wpX Speedでは独自SSLを無料で利用できる

wpX Speedでは、自身が保有している独自ドメインをSSL化する「独自SSL」の設定ができます。

wpX Speedでは「Let's Encrypt(レッツ・エンクリプト)」を採用していて、無料で独自SSLの設定ができます。

Let's Encryptとは、SSLサーバー証明書の発行を行う認証局の一つで、国内の多くのレンタルサーバーでLet's Encryptが採用されています。

独自SSLの設定をする前に独自ドメインの追加とネームサーバー情報を変更すること

独自SSLの設定をする前に、独自ドメインの追加とドメインのネームサーバー情報を変更する、などの事前準備が必要です。

取得・用意した独自ドメインは、wpX Speedの「管理パネル」に追加しましょう。

また、追加した独自ドメインのネームサーバー情報がwpX Speedに向くように設定をしましょう。

wpX Speedに独自ドメインの追加やネームサーバー情報を変更していない人は、以下の関連記事を参考にしてください。

wpX Speedで行う独自SSLの設定手順

それでは、wpX Speedで行う独自SSLの設定手順を紹介していきます。

大まかな流れは、以下の通りです。

  1. 管理パネルにログイン
  2. 独自SSLの設定
  3. SSL(https)でサイトにアクセス

管理パネルにログイン

管理パネルのログイン画面

まずは、wpX Speedの管理パネルのログイン画面に移動します。

「会員IDまたはメールアドレス」と「管理パネル パスワード」の2つの情報を入力して、ログインをします。

独自SSLの設定

管理パネルからインストールしたWordPressの設定を選択するところ

管理パネルにログイン後、画面左にある項目「WordPress管理」の「インストール済みWordPress一覧」を選択します。

独自ドメインの設定を選択するところ

SSL化させたい独自ドメインの「設定」を選択します。

独自SSL設定の選択をするところ

セキュリティ設定にある「独自SSL設定」の「設定する」を選択します。

独自SSL設定の追加を選択するところ

「独自SSL設定の追加」を選択します。

独自SSL設定の追加を確定するところ

「独自SSL設定の追加する(確定)」を選択します。

「CSR情報(SSL証明書申請情報)」の部分は、チェックをしなくてもSSLの設定をすることができます。

独自SSL設定の追加が完了されたところ

独自SSLの設定は以上となります。

SSL(https)でサイトにアクセス

ブラウザのアドレスバーにhttpsでサイトにアクセスするところ

独自SSLの設定が完了したら、ブラウザのアドレスバーにSSL(https://ドメイン名)のURLを入力して、サイトにアクセスできるか確認をしましょう。

SSL(https://ドメイン名)でサイトにアクセスできない場合は、サーバーがまだ反映されていない可能性があるので、時間を置いてから再びサイトにアクセスしましょう。

オールドマスク
サイトはSSL化(https)されているのにも関わらず、ブラウザのアドレスバーに鍵マークが表示されない場合「混合コンテンツ」が疑われます。
詳しくは、以下の関連記事をご覧ください。

WordPressの設定とリダイレクトの設定はSSL化補助機能が便利

wpX Speedでは、サイトのSSL化を補助する機能「SSL化補助機能」があります。

独自SSLの設定後、WordPressの管理画面(ダッシュボード)でSSLの設定や非SSL(http)からSSL(https)のURLを301リダイレクトする設定が必要なのですが、SSL化補助機能を利用すれば、自動で設定を行ってくれます。

SSL化補助機能を利用するところ

SSL化補助機能を利用するには管理パネルから「インストール済みWordPress一覧」→「独自SSL設定」→「SSL化補助機能」となります。

SSL化補助機能の設定画面に移動すると、項目が4つあると思います。

  • サイトアドレス
  • 投稿記事・固定ページ
  • テーマ
  • リダイレクト設定

今回の場合、基本的に全ての項目にチェックを入れてもいいでしょう。

チェックをしたら、画面下にある「チェック入れた機能を実行(確認)」を選択し「チェック入れた機能を実行(確定)」と進んで設定を完了させます。

SSL化補助機能の設定が完了したら、正常に動作しているか確認をしましょう。

WordPressの管理画面に移動

WordPressの管理画面(ダッシュボード)でSSLの設定がされているか確認をしましょう。

WordPressのログインを行うところ

まず、WordPressのログイン画面から、管理画面(ダッシュボード)にログインします。

オールドマスク
WordPressをインストールしていない人は、別記事にWordPressのインストール手順を解説してるので、以下の関連記事をご覧ください。


WordPressの管理画面から一般設定を選択するところ

WordPressの管理画面にログインできたら「設定」→「一般」を選択します。

一般設定から「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」のURLをhttpからhttpsに書き換えているところ

「一般設定」にある「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」に記述してあるURLがSSL(https://~~)になっていることを確認しましょう。

もしも、URLが非SSL(http://~~)になっている場合は、URLをSSL(https://~~)にしましょう。

非SSL(http)でブラウザにアクセス

非SSL(http)のURLでアクセスしたらSSL(https)のURLへ301リダイレクト(恒久的な転送)するのを確認するために、ブラウザを使用しましょう。

なぜ、301リダイレクトの設定を行う必要があるかというと、検索エンジンにページの評価を統一させるのと、重複コンテンツ対策のためです。

非SSL(http)とSSL(https)の二つのURLにアクセスできる状態は、検索エンジンがどちらのURLを評価すればいいのか分からず、評価が分散する可能性があります。

また、非SSL(http)とSSL(https)はURLこそ異なりますがコンテンツは同じなので、検索エンジンに重複コンテンツと判定される可能性があります。

以上のことから、検索エンジンにページの評価を統一させるのと、重複コンテンツ対策のために、301リダイレクトの設定をするのです。

ブラウザからhttpの状態でアクセスするとhttpsに301リダイレクトされているところ

ブラウザのアドレスバーに非SSL(http)のURLを入力して、サイトにアクセスしましょう。

301リダイレクトの処理が正常にされていれば、SSL(https)のURLに転送されます。

301リダイレクトの設定をしても、http→httpsに転送されない場合は、ブラウザのキャッシュが原因かもしれないので、キャッシュを消去するといいでしょう。

Google Chromeで右クリックをしたときに表示されるメニュー画面

Google Chromeでキャッシュを消去するには、キーボードのF12(Windows)、またはマウスの右クリックから「検証をクリック」)を押して開発者ツールを表示します。

Google Chromeで再読み込みボタンを選択しているところ

再読み込みボタンを長押しして「キャッシュの消去とハード再読み込み」を選択します。

再び、ブラウザのアドレスバーに非SSL(http://ドメイン名.○○○)のURLを入力してアクセスすると、SSL(https://ドメイン名.○○○)のURLに転送するはずです。

独自SSLの設定が完了したら次のステップへ進む

wpX Speedから独自SSLの設定をする方法について、解説をしました。

サイトをSSL化できたら、サイト公開に向けて次のステップへと進みましょう。

サイト公開に向けて行うべき設定を挙げると以下になります。

  • WordPressテーマやプラグインの導入
  • Googleツール(アナリティクスやサーチコンソール)の導入
  • コンテンツ(テキスト・画像など)の作成及び、記事入れ
  • サイトマップの作成及び、サイトマップの送信
  • etc.

上記で挙げたものに関しては、別記事に解説しているものがあるので、参考にしていただければと思います。

マンガでわかるSEO対策【中古ドメインによろしく】

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

wpX Speedから独自SSLとリダイレクトを設定する方法【WordPress】

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

このエントリーに関連するタグ

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン
Loading...