by Access Japan
販売ドメイン 2140(2021/12/07追加)

15本入荷しました

7本入荷しました

8本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

商品購入でポイント3%還元 | 10本まとめ買いで10%OFF

【中古ドメイン実験企画(載せ替え編)】中古ドメインの購入から納品、Whois情報について

投稿日:2021/11/23 (更新日:NEW

Twitter Facebook はてなブックマーク line

【中古ドメイン実験企画(載せ替え編)】中古ドメインの購入から納品、Whois情報について

前回は、中古ドメインの選定方法について、立ち上げ実験の内容を含めながら少し掘り下げたドメインの選定方法について2パートに分けてご紹介してきました。

今回は調査で選んだ中古ドメインの購入から納品、納品後のwhois情報の変更についてご紹介していきます。

中古ドメインの購入方法

立ち上げ実験のコラムをご覧いただいている方にとっては、同じ内容となりますので簡単に手順だけご紹介させていただき、詳しく知りたい方はリンクを設置しておりますのでそちらをご覧ください。

アクセス中古ドメインで販売している中古ドメインは「Pure Domain」と「VALUE-DOMAIN」の2つのレジストラで管理されています。

中古ドメインを購入する場合には、アクセス中古ドメインのアカウント(AJID)と購入したいドメインのレジストラのアカウント登録の2点が必要となります。
※「Pure Domain」と「VALUE-DOMAIN」どちらも登録していただければ、全商品購入することが可能です。

購入手順

まず、アクセス中古ドメインのアカウントを作成します。(下記URLより登録可能)
https://communityserver.org/entry/

購入したい商品が決まっている場合には、アクセス中古ドメインのアカウント発行と同時にレジストラの登録もこの画面で登録が可能ですし、購入時にレジストラのアカウントを登録することもできます。

すでにアカウントをお持ちの方は(サインイン)より、ログインを行います。

続いて、購入したいドメインをカートに入れていきます。
ページの最上のメニュー一覧にある「商品を見る > 商品一覧」より、販売中のドメインの一覧がご確認いただけます。
また、価格や条件で探したいという方は「商品を見る > 中古ドメイン検索」より、細かく条件を指定して検索することが可能です。

購入する商品をカートにいれたら「購入手続き」画面へ進みます。
この時点で、購入を取消ことも可能ですので、誤ってカートに入れてしまったなどの場合には、納品される商品リストにある「削除」というリンクがありますので、対象のドメインの「削除」リンクをクリックしていただければ、取消できます。

購入する商品に間違いがなければ、ドメインを管理するレジストラのアカウントより「サインイン」していただき、画面に沿って購入手続きを完了させます。
また、レジストラのアカウントをお持ちでない方も「新規登録」ボタンより、その場でアカウントの発行が可能ですので、ご利用ください。

購入した中古ドメインの納品について

納品時期については、支払い方法により異なってきます(下記参照)

クレジットカード決済:注文完了後、すぐに納品されます。
PayPal決済:注文完了後、すぐに納品されます。
銀行振込:入金確認後、通常24時間以内(最大3営業日以内)に納品されます。
ポイント全額支払い:通常24時間以内(最大3営業日以内)に納品されます。

クレジットカード決済、PayPal決済を利用した場合には、注文完了後、すぐに納品されます。

以上が中古ドメインの購入方法となります。

納品後のwhois情報を変更

購入した中古ドメインが納品後、whois情報が前取得者の情報となっているため「whois情報」の変更を行います。
このWhois情報の変更を忘れてしまうと、移管などドメインに対する変更操作に認証メールが受け取れないなどの問題が発生する恐れがありますので、納品後、必ず変更をお願いします。

whois情報とは

Whois情報とは、ドメイン名の登録者などに関する情報をインターネットユーザーの誰もが参照できるサービスの名称で、登録情報は正しいものであることが義務付けられています。

そのため、ドメイン名からwhois情報を検索して登録者情報を誰でも閲覧できてしまうため、サイト運営者として匿名やニックネームなどで個人情報を隠していてもwhois情報から名前や住所、連絡先といった情報を第三者が簡単に確認することができます。

そういった個人情報の公開を避けたいという方のために、各レジストラではwhois情報公開代行というサービスを行っており、公開される情報をレジストラが代行してくれるものとなっています。

whois情報のSEOに与える影響

Whois情報を代行したりして権威性などSEOに影響はないの?という心配もありますが、Googleのジョン・ミュラー氏がTwitterで「SEOに影響はない」と回答しています。

@zakariyausman83:SEOの観点からWHOIS情報を公開しておくことはウェブサイトの信頼と権威に役立ちますか?Google自体はレジストラ(登録者からドメイン名の登録申請を受け付け、その登録データをレジストリのデータベースに登録する機関)であり、任意のウェブサイトのドメイン情報にアクセスできますよね。

@JohnMu:何も変わりません。

@inkovic:それでは、Googleはリンクネットワークとそのようなものを根絶するためにWHOISのようなものからの情報を使用しませんか?

@JohnMu:ドメイン登録を非公開にしても、ドメインはリンクネットワークの一部にはなりません。

そのため、whois情報を代行したからと検索順位が良くなったり、逆に公開しているからと評価が上がるということが今のところ気にする必要はないようです。

まとめ

選定した中古ドメインの購入方法から納品までの流れについてご紹介してきました。

中古ドメインの納品後にメールでwhois情報の変更について、ご連絡が届きますので納品後whois情報の変更を忘れず行ってください。
また、個人情報を伏せたい方は「whois情報代行」を利用することで、住所や電話番号などの個人情報を代行業者のものに変更することができますので、こちらを利用していただければと思います。

次回は、購入した中古ドメインのネームサーバーの変更とWordPressのインストールを行っていきます。

中古ドメイン実験企画記事一覧

実験概要

立ち上げ編

載せ替え編

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!! いちばんやさしい初めての中古ドメイン

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...