by Access Japan
販売ドメイン 2239(2021/10/12追加)

18本入荷しました

8本入荷しました

3本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

商品購入でポイント3%還元 | 10本まとめ買いで10%OFF

【中古ドメイン実験企画(立ち上げ編)】中古ドメインの選定方法【1】

投稿日:2021/10/06 (更新日:NEW

Twitter Facebook はてなブックマーク line

【中古ドメイン実験企画(立ち上げ編)】中古ドメインの選定方法【1】

前回は、中古ドメイン検証・実験の企画概要について、ご案内しました。

今回は実際にサイトの新規立ち上げで使用する中古ドメインをどのように選んだのか「中古ドメインの選定方法」についてご紹介します。

中古ドメインのリアルな情報をお伝えするため、使用するドメインもアクセス中古ドメインで販売している中古ドメインの中より選定します。

パワーランクからドメイン候補を絞り込む

販売リストを見てもわかるように取り扱う中古ドメインの個数が非常に多いため、ここからある程度のドメイン候補を絞り込みます。

まずは、狙いたいメインキーワードで検索上位サイトのパワーランクを調べ、それを基準に、自分のサイトがどのくらいのパワーランクのドメインが必要なのか調査していきます。

パワーランク(ドメインパワー)とは、簡単に言うと運用履歴や被リンク(バックリンク)、インデックス済みページ数などのドメインが持つ様々なデータをもとに総合的なドメインの強さ(価値)を評価したものになります。

パワーランクの調査方法として、今回、無料の「パワーランクチェックツール」を活用していきます。
※「パワーランクチェックツール」には1日の利用回数に制限があるので注意

パワーランクチェックツール
ドメインパワーを測定・チェックできる無料SEOツール。
「パワーランク」とは様々なデータから独自の計算でドメインの強さを計測したものです。パワーランクはSEOの観点から、サイトの強さという視点で評価・判断できます。
https://www.ispr.net/

中古ドメインの候補選び

では、実際にリストの中から今回使用する中古ドメインの候補を選びながら説明していきます。

調べ方としては狙いたいキーワードで上位表示されるサイトのパワーランクを調査し、それを基準にドメイン候補を探していきます。

まず、自分が狙いたいキーワードで検索を行い、上位サイトのURLを1つずつツールに入れてパワーランクを調べていきます。

実験企画の概要でご紹介しましたが、今回新規サイトで立ち上げるサイトのテーマは「ネット副業 初心者」となりますので、こちらのキーワードで検索を行い上位表示のサイトのパワーランクを測っていきます。

上位サイトのパワーランク

上位サイト10件を調べたところ、およそ「60~70程度」のパワーランクであることがわかりました。
これを基準に、アクセス中古ドメインの販売リストから気になるドメインをピックアップしていきます。

実際にピックアップした中古ドメイン

www.teamgear.net(パワーランク:51.7)」こちらを候補にあげました。

www.teamgear.netのパワーランク

理由は、パワーランクでは上位サイトには及びませんが、ドメイン価格の相場も考慮しつつ、立ち上げサイトのスタートダッシュとしての役割を果たし、また一からコンテンツを育てながらでも十分に競合サイトと張り合えるパワーランクのドメインではないかと判断しました。

ここまでが、中古ドメインの候補のリストアップの手順となります。
今回は候補ドメインを1ドメインとしていますが、候補をいくつか用意しておくと後ほど比較もしやすく良いかと思います。

パワーランクチェックツールを活用しながら、アクセス中古ドメインの販売リストの検索フィルター機能を用いることで、ドメイン候補の絞り込みはさほど時間をかけずに行うことができるかと思います。

中古ドメイン選びのポイント

高品質な中古ドメインを使用した方が確かに期待値は上がりますが、必ずしもSEO効果があり成果につながるという保証されたものではありません。

上位サイトのパワーランクが高く候補が見つからない。などの場合には、今回のように予算や目的、運用方針などを考慮しながら最適なパワーランクのドメインを選ぶのも中古ドメインをうまく活用するための秘訣です。

被リンク(バックリンク)の調査

続いて、被リンク(バックリンク)の調査を行っていきます。

中古ドメインを使う大きなメリットとして、過去に運用されていたドメインが持つ被リンクをそのまま引き継げる点にあります。

被リンク数が多ければ、それだけユーザーに有益な情報ページとして評価することができ、権威性のあるサイト(大学や政府など)からの被リンクはコンテンツの信頼性にもつながってきます。

逆に悪意のあるサイトやペナルティを受けているようなサイトからの被リンクは、それだけでサイト全体の評価を落としてしまう可能性もあるため、被リンクの調査は必ず行っていただきたい項目になります。

この被リンク(バックリンク)の調査は難しい作業ではありません。
ドメイン名を入力するだけで被リンクをリスト表示してくれるようなツールが数多く出回っているので、それらを活用していきます。

被リンク調査の流れ

まず、被リンクチェックツールを活用しながら被リンクをリストアップしていきます。
リストアップした被リンクがどのようなサイト・コンテンツからの被リンクなのか1件ずつ確認していきます。

また、複数のチェックツールを使うことで、前回のチェックツールでは拾い切れていなかった被リンクが出てくることもよくあるため、簡約せず試してみてください。

被リンクの見方

  • 権威性のある被リンクが含まれているか
  • 関連性のあるサイトからの被リンクは含まれているか
  • アダルト系や悪質なウェブサイトからの被リンクはないか

今回、候補にあげた「www.teamgear.net」では

  • 被リンク数:761
  • 参照ドメイン:83

「ac.jp(大学)」からの被リンクや「日本経済新聞」などの権威性のあるドメインからの被リンクが含まれています。

また、今回作成するサイトテーマに合った「インターネット」や「副業サイト」などの被リンクも多く、被リンクを活かしたサイト運用ができるのではないかと思いました。

ここまでの作業は被リンク数にもよりますが、およそ30~1時間程度の作業になるかと思います。
被リンク元を1サイトずつ見ていくため、大変かと思いますが重要なポイントになりますのでしっかりチェックしていただけたらと思います。

被リンク調査のポイント

このように被リンクの数だけを見るのではなく、被リンクの質もしっかり見ていく必要があります。
また、Majestic SEOのトラストフローサイテーションフローのスコアもバックリンクの質を判断する手助けになるかと思います。

www.teamgear.netのパワーランク

まとめ

中古ドメインの選定方法と被リンクの調査方法になります。
どちらも中古ドメインを活用する上で重要なポイントになりますので、ぜひ参考にしてください。

次回は引き続き、中古ドメインの運用履歴とドメイン年齢についてみていきたいと思います。

中古ドメイン立ち上げ実験記事一覧

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

中古ドメインでお悩みの方はこちらのまとめ記事をご覧ください アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...