by Access Japan
販売ドメイン 1701(2023/01/24追加)

2本入荷しました

1本入荷しました

13本入荷しました

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

購入金額の3%ポイントバック | 10本まとめ買いで10%OFF

リライトで離脱を防ぐ!コンテンツのSEO効果と記事の選定・修正のやり方!

投稿日:2022/12/27 (更新日:NEW

Twitter Facebook はてなブックマーク line

リライトで離脱を防ぐ!コンテンツのSEO効果と記事の選定・修正のやり方!

SEOを選定して記事を公開したらもうやることはない』と思っている人も多いですが、そんなことはありません。
webマーケティングにおいて、コンテンツなどのリライトも重要です。
リライト次第ではSEOの効果・集客を大幅に増加させることも可能です。その方法などについても今回解説していきます。

リライトとは?

そもそもリライトは『書き直し』という意味があります。
簡単に説明すると、記事などの既存のコンテンツに手を加えることで、よりユーザーに最適なニーズを満たすコンテンツに改善していく作業がリライトの重要な役割になります。

そのことから、リライトする際にもっとも強く意識しなければならないのはユーザーが満足のいく内容になっているかどうかです。

この事を踏まえたうえでリライトのポイントや注意点などをしっかりと解説していきます。

コンテンツマーケティングでもリライトは重要

リライトは、一度書いた記事を修正することでSEOを改善するために行うものです。
SEOは運ではなくGoogleのアルゴリズムによって大幅に上位表示が変わってきます。

Googleのアルゴリズムは公開されておらず、各キーワードによっても傾向が異なります。
それらを完全に把握している専門化は現状存在していなく、皆、それぞれヒントを見つけてそのなかから仮説を立てて試行錯誤しています。

メディアに公開した記事の検索順位などは、結果ではなくヒントになるので、なぜこの記事は上位だったのか』などを分析してリライトをしながら試行錯誤することでより、検索上位にする可能性を高めることができます。

リライトによるSEOの効果は?

リライトをすることで検索エンジンに再評価され、特定のキーワードにおける記事の順位が大きく変動します。
SEO効果を得て検索順位を上げるには、ユーザビリティを意識したより質の高い記事に修正・書き換えることが重要になってきます。

もちろん、リライトした記事の評価が悪くなってしまうと検索順位が下がったり、リライト前の記事と同じ評価を受けてしまったりして、検索順位の変動がない場合も多々あります。
なので、リライトの際は、『読者にとってこの記事は本当に最適なのか?』この事をしっかりと意識しながら修正する必要があります。

リライトするべきコンテンツとは?

ここで注意することとして、既存コンテンツすべてをリライトする必要はなく『この記事はリライトしない』という判断することも大切です。
そもそもこの記事では、上位表示するのが見込めないときや、かけた労力などに対してのコストやリターンが見合わないようならリライトを見送るようにしてください。

また、専門的なコンテンツ内容で自身の知識外の部門なら、そこに無理に時間をかけずに後回しすることも大切です。
優先順位をしっかりとつけてリライトしていくことが肝心ですよ。

検索順位は上位でクリック率が低いコンテンツ

CTR(Click Through Rate)はクリック率とも呼ばれており、ネット広告や自然検索で使われている一種の目安になります。広告やコンテンツなどが、ユーザーに表示された回数のうちクリックにつながった割合を指します。

検索順位が高いのに、CTRが低いということは、クリックがされていないことになるので、訴求力が上手くできていないということになります。

検索順位が低く、表示回数が高いコンテンツ

この場合はいくつかの理由が考えられますが、1番は、上位記事にユーザーを満足させるコンテンツがない可能性が高いです。
そのため、特にリライトに力を入れて行う必要があります。
順位が低いにもかかわらず表示回数やCTRが高いということは、順位が上がってこればユーザーの流入は増加していくからですね。

リライトの際は、タイトルやディスクリプション、見出しなどのタグを最適化させてコンテンツの内容を深めていくようにしてください。
ユーザーの検索意図を明らかにしてコンテンツの内容をしっかりと充実させることが重要です。

更新日が古い記事

作成日が古く、その後も更新などがされていない場合、正しい情報にアップデートする記事はリライトするようにしてください。
ユーザーが記事を読んだときに、その内容が今の時代に合っていなかったり、遅れていたりすると信頼性のないサイトだと思われる可能性が高くなったりします。

ほとんどアクセスを生まないコンテンツが多い場合、優先順位をしっかりとつけてアクセスが多い記事を優先するという選択をとることもおすすめです。

リライトのやり方・手順

リライトはさらにユーザーの流入を増やすためには必須の作業ではありますが、どういうやり方でリライトすればいいのかわからない方も多いと思います。

この『やり方と手順』をしっかりと把握しておくことで、効率よくリライトできてよりユーザーのためにもなるので、覚えておくべきです。

手順は以下の4つです。

  1. リライトの記事の選定をする
  2. リライトする記事の分析をする
  3. リライトする記事の作成・修正
  4. リライトした記事の順位チェック

1.リライトの記事の選定をする

リライトの手順として、まずどの記事をリライトするかを判断します。
ここで注意することとしてリライトする記事を選ぶときは、相対的に検索順位が伸び悩んでいる記事を選ぶようにしてください。

全ての記事をリライトする必要はなく、逆に1ページ目に表示される10位以内の記事は、リライトすることにより検索順位を落としてしまうこともあるので注意が必用です。

ジャンルの傾向が判断しにくい間は、上位記事を安易にリライトしないようにしてください。
最初に取り組むべき記事は、伸び悩んでいる記事で、検索エンジンは反応してはいるが、決め手に欠けるという記事を競合サイトなどを見て改善していきましょう。

2.リライトする記事の分析をする

リライトするときには、どうすれば上位に上がるのかを分析することが大事になってきます。

分析から、仮説を作って、その仮説に基づきリライトをして検証することが重要です。

分析をするときには『検索者の疑問を解決できるか』『専門性の高い内容かどうか』『SEOの基本を忘れていないか』などをしっかりとチェックしながら分析するようにしてください。

3.リライトする記事の作成・修正

記事の分析がある程度完了したら、ここで記事のリライトスタートです。

リライトを行う時に重要となる要素は以下の3つです。

  1. 加筆する形で修正する
  2. なぜリライトするのかを共有する
  3. 競合にはない質の高い記事を書く

4.リライトした記事の順位チェック

記事を公開したら、公開直後の順位変動には細心の注意を払うようにしてください。
もし公開後に検索順位が落ちたのであれば要注意です。

何らかの原因で評価を下げた可能性があるので、すぐにリライト前の記事にいったん戻して変動を見守るようにしてください。(あらかじめ修正前の記事をコピーしておきましょう)

記事の順位が大きく変動しない場合や、順位が上昇した場合は、そのまま順位変動を見守り続けて問題ないです。

順位変動がなかなか起きない場合であっても、数ヶ月経過してかた変動する場合もあるので、そこは焦らず待つようにしてください。

もしリライトして順位が変動したら、なぜ順位が変動したのか、仮説をしっかりと考えておくようにしてください。

SEOリライトのポイント

SEOのリライトのポイントとしては以下の4つがポイントになります。

  1. サジェストキーワードなどを使って調査する
  2. SEOキーワードからユーザーのニーズを探る
  3. 共起語もちゃんと含ませる
  4. 読みやすい文章が再度確認

この4つのポイントをしっかりとやることで、質のいい記事をリライトする確率が高くなり、より多くのユーザーを流入させることができますので、解説していきます。

4.サジェストキーワードなどを使って調査する

Googleの検索窓に表示されているサジェストキーワードやページの下部に表示される関連キーワードなどを上手く活用してコンテンツなどのリライトをするのがおすすめです。

これらを活用することで関連性の高いコンテンツとして上位表示にぐっと近づくことができます。

Googleサジェストは、入力したキーワードと併せて検索されやすい候補のことを言い、ユーザーが実際に打ち込んだ検索でもあります。

ユーザーが検索した意図に関連しているのでリライトするときのテーマ案として活用することができます。
それと同様の似た機能として、関連キーワードなどのリライトには活躍します。

関連キーワードは、後でも解説しますが『共起語』などを参考にして抽出されたキーワードになります。
サジェストキーワードや関連キーワードから記事で取り扱っていないキーワードを選択して新しいテーマを加えるなどしてリライトするのがポイントです。

2.SEOキーワードからユーザーのニーズを探る

SEOキーワードやページキーワードなどで検索ボリュームが大きいものを抽出して、ユーザーが本当に知りたいことを確実に届けるようにリライトするようにしてください。

これをちゃんとやらないと、もともとのテーマが検索ボリュームの大きいキーワードからずれていた、なんてことがあるかもしれません。
キーワードをちゃんと把握することで検索クエリとコンテンツのテーマに合っているかをしっかり確認して必要があればリライトするようにしてください。

3.共起語もちゃんと含ませる

共起語とはキーワードと関連があり、その近くに出やすい単語のことを指します。例えば『オムライス』と検索した場合、ケチャップ・レシピ・卵などが共起語になります。

これは新記事の構成案作成にも有用なのと、すでにある記事のリライトなどにも役に立ちます。
共起語をコンテンツ文章内に含めることはとても大事で、テーマがより網羅的になりユーザーの疑問に幅広く答えられるようになり、その結果記事が上位に入りやすいです。

また、キーワードに近い単語を記事などのコンテンツに含めることにより、これまでとは違う検索クエリでコンテンツ表示されるようになってSEO効果が期待できてユーザーの流入を増やすことができます。

ただし注意することとして、ユーザーの可読性を損なうことなくテーマに沿った形で膨らませることが大事です。
共起語のために文章を無視してたら意味がなくなりますので、あくまで共起語そのものにSEO効果は少ないということを意識するようにしてください。

4.読みやすい文章が再度確認

文章の可読性を高めるリライトをすることは重要です。
そのためには、記事をしっかりと自身で読み込む必要があり、細部まで目を光らせてください。
誤字脱字は必ず訂正して、難しい漢字や難しい言葉などには意味を書いたり、最悪省くよう心がけましょう。
読みやすさには限界がないので、どんな人でも読めるように簡単で読みやすい文章を心掛けることを意識してください。

そうすることで、読者が素早く記事の内容を理解することができて『この記事はわかりやすいから他の記事も見てみよう』となり、結果ユーザーの流入が増えていきます。

単語単位ではなく、文脈に強引なところがないか・意味不明な話の流れになっていないかについてしっかりと意識して、必要があれば書き直すようにしてください。

リライトする際の注意点

リライトする際の注意点をここで紹介しておきます。リライトをする際の注意点は以下の6つになります。

  1. 対策キーワードのインサイトを理解
  2. EATを意識する
  3. 独自・網羅性を高める
  4. 重複ページになっていないか確認する
  5. 著作権法違反に気をつける
  6. 関連記事などのリンクを設置する

もちろん新しい記事作成の際に注意するべきことではありますが、リライトをするときにも大事になってきますので以下のポイントを抑えることで、より記事の評価が高くなるばすです。

1.対策キーワードのインサイト理解

調査したユーザーニーズを満たすのはもちろんなんですが、潜在ニーズに応えることも重要になります。
共起語をチェックしたり、マップなどでユーザーの行動などを分析することでユーザーも認識できていないニーズが見えてくるはずです。 ユーザーの潜在ニーズを把握したうえで記事のコンテンツを作成すればクオリティーの高い記事を作り出すことができて需要が上がること間違いなしです。

2.EATを意識する

EATとはコンテンツ評価基準のひとつで、以下の3要素の頭文字をとった呼び方です。

  • Expertise:専門性
  • Authoritativeness:権威性
  • TrustWorthiness:信頼性
  • このEATをしっかりと理解して満たしていることにより、SEO効果を高めることにも繋がりますので非常に重要な要素になります。 専門的な内容かつ正確な情報を書いて、読者の満足度を高めていくようにしてください。

    3.独自・網羅性を高める

    検索順位などで上位を狙うには他の企業や個人のサイトと差別化を図ることが必要になります。

    そのためには、2つの意識が重要で、1つ目は、『自分のサイトにしかない独自性のあるコンテンツ』になります。最新の情報を取り入れることはもちろんのこと、ユーザーの知りたいこと・解決したいことについて的確に執筆する必要があります。
    また随時記事の更新をすることで新しい情報だということをアピールすることも大切です。

    2つ目は、『提供するコンテンツの網羅性』になります。競合サイトのコンテンツを常にチェックしつつ、自分のサイトに書かれていないユーザーニーズを満たすものを漏れなくサイトに取り入れていく必要があります。そうすることで必然と網羅性も高まるはずです。

    4.重複ページになっていないか確認する

    テーマが同じ複数の記事のことを重複ページと呼び、重複ページが存在することにより、ユーザーの利便性などが低下して検索エンジンから評価がされづらくなってしまいます。

    そのため重複ページは、1つの記事のテーマを統合してリライトするよう心がけましょう。 あまりにも低品質の記事の場合、削除するということよひとつの方法で、それによって評価の向上に繋がることもあります。

    5.著作権法違反に気をつける

    著作権とは、知的財産所有権のひとつで、著作者が自己の著作物の複製や放送などを独占することを指します。
    他人の著作権などを侵害してしまうと、損害賠償責任や、最悪訴訟などにもなりかねません。そのため記事の執筆をする際には、十分に注意をする必要があります。

    例えば、文省に『引用文』を使いたい場合には、どこからどこまでが引用なのかをわかるように明確にして、必ず引用元を記載するするようにしてください。
    また引用以外でも、転載する場合などは、その転載する本人の許可が必要になってきます。

    文章だけでなく画像やイラストなどにも著作権が存在するので、フリー素材以外の画像を使用する際には、許可をとるようにしてください。

    6.関連記事などのリンクを設置する

    記事と関連性が高いコンテンツなどを内部リンクとして記事内に設置するのがおすすめです。

    内部リンクを設置することにより、ユーザーがサイト内をストレスなく回遊することができたり、検索エンジンが正確にサイト巡回するための手助けになります。
    この内部リンクを設置しておくことで、結果、評価の向上につながることになるので記事を書いたら設置するようにしてください。

    また、記事を新しく作成した場合には、今までなかった関連性がリライトをするときに生まれてくることが多々あるので、しっかりとチェックして関連コンテンツのリンクなどを追加したりするように工夫・対策してください。

    リライト方法を学ぶことで、より質の高いコンテンツにすることができる!

    いかがだったでしょうか?リライトについていくつかのポイントを紹介してきました。リライトをする際に忘れてはいかないのがその記事がユーザーにとって価値のあるものかどうかです。検索意図に沿ったユーザーが求める記事のコンテンツなのかを考えるようにしてください。

    SEOを用いたコンテンツマーケティングを行う場合には、リライト記事が上手くいかないことには話になりません。しっかりとユーザーの行動や競合サイトからヒントを集めたうえで仮説を立てて対策・修正をしたりよくチェックするようにしてください。

    SEOの対策やリライトについて学びたい方はこちらもチェック!

    SEOはデジタルマーケティングにおいて重要な役割を果たします。ただ記事を書いたら終わりではなく集客をするうえではリライトなどをして質の高いコンテンツを世に提供することが必須です。
    しかしリライト方法などは独学で学ぶのはどうしても難しいことがあります。
    本を読んだりしても、書いてあることが難しく理解ができないまま間違った方法をやってしまい、集客できないことも中には存在します。

    そこで弊社のサイト『アクセス中古ドメイン』ではSEO対策からリライト方法なども踏まえて役立つ情報を数多く提供したり、SEO対策に最適な中古ドメインの選び方・販売などを行っております。独学で学ぶことに限界を感じている方や集客について困っている人は、ぜひ興味のある方はぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。
    きっと皆さんのお役に立てること間違いなしです。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク line

チャットでのお問い合わせでは、以下の場合、対応を中断させていただくことがございます。予めご確認ください。

また、お問い合わせいただきましたチャットの内容は、お客さま対応の品質の維持・向上のため記録させていただきます。

プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせをお願いします。https://communityserver.org/privacy/

Loading...