SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 208(2017/04/20追加)

25ドメイン入荷しました

13ドメイン入荷しました

46ドメイン入荷しました!

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

アフィリエイターが日本語ドメインから中古ドメインに移行しているワケ

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

アフィリエイターが日本語ドメインから中古ドメインに移行しているワケ

運営するサイトに日本語ドメインを多用していたアフィリエイターが中古ドメインに移行しています。
これはどんな理由によるものなのでしょうか。

アフィリエイターにとって重要なドメイン選択のポイント日本語ドメインの特徴について紹介します。

日本語ドメインのSEO効果

日本語ドメインが脚光を浴びた時期がありました。
我々からすれば見た目にもわかりやすく、検索エンジンでの上位表示の効果があるといわれたこともあり、日本語ドメインを多用するアフィリエイターも多くいました。
しかし、実際は日本語ドメインであるという理由だけでは検索順位にそこまで大きな影響がないことが明らかになってきました。

そのため日本語ドメインを多用していたアフィリエイターも中古ドメインに移行している傾向が強いようです。

効果がないわけではないが

確かに日本語ドメインには分かりやすく覚えやすいという大きなメリットがあります。
印刷物にサイトのURLを表記するような場合には、大きな効果を発揮すると思います。
また、検索結果に表示されるような場合にも日本人からの視認性が高くクリックされやすいという効果も期待できます。

無理して選択する必要もない

検索順位に大きく影響がないのであればアフィリエイターにとってあまり魅力は感じられないのかもしれません。
日本語ドメインがよくないというよりは、あえてわざわざ日本語ドメインを選択する必要性が薄くなったという認識も持つことができます。

日本語ドメインとサイト内容とのマッチング問題

半角英数字で構成される通常のドメインであれば、どんなドメインであってもそれほど気になることはないと思います。
しかし、日本語ドメインを使用すると扱う商材と日本語ドメインの言葉が、かけ離れている場合は違和感が強くなります。
そのためサイトの内容を変える事が多いアフィリエイターにはあまりオススメできませんし、中古ドメインに移行された要因のひとつかもしれません。

また、日本語ドメインはメールアドレスとして利用することができないため、ドメインとメールアドレスが一致しません。

使いどころが限られる

日本語ドメインの特性を考えると、多くのサイトを運営するアフィリエイターが使用すべきなのは半角英数字のドメインの方が良いと思います。
半角英数字のドメインであれば中古ドメインとしても多くあり、サイトの内容が変わっても極端な違和感は生じずらいでしょう。

理解できるが故に生まれる違和感

日本語ドメインだから大きく不利になると言い切ることはできませんが、ターゲットが日本人の場合はやはり違和感が強いと思います。

また、日本語ドメインのメリットは視認性ということを言いましたがサイト内容とかけ離れている場合、それ故のデメリットの方が大きくなるかもしれません。

アフィリエイターの多くは中古ドメインを選択

多くのサイトを運営するアフィリエイターにとっては、手間をかけずにどれだけ早く成果を出すかということがとても重要です。
そのための効果的な方法のひとつとして、中古ドメインの利用があげられます。

なぜ選ばれるのか

中古ドメインを取得すると、そのドメインが持つバックリンクドメインエイジインデックスやカテゴリ登録などの資産を引き継ぐことができます。
長期間の運用歴のあるドメインやバックリンクの多いドメインは、検索エンジンから評価されるため検索結果で上位表示される可能性が高くなるのです。

このようなドメインが持つ資産は本来は何年もかけて蓄積されるものです。
それを一瞬にして手に入れることができるため、中古ドメインを選択するアフィリエイターが増えています。

最初から被リンク獲得済み

中古ドメインは、バックリンクも多い傾向があります。
新規にドメインを取得してバックリンクを増やす作業をすれば大変な労力が必要になり、効果が出るまでの時間もかかります。
中古ドメインであれば最初からバックリンクがついていますので、時間と労力を大幅に減らすことが可能になるのです。

運用履歴で信頼度を増せる

ドメインが登録されてからどれだけの期間が経過しているかを表すものがドメインエイジです。
ドメインエイジが長いドメインほど、検索エンジンは高い評価をする傾向があります。
そのため長い期間、運用されていたドメインであれば検索した際に上位表示される効果が期待できます。

ドメインはサイトありき

アフィリエイターには中古ドメインをオススメします。
また、日本語ドメインであっても自分のサイトの目的に一致しており、違和感がなければ問題はないでしょう。

中古ドメインであればそれだけで良いというわけではありません。
コンテンツやデザインなど様々なところに目を向けるのも忘れてはいけません。

それらを適切に行い継続的なサイト運用を心掛け、自分のサイトの目的に適した中古ドメインを利用すれば成果を更に高めることができるでしょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

アフィリエイターは日本語ドメインより中古ドメインを選んでいる

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+