中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1701(2018/01/22追加)

23本入荷しました

27本入荷しました

86本入荷しました

  • ブロンズ…1032
  • シルバー…598
  • ゴールド…46
  • プラチナ…25
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【内部対策】被リンクだけに頼らないSEO対策を行おう

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【内部対策】被リンクだけに頼らないSEO対策を行おう

中古ドメインの利用によりSEO対策を有利に進めることができ効果の底上げにもなります。

ですが、中古ドメインの利用だけでSEO対策はすべてうまく行くわけではありません。

また、被リンクによる外部対策の効果も薄れている中、まずは内部対策をしっかりと行う必要性があります。

中古ドメインの利用に関わらず、コンテンツの充実やサイト内記述の最適化など内部対策の重要性は高まってきています。

中古ドメインのSEO効果だけをアテにしてはいけない

質の高い中古ドメインを利用することはSEOに効果的ではありますが、利用しただけでSEO対策が成功したわけでも完了したわけでもない、ということは覚えておきましょう。

中古ドメインを活用するためにもサイトの基礎がしっかりとしていなくてはいけません。

また、中古ドメインを利用していたとしても、やらなければならないSEO対策やサイト運用があるからです。

トニー
中古ドメインの導入はゴールではなくスタートです

内部対策が重要になっている理由

内部対策の重要性が注目されており、しっかりと作りこみを行っているサイトが検索エンジンから高い評価を受けることがあります。

内部対策とはサイト内のソースコードの記述を簡潔にしたり、コンテンツの中身を充実させたりといった、「サイトの作り方や運用そのもの」に関するものです。

トニー
要はサイトをしっかりと作り込むことです

主な内部対策とは

一般的に内部対策の施策として言われているものは、

  • HTML最適化
  • タグ・見出しの最適化
  • キーワードの最適化
  • タイトルの最適化
  • ディスクリプションの最適化

などが、あげられます。

HTML最適化

HTML最適化をすることは、クローラーに適切にサイトのことを伝えるということが目的です。

しっかりとした内容があるサイトであっても、クローラーに理解されにくい作りになっていると適切な評価を受けられません。

クローラーが理解しやすい文法でHTMLを記述し、タグ付けやタイトルの工夫を凝らすといった改善をしていきます。

同じソースコードであっても、より理解しやすく整理されている記述の方が評価されやすいからです。

タグ・見出しの最適化

見出しに利用するh1~h3タグを最適化しましょう。

見出しを適切なものに改善することはユーザーの利便性にも影響しますので重要です。

また、ページ構成を検索エンジンに適切に伝えるという効果もあります。

見出しのキーワードを少し改善したことで、検索エンジンからの評価が高まったこと経験もあり簡単な改善箇所でも無視できないと感じています。

タイトル・ディスクリプションの最適化

記事タイトルも内容に対して、適切なものをつけられているか見直してみましょう。

タイトルには自然と狙っているキーワードが含まれますが、キーワードの並びや組み合わせも考慮してみましょう。

また、タイトルを見直す際は同時にディスクリプションも見直すことになるでしょう。

ディスクリプションはページに対する説明文の役割を担っています。

各ページに最適なディスクリプションを設定するようにしましょう。

また、SEO面だけでなく、ユーザーがクリックしたくなるような魅力的なタイトルやディスクリプションを作成できればより効果は高まります。

キーワードの最適化

見出し・タイトル・ディスクリプション、すべてに共通してキーワードを見直してみることも重要です。

キーワードに対して良い検索結果を獲得できていないということは、キーワードの使い方が悪い可能性やキーワードに対するコンテンツの内容が他より劣っていると考えることができます。

HTML最適化・見出し・タイトル・ディスクリプションの最適化もコンテンツSEOに通じる面がありますので、ページやコンテンツ全体として質を高めていくことが内部対策では求められます。

コンテンツSEOは内部対策と外部対策を兼ねている

コンテンツの質を高めていくことで集客やSEO対策をしていくコンテンツSEOはとても重要です。

コンテンツSEOを行うことは内部対策と外部対策を兼ねているからです。

むしろサイトの質を高めていくことに繋がるコンテンツに力を入れるのは当たり前と言えますが、過去のSEOで効果を上げていた被リンク対策が主流になっていた時期はあまり重要視されていませんでした。

被リンクを集めるだけで、検索上位を実現できていた時代はとっくに終焉を迎えています。

仮に実現できたとしても肝心のサイトやコンテンツがすかすかで何の価値も面白みもなければユーザーは利用しようとは思わないでしょう。

トニー
サイトやコンテンツ自体の内容がしっかりしていないと意味がありません

コンテンツの質を高めることは内部対策に直結

コンテンツの質は記事の内容はもちろんですが、

  • タイトル
  • 画像の使い方
  • 見出し
  • デザイン
  • サイトの回遊性

など、サイト自体の質を高めていくことに直結します。

コンテンツSEOが重要視されて、

  • キーワードをたくさん含めたほうがいい
  • 文字数が多いほうがいい
  • TOPページに多くのテキストを追加したほうがいい
  • などの、声をたまに耳にしますが、それがユーザーの為になっているなら行ったほうがいいでしょうが、キーワードの量や文字量で決まることはないということは言っておきます。

    コンテンツの質を高めようと考えるなら、これまでのSEOに関する思い込みを忘れてまずは純粋に面白いもの、タメになるものを作成したほうがいいでしょう。

    内容が満足いくものが出来てから、SEO的な要件を付け足していくことでユーザーにも検索エンジンにも適切なアピールが出来るコンテンツができます。

    コンテンツから外部に波及させる

    質の高いコンテンツが用意できていれば、ユーザーからの支持に繋がります。

    ユーザーは検索するときにSEO的な要件を満たしているサイトを探しているのではなく、自分が欲しい情報や質の高い情報を求めています。

    サイトのコンテンツを充実させることで、ユーザーの人気を高め、情報の拡散を狙えます。

    必然的に質の高いコンテンツには自然リンクが集まりますし、SNSなどでシェアや拡散されることによりアクセス獲得や認知度の向上という外部対策の一部を担うこともできます。

    ユーザーの為になることをやる

    サイトを運用していく上で、改善することや上位表示実現のために行うSEO対策も、ユーザーの為になるかどうかを考えてから行うべきです。

    サイトの状態はどうなのか、仮に現時点で上位表示が出来たとしても満足させることが可能なのかということを考えて行いましょう。

    サイトの状態を考えずに被リンク対策などを行っていても効果は出ません。

    サイト自体が総合的に評価された上での結果が検索順位だと考えれば、なにをまずやればいいかは自ずと見えてくるでしょう。

    被リンクによる外部対策はタイミングを見て行うべき

    被リンク効果の残像や幻想が未だに残っているのか、サイトをリリースしてすぐに被リンク対策を行ったり、検索順位だけを見て被リンクを何本貼れば順位は上がると言っているSEO業者などはまだいます。

    確かに被リンクも未だに評価対象ですし、重要な要素であることには変わりませんが効果は小さくなってきていると感じます。

    適切なやり方で行えば、被リンクの効果はありますが、過去に効果を生んでいたやり方ではリスクしかないといえるでしょう。

    トニー
    未だに何本リンクを貼ればいい、などと無根拠なことを言っているのを耳にすることがあります

    中古ドメインの利用を被リンク対策に代用する

    中古ドメインは被リンクを保持しています。

    サイトリリースの段階で、中古ドメインを利用しているのであれば被リンク対策をある程度施している状態であるということができます。

    中古ドメインを利用して、リリースからある程度サイトが軌道に乗るまではコンテンツ制作に集中していくことをオススメします。

    あらゆる対策や改善をしてから被リンク対策を行う

    あらゆる要素や可能性を潰していった上で、これ以上やりようがない、どうしても差が縮まらないなどの状態になってから本腰を入れて被リンク対策を行うぐらいの判断でいいかもしれません。

    サイト自体の力だけである程度の順位や成果に辿り着けないようであれば、サイト自体がまだまだ弱いといえます。

    実際に、コンテンツSEOだけで検索上位を獲得した経験からもサイト自体の力で勝負してある程度の結果を残せるものを作成することが近道だと感じています。

    サテライトサイトは気合いを入れて作成したほうがいい

    サテライトサイト中古ドメインを利用して価値を底上げするのも有用ですが、それだけではやはり効果は生まれにくいでしょう。

    実際に、メインサイトと並行して一つか二つのサテライトサイトを運用していくようなつもりで作成していったほうがいいでしょう。

    キーワードだけ含んだ記事やペラサイトを急に用意して被リンク対策を行っても全く効果はないですし、むしろ評価は下がってしまうかもしれません。

    価値あるサイトからの被リンクがSEOに効果がある被リンクです。

    そう考えれば、サテライトサイトをどのように用意して運用していくかが見えてくるでしょう。

    内部対策・コンテンツSEOをまずは行いましょう

    サイト運用開始してからは、サイトの出来があまりにも良いなどの例外がない限り、中古ドメインの場合でもすぐに評価が高くなるわけではありません。

    まずは内部対策とコンテンツSEOをしっかりと半年は意識して行うべきでしょう。

    日々、コンテンツを作成することはサイトに資産を貯めていることと同様な行為です。

    資産価値を高めるためには、質の高いコンテンツが必要です。

    逆に言ってしまえば、質の悪いものを蓄積してしまうと評価は下がっていくということです。

    質が低いサイトやコンテンツには、被リンクもつきませんし、ついたとしても質の悪い被リンクになってしまいます。

    今後行う可能性がある被リンク対策などの外部対策の効果を高めるためにも、まずはサイト自体の価値が高まるように内部対策、コンテンツSEOに力を入れましょう。

    この記事を読んだ人はこれも読んでいます

    【内部対策】被リンクだけに頼らないSEO対策を行おう

    この投稿が気に入ったら
    シェアしてください。

    Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

    厳選されたオールドドメイン

    SEOに効果的な
    中古ドメインを探してみる
    中古ドメイン一覧
    • サテライト

    • SEO対策

    • アフィリエイト

    • 高品質

    • 即時納品

    • 返品保証

    アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

    TLDでドメインを探す

    パワーランクでドメインを探す

    アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン