SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1043(2017/07/27追加)

20本入荷しました

23本入荷しました

23本入荷しました

  • ブロンズ…603
  • シルバー…285
  • ゴールド…144
  • プラチナ…11
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【SEO対策】被リンクSEOだけに頼らない、内部対策

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【SEO対策】被リンクSEOだけに頼らない、内部対策

中古ドメインを適切に使うことで、素早く大きなSEO効果を生み出すことが可能です。
ただし、中古ドメインを取得して使用するだけで全てうまくいくという考えは完全に誤っています。

中古ドメイン取得後でもサイト運用時には、サイト内記述やコンテンツ制作による内部対策や、被リンク獲得などの外部対策を行う必要があります。

中古ドメインのSEO効果だけを過信しない

質の良い中古ドメインにはSEO効果がありますが、利用するだけでSEO対策が完了したわけではありません。

もちろん、質の良い中古ドメインの場合、何もしなくても効果を生んではいますが中古ドメインを活かしているとは言えません。
また、中古ドメインを活かしていたとしてもそれ以外にもやらなければならないSEO対策があるからです。

サイトに対して適切なSEO対策を

中古ドメインの力を引き出すためには、適切なSEO対策が必要になります。

SEO対策は大きくわけて、「外部対策」と「内部対策」に分類されます。
外部対策は主にバックリンク資産(被リンク)を活用や獲得するための施策、内部対策はコンテンツ作成やユーザビリティの改善、または検索エンジンに対してソースの記述を改善するなどの施策です。

中古ドメインを利用していたとしても

中古ドメインを利用していたとしても、サイトを運用していく上で必要なSEO対策は行うべきです。

サイトの状況や内容により行うべき施策に違いは生まれるでしょうが、共通して言えることは中古ドメインを利用時もSEO対策は必須であるということです。

中古ドメイン利用時にすべき外部対策

中古ドメインが持っているバックリンク資産を活用するため、過去のURL構造やディレクトリ構造の再現、301リダイレクト転送設定によるユーザの誘導などを行います。

中古ドメインの利用が外部対策の一部とも言える

中古ドメインはすでに多数の被リンクを獲得している場合が多くあります。
この点から考えても、中古ドメインを利用しているだけで被リンク対策を行っているということもできます。

選定から被リンクは意識しておくべき

中古ドメインが持っている外的な資産を有効活用することが中古ドメインを利用する目的でしょう。
ですから、選定する時から中古ドメインの特徴を意識しどう活かすかを考えておくべきです。

特に中古ドメインの被リンクの質を注視することは重要なポイントです。

サテライトからの被リンク対策も視野に入れておく

中古ドメインの場合もサテライトサイトからの被リンク対策を行うことも必要な場合があります。

サテライトサイトも中古ドメインを利用することで効果が高まりますし、状況や必要に応じて様々なSEO対策を視野に入れておいた方が中古ドメインを利用した場合であっても大切です。

高まってきている内部対策の重要性

内部対策とはサイト内のソースコードの記述を簡潔にしたり、コンテンツの中身を充実させたりといった、「サイトの作り方や運用そのもの」に関するものです。

内部対策の重要性が注目されており、しっかりと作りこみを行っているサイトが検索エンジンから高い評価を受けることがあります。

HTML最適化

検索エンジンは、自動でサイトを巡回するプログラムを走らせ解析するロボット型が主流です。
このロボット型検索エンジンは定期的にクローラーと呼ばれる仕組みで、webサイトのコンテンツを取得していくのです。

クローラーが理解しやすい文法でHTMLを記述し、タグ付けやタイトルの工夫を凝らすといった改善をしていきます。
同じソースコードであっても、より理解しやすく整理されている記述の方が評価されやすいからです。

これは「HTML最適化」と呼ばれ、内部対策のひとつです。

タグの最適化やキーワードの見直し

タグの最適化も重要な要素です。

例えばタイトルタグ~で囲まれた部分を全角32文字以内に収めることで、検索結果に表示される際に文末が省略されずに表示されます。
全角32文字以内で必要なキーワードを盛り込んだタイトルをつけることにより、アクセスを集めやすくなると考えられています。

タイトルやディスクリプションも工夫する

見出しタグの最適化やサイト内のキーワードの数などを工夫することも、内部対策となります。

異なるページで完全一致したタイトルやディスクリプションがあるのは、SEO内部対策を考えるうえではマイナスの要素となってしまいます。

コンテンツの質が必要な理由

コンテンツの質が非常に重要になっています。

外部対策で獲得したバックリンク資産により、検索順位は上位に表示されていたとしても、実際のコンテンツの中身がお粗末であれば、継続的にアクセスを集めることは難しくなっていきます。

ユーザーに訴求できるコンテンツ

ブロードバンド環境やWi-Fi環境、スマートフォンの普及によってネット社会が拡大し、日々膨大な量の情報が生み出されています。
このような状況の中で、ユーザは不要な情報を排除し、質の高い情報を求めているのです。

不要な情報には、ほとんどアクセスが集まらない一方で少しでも人々の共感を得て有効な情報と認められるコンテンツは、瞬時に圧倒的なアクセス数を稼ぎ出します。
多くの情報が排除される中で生き残るのは、訴求力の強いコンテンツであるということがいえます。

コンテンツからの波及を考えておく

質の高い情報の記事を継続的に作成し、コンテンツの露出を増やしながら被リンクを蓄積していけば、中古ドメインが保持していたバックリンク資産との相乗効果によって、より高い検索順位を目指すことも可能です。

外部対策でうまく中古ドメインのバックリンク資産を活用しながら、同時に内部対策でコンテンツの質を高めていくということが、サイト自体の評価を高める近道なのではないでしょうか。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

被リンクSEOだけに頼らない内部対策

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+