SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1043(2017/07/27追加)

20本入荷しました

23本入荷しました

23本入荷しました

  • ブロンズ…603
  • シルバー…285
  • ゴールド…144
  • プラチナ…11
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【被リンクSEO】ドメインパワーを活用した被リンク対策

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【被リンクSEO】ドメインパワーを活用した被リンク対策

SEO対策を行う上で、コンテンツの重要性が高まってきています。
ですが、依然として被リンクSEO(被リンク対策)はサイトの検索順位向上に関して重要な対策です。

被リンクSEOを行うにあたって知っておくべき基礎知識やドメインパワーの活用に言及しながら紹介していきます。

依然として被リンクは重要

被リンクだけで検索上位を狙うのが難しくなったというだけで、効果がなくなった、重要ではなくなったというわけではありません。

ただ、被リンクの量だけを集めても意味がなくなったというだけです。

被リンクの評価の仕方に変化

被リンクは信頼度です。
量だけたくさん抱えていても信頼度が高いとは言えなくなり、ひとつひとつのリンクが持つ質が重要になるからです。
質の良い被リンクは資産となり効果を生み出します。

コンテンツの重要性が高まっているのは事実ですが、被リンクに効果がないということではありません。

コンテンツとも密接な関係

コンテンツと被リンクはとても深い関連性があります。
内部対策外部対策という言葉で別物のように感じるかもしれませんが、被リンクはコンテンツ自体やコンテンツを提供しているサイトに送られるものになりますので、コンテンツも高めていく必要があるのです。

被リンクを獲得する意味

被リンクを獲得することにより、インターネット上におけるサイトの露出度が向上し更なるリンクの獲得にも繋がります。
被リンクの質や量が優れているサイトは、検索エンジンから信頼されやすい傾向にあります。

人気や信頼度が高いサイトから被リンクを集めることができれば、効果は期待できます。

サイトに被リンクがなぜつくのか

検索エンジンは被リンクの質を見て、人気と信頼度を元にサイトの重要性を判断され、検索順位に影響していると考えられます。
このように被リンクSEOはコンテンツと共に検索順位向上に欠かせない要素として存在しています。

理屈ではわかるでしょうが、被リンクがつく理由は、自作自演やスパムでない限りユーザーに良いと思われたからです。
サイト自体やコンテンツの内容やサービスをいいと思われてこそ、被リンクが送られるのです。

基本はユーザーを意識して自然リンクを獲得

ユーザーにメリットもない、意味をなさないリンクやSEO目的のためだけのリンクや有料リンクなどは効果はありません。
重要なのは、サイトを見た人がコンテンツの内容に興味や関心を持つことによって評価し、そこから生まれたリンクです。

このようなリンクを自然リンク(オーガニックリンク)と言い、このような自然リンクが発生すれば被リンクの質は高まりサイトの資産となります。
しかし、自然リンクを多数獲得するためにはそれなりの時間と労力を必要とし容易ではありません。

自然リンク獲得は容易ではない

コンテンツを充実させたことで確実に自然リンクが獲得できるという保証もありません。
ですが、ユーザーに価値があると思わせられるようなサイトでないと自然リンクの獲得は難しいでしょう。

自然なリンクを集めることは重要ですが、自然リンクだから全てのリンクの質が良いとも言い切れません。
中には自然リンクでもマイナスの影響をもたらすものもあります。
やはり、ユーザーにとって必要なリンクやサイト自体から見ても必然的に貼られたリンクなのかということが重要です。

質の良いリンクだけを集めるのは無理

被リンクを集める際に良いリンクばかり集めることはできません。
スパムサイトからや、関連性のないサイト外国のサイトからのリンクもあるかもしれません。

自分のサイトにどのようなリンクがあるのかということをしっかりと把握することが重要になります。
質の悪い被リンクペナルティなどの原因になりますし、ドメインの価値を下げる恐れがあります。

ドメインパワーを活かした被リンク対策

これまでサイトの価値を高め、ユーザーにとって意味や価値がある自然リンクを獲得することが重要だと言ってきました。
ですが、自然リンクが確実に発生するかということは言いきることはできません。

被リンク対策の代表格、サテライトサイト

どのようにすれば被リンクを集められるかというと、サテライトサイトを作成しそこからリンクを集めるという手法がよく取られます。
リスクもありますが、多く用いられている手法のひとつになります。

被リンク対策用のサテライトサイトを作成し、そこから被リンクを貼るというだけではいけません。
サテライトサイト自体に価値を持たす、サテライトサイト自体にドメインパワーがある状態にしなければなりません。

中古ドメインのドメインパワーを利用する

中古ドメインをメインサイトであろうとサテライトサイトであろうと使用する場合、ドメインパワーが影響してきます。
ドメインパワーをより高めるにはサイト自体の質を高めることが必要になりますので、サテライトサイトでもしっかりと構築、運用していきましょう。

中古ドメインはドメインパワーが既にある

ドメインパワーは、文字通りドメインが持っている力のことで取得されてからの期間の長さや持っている被リンクの質と数運用実績などを元に決まるとされています。
サテライトサイトを構築しメインサイトにリンクを貼る場合も、ドメインパワーが強いものであれば、被リンクSEOの効果も高まります。

また、ドメインパワーの強い中古ドメインを取得してサテライトサイトを構築すればサテライトサイト自体の力も高いところから始められます。

中古ドメインの属性を調べる

中古ドイメンを取得する場合には、かつてそのドメインがどういった情報を扱うサイトに使用されていたのかを考慮する必要があります。
以前使用されていたカテゴリーやトピックと同じか近しいサイトを構築することで、ドメインパワーの恩恵を受けやすくなります。

Wayback machineで運用履歴を調べたり、AhrefsMajesticSEO、SEOMOzで被リンクを分析することである程度の判断ができるでしょう。

ドメインに適したサイト構築

できるだけ狭く深く、専門性が高く独自性のあるサイトを運営することができればドメインパワーをより高めることができます。

被リンクSEOを実施する際には、このようにリンク元のサテライトサイトのドメインパワーを意識して作りこみを行うことによって、メインサイトの検索順位向上により貢献することができます。

ドメインパワーを活かしたサテライト

サテライトサイトを使って被リンクSEOを行う際は、

  • ドメインを取得してからの時間や運用期間
  • 以前使用されていたカテゴリーやトピックの調査
  • 使用されていたカテゴリーと同一分野での専門性の高さ

を意識して、サテライトサイトを構築していきましょう。

最低限上記のことを意識して被リンクSEOを行えば、取得した中古ドメインのドメインパワーを無駄にせず、効率的にメインサイトの検索順位を向上させる可能性が高まります。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

ドメインパワーを活用した被リンクSEO

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+