中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1406(2017/10/20追加)

21本入荷しました

33本入荷しました

11本入荷しました

  • ブロンズ…918
  • シルバー…377
  • ゴールド…91
  • プラチナ…20
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【SEO対策】先を見据えたSEOを考える

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【SEO対策】先を見据えたSEOを考える

その場しのぎのような、思いつきや流行りの施策を繰り返していてもSEO対策の正解に辿り着けるはずはありません。
10年先、20年先を見据え、将来に渡り長い期間、効果を発揮し続けるSEO対策を考えていく必要があります。

一過性の効果だけで一喜一憂していては、SEO対策をしていると言うことも憚られますし、あまり意味がないからです。

これまでのSEOを見直してみる

これからのSEOを考える前に、今までのSEO対策がどのようなものであったのかを見直してみましょう。

アルゴリズムは常に進化していますし、全てではありませんが同じことをいつまでもやり続けていても仕方がない場合もあるからです。

検索エンジンへの誤魔化しに終始

2000年代に入り、Googleが登場しました。
Googleの登場以降も、検索エンジを騙す手法が多く用いられていました。
当時のGoogleの検索エンジンは、現在と異なり簡単に騙すことができました。

コンテンツの内容やユーザビリティなどをおざなりにしていても、上位表示が可能でした。

被リンクの影響が大きかった

外部から被リンクを集める、いわゆる被リンク対策の効果が大きく、数をとにかく集めるだけで高い効果が得られていました。

被リンクの獲得は今でも重要な要素のひとつではありますが、闇雲に数だけ集めるだけでの効果は期待できなくなりました。
ですが、今でもSEO業者や自分で被リンクをとにかく多く集めるというSEO対策が行われています。

検索エンジンを騙すことは無意味

検索エンジンを騙して上位表示を実現してもサイトの質が伴っていなければ、成果に結びつかないでしょう。
また、検索エンジンは日々アップデートやアルゴリズムの改善を繰り返し騙されないように対策を強化しています。

騙され続けるような検索エンジンでは、ユーザーの役に立たないからです。

精度は増し続けていると考えておく

検索エンジンの精度の向上

検索エンジンはユーザーに最適な検索結果を提供することが目的です。
騙そうとしているサイトやページはGoogleなどの検索エンジンから言わせれば、邪魔な存在でしかありません。

騙され続けていれば、検索エンジン自体に価値がなくなります。
自身を騙し、価値の低下に繋がるようなサイトへのペナルティや対策を強化していると考えてなんら疑問もありません。

これから進むべきSEO対策

Googleの技術や検索エンジンの精度はこれからも進歩していくと、当然考えられます。
そのため、一時的な効果があった程度のSEO対策では長期的な目線で捉えると効率的な対策と言うことはできません。

検索エンジンを騙すことは、ユーザーを騙すことと同じです。
質が低いサイトに騙されて訪れたユーザーは二度と訪れようと思うことはないからです。

これからは検索エンジン同様にユーザーを強く意識したSEO対策が重要になります。

ユーザーの希望を叶えるサイトを目指す

検索エンジンを騙すことを考えるより、ユーザーの希望を叶える、利用してよかった、また利用したい、と思わせることの方が重要です。

検索エンジンにも適切に評価され、尚且つユーザーに良いと思って貰えるにはどのようにすればいいのかを考えていきましょう。

コンテンツを疎かにしない

独自性が大事

コンテンツの重要度は増しています。
コンテンツSEOが重要視されるようになったのは、検索エンジンの精度の向上にも起因します。

今までは、検索エンジンがコンテンツを正確に評価することができていなかったため、SEO対策でコンテンツが疎かにされてきていました。
コンテンツの充実や独自性を持たすことで、ユーザーの関心やニーズを満たすことでサイト評価が高まると同時に、自然な被リンクの獲得にも繋がります。

ユーザビリティの追求

ユーザビリティや利便性を考えましょう。
使いやすさにより、ユーザーの満足度は大きく左右されます。

表示までに時間がかかる、動作が重い、ページが見にくい、などせっかく質の高いコンテンツを用意したとしても利用する際にストレスがかかればユーザーの不満は高まり離れて行ってしまうでしょう。

また、ユーザーの利用環境はそれぞれ違います。
それぞれの環境に適した利便性を追求しましょう。

意識すべきポイント

当たり前のことを継続してSEO対策の柱を持っておくことが重要です。
小手先の施策も状況に応じて行っても構いませんが、柱となるSEO対策を続けていくことで長期的な効果が得られます。

アルゴリズムのアップデートで順位の変動に怯えたり影響を受けているサイトやSEO対策では、適切な運用や対策ではないということになります。

地に足をつけた対策をしよう

コンテンツの充実も自然な被リンクの獲得もユーザーの関心や満足も、すぐに手に入れられるわけではありません。

SEO対策を焦ってはいけない

ある程度の時間が必要です。
結果を焦る気持ちもわかりますが、一過性の効果にばかり走らないようにしましょう。

  • 利便性
  • 独自性
  • 価値
  • 魅力

これらをしっかりとサイトに持たし他サイトとの差別化を目指しましょう。 ユーザーや検索エンジンから価値があるサイトであると認識されることで、本当の意味でのSEO効果が得られるからです。

中古ドメインを利用しても忘れてはいけません

中古ドメインを利用することでSEO効果を高めることは出来ても、中古ドメインを利用しているからと言ってユーザーを満足させられるわけではありません。
また、検索順位が良かったからと言ってユーザーが満足しているかということも言い切れません。
すべてはサイト次第ですし、順位が高いから何もしなくていいということにはならないからです。

中古ドメインはあくまでひとつの手段です。
ですが、利用するからには質の良い中古ドメインをご利用ください。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

先を見据えたSEO対策

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+