中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1775(2018/12/06追加)

60本入荷しました

31本入荷しました

31本入荷しました

  • ブロンズ…182
  • シルバー…571
  • ゴールド…683
  • プラチナ…339
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

誰でも無料で簡単にできる4つの中古ドメイン調査方法!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

誰でも無料で簡単にできる4つの中古ドメイン調査方法!

質が分からない、リスクが潜んでいるかもしれないと中古ドメインを取得する際には不安がつきまといます。

当店のような販売店を利用していない場合は特に注意が必要です。

また、新規ドメインのつもりで取得したのに中古ドメインだったということを防ぐためにも誰にでも簡単にできる調査方法をご紹介します。

中古ドメインの4つの調査方法

ご紹介する4つの中古ドメインの調査方法は、調査するハードルが低いですが大変参考になります。

ポイントとして、

  • 無料で出来る
  • 知識が不要

という点に絞ってご紹介します。

オールドマスク
実際に効果があり、リスクがないものを選ぶには様々な角度からの調査が必要になります。

調査に対する注意!

4つの調査方法をクリアしていたとしても、それだけでリスクがない中古ドメインとは言い切れないということを理解しておいてください

ですが、しないよりは安全であるという確率が高まります。

中古ドメインを極力リスクなく取得したい場合は、様々な調査が必要になります。

また、当店のような販売店を利用することで手間やリスクを回避できます。

オールドマスク
リスクを少なく質の高い中古ドメインをお探しなら、アクセス中古ドメインをご利用ください!

1.ドメイン名を「site:」で検索する

Googleで検索

Googleの検索エンジンにお目当てのドメイン名に「site:」を付けて入力し検索してみましょう。

検索結果にペナルティの警告が表示される場合があります。

また、インデックスの残り方にも注視してみましょう。

インデックスが残っているのに、一番上に来ていない場合は注意が必要です。

問題なくインデックスが残っている場合は、利用した際にもインデックスされやすいという特徴がある可能性もあります。

ポイントとして、

  • 警告の有無のチェック
  • インデックスの状態のチェック

を意識してください。

新規ドメインのつもりでも、インデックスがあった場合は過去に使用されていたドメインであったということもわかります。

オールドマスク
検索エンジンにどのように認識されているかは重要なポイントです!

ペナルティドメインでもインデックスに問題ないものもある

インデックスが残っている、普通に検索結果のTOPに掲載されているからと言ってペナルティドメインではないとは言い切れません。

ペナルティドメインであってもインデックスが普通に残っていてTOPに表示されるドメインもあるからです。

あくまで、ペナルティドメインの可能性が高いものではないかやインデックスが残っているかというチェックだけになります。

オールドマスク
ペナルティドメインを見破るというよりは、可能性の確認という位置づけです。

2.ブラウザで普通にドメインを開いてみる

安全でないサイトについての警告表示を設定する

「site:」の時と同様に、Googleなどの検索エンジンにドメインを入力して、ブラウザに表示させてみましょう。

ご利用されているセキュリティソフトの種類や設定にもよりますが、上記画像の様にスパムやマルウェアを検知する場合があります。

この場合、現時点でサイトは存在していなくても過去の運用によってサイトがブラックリストに載ってしまっているドメインかもしれません。

新たにサイトを作成し解除申請をすることもできますが、手間やリスクを考えた場合、警告が出るドメインは避けたほうが無難でしょう。

セーフブラウジング機能を利用

Googleの「安全でないサイトについての警告表示を設定する」に記載があるように不適切なドメインは警告が出ます。

ドメインをブラウザで叩いて警告が出る場合は、リスクがあるかもしれません。

ですが、セキュリティソフトやブラウザの設定によって異なる場合もあるため警告が出るドメインがペナルティドメインであるとも限りません。

リスク回避をしたいのなら避けたほうが無難でしょうが、既にサイトが存在していないのでデータが残っているだけの可能性もあります。

警告を「安全でないサイトについての警告表示を設定する」から引用して紹介します。

  • アクセス先のサイトで不正なソフトウェアを検出しました: アクセスしようとしているサイトは、パソコンに不正なソフトウェアをインストールしようとする可能性があります。
  • 偽のサイトにアクセスしようとしています: アクセスしようとしているサイトは、フィッシング サイトである可能性があります。
  • アクセス先のサイトには有害なプログラムがあります: アクセスしようとしているサイトは、ユーザーをだまして、ウェブ ブラウジングの際に問題を引き起こすプログラムをインストールさせようとする可能性があります。
  • このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています: アクセスしようとしているサイトは安全ではありません。

セーフブラウジングの設定により表示しないこともできるため、一概に警告が出るドメインがダメであるとは言い切れません。

また、手動ペナルティがなければ使用しても問題ない場合もあります。

ですが、選ぶ際に警告が出ないものの方がリスクを回避できる可能性が高いということです。

オールドマスク
警告は個々のPCやブラウザの設定にもよるので、やはり手動ペナルティの有無が一番重要な品質の基準になります。

ペナルティドメインでなくても警告が出る

Googleから手動ペナルティの判定を受けていなくても、警告が出る場合があります。

その場合は、セキュリティソフトの会社などに解除申請をしたほうがいいでしょう。

どのような理由でブラックリストに載っているドメインなのかや最近取得した中古ドメインである趣旨を伝えてどうしたらいいかなどを問い合わせてみましょう。

オールドマスク
手動ペナルティでなくても警告が出る場合があります。

3.ブラックリストチェックツールの利用

aguse.jp

https://www.aguse.jp/

民間のブラックリストに掲載されているか確認することができます。

ブラウザで警告が出ないドメインでもブラックリストに記載されている可能性があります。

上記画像は「aguse.jp」というツールになります。

ブラックリストチェックツールは無料なものが多い

MGT.jp

http://mgt.jp/t/black

ブラックリストチェックツールは、無料のツールが多くありますので、複数のツールで調査してみましょう。

上記画像は「MGT.jp」というツールになります。

無料のツールが多いので、検索して探してみてください。

ペナルティドメインでもセーフの場合がある

手動ペナルティを受けているドメインをブラックリストチェックツールで調べた場合、セーフの場合があります。

ブラックリストに載っていないからペナルティドメインではないということは一概には言い切れないということを覚えておきましょう。

ペナルティドメインでもスコアが高いものなども多くあり、確実に見抜く方法はないと言ってもいいでしょう。

最終的には、サーチコンソールで確認しなければ手動ペナルティの有無は判断できません。

4.ドメインの運用履歴の確認

WayBack Machine

https://archive.org/index.php

有名なツールですが、WayBackMachine(ウェイバックマシン)は中古ドメインを選定する際には欠かせないツールです。

新規ドメイン取得の際にも、念のために利用したほうが中古ドメインであったということを防ぐことに役立ちます。

ウェイバックマシンは、ドメインの過去の状態を確認するために利用します。

不適切な内容のサイトでないかなど、過去運用されていたサイト内容を確認することは重要です。

ですが、ペナルティドメインでも一見問題なく見えるものも多くあり見極めるには難しくなっています。

オールドマスク
リスクが高いドメインを見つけることは出来ても、潜んでいるリスクまでを見つけ出すことは困難です。

リスクがない中古ドメインを手に入れたいなら

中古ドメイン取得のリスクの多くは、ペナルティドメインであることです。

その後の使い方によってもリスクは生じますが、入手して利用までの最大のリスクは元々ペナルティを受けているドメインかどうかということでしょう。

ある程度の参考にはなりますが、ペナルティを完全に見極めるには、紹介した4つの方法だけでは不十分です。

また、多くの有料のツールを利用しても100%見分けられるとは言い切れません。

ドメインを選定した経験も必要になりますし、様々なツールなど調査方法や時間の確保も必要になります。

簡単な調査だけでは完全ではない

簡単に無料で出来る調査方法を紹介しましたが、簡単にできるだけに完全ではありません。

多くのドメインを見てきた経験がある方であれば紹介した方法でもリスクはないかもしれません。

また、経験がない方でもペナルティドメインでないものを手に入れることも可能でしょう。

ですが、あくまでも一部の調査・選定方法であるということを覚えておいてください。

ペナルティを事前確認済みのドメインでリスク回避

中古ドメインの効果は運用するサイトの質や利用の仕方で変化してしまい、一概に効果が出るとは言えません。

ですが、事前にペナルティがない中古ドメインを気軽に入手できることがかのうであれば、時間もお金も無駄にしないで済みます。

アクセス中古ドメインでは、品質を最も重視しておりリスクが最小の中古ドメインをご用意しています。

安心できる中古ドメインを活用して、サイト制作・運用にお役立てください!

SEO診断コンサルティング-詳しくはこちらへ

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

誰でも無料で簡単にできる4つの中古ドメイン調査方法!

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

厳選されたオールドドメイン

SEOに効果的な
中古ドメインを探してみる
中古ドメイン一覧
  • サテライト

  • SEO対策

  • アフィリエイト

  • 高品質

  • 即時納品

  • 返品保証

SEO診断コンサルティングサービス開始!! アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)アクセス中古ドメイン豪華2大キャンペーン!!全商品対象 中古ドメイン10本まとめ買いで最大10%オフ 無料会員登録で必ずもらえる!!500px(500円相当!!)

TLDでドメインを探す

パワーランクでドメインを探す

アフィリエイター募集 中古ドメインを紹介して高額な報酬も狙えます!!いちばんやさしい初めての中古ドメイン