販売ドメイン 77(2016/12/16追加)

中古ドメイン販売速報

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

その被リンク対策で大丈夫?

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

その被リンク対策で大丈夫?

外部対策の施策をする際、通常は「対策ページ」や「狙うワード」について計画をすることが多いと考えられます。
もちろん基本的で重要なことですが、それだけで本当に低リスクで最大限のSEO効果を発揮できるでしょうか?

多くのSEO業者、SEOコンサルタントなる方とお話をする機会があるのですが、(少なくとも私が見た範囲では)成果の有無に関わらずやり方を変えたがらない人が多いみたいです。

きっと、昔の成功体験が今も頭に残っているのでしょう。

今の被リンク対策、満足してますか?

対策したいページ、例えばTOPページだけ頭でっかちな被リンク対策を施しても効果が次第に薄れていると感じることが最近多いです。

そもそもサイトの順位を上げることだけを目的にして盲目になっているからリンクの貼り方や本数など小手先のノウハウだけをかき集めて対策した気になっているのです。 本来大事なのはサイトをみて事業の成果をUPさせることなのにも関わらず。

こうした傾向は被リンクを売る業者に特に見られる傾向です。

被リンクを売る行為も業者からするとあくまでビジネスなのでこのようにリンクを貼ることや一時的にでも検索順位を上げることだけに目線が行ってしまうのです。

「被リンク対策」と「サテライトサイト」をセットにしない

被リンクによるSEO対策は以前より効果が薄れているやサテライトサイト、自演リンク、ブラックハット等を批判する意見も増えているのも事実です。

私の考え方としては、「被リンク対策」と「サテライトサイト」をセットにしないこと、つまり、被リンクによるSEO効果は健在だが、多くのサテライトサイトを見る限り無意味に近いということです。

これまでのよくあるサテライトサイトだともう効果が薄れていることは明白です。
今後はもうサテライト」や「ペラサイト」とは言わせないレベルの価値のあるコンテンツからリンクを獲得することが重要です。

広義の意味だと、ナチュラル被リンクの獲得もある意味「被リンクSEO対策」に含まれると考えています。
被リンク対策の基本的なノウハウや技術、分析力も大事だが、それほどの被リンクを獲得するのにふさわしいサイトか?と自問自答しながら被リンクの計画を立てるようにしましょう。

メインサイト作っていきなり被リンク

たまに見る例がブログ型、ノウハウ紹介型のサイトをオープンしたと同時に被リンク対策を始めてしまう例です。
この手のサイトはある程度コンテンツが溜まってから被リンク対策を検討するべきなのに、20記事とかそこらで自演リンクをしているケースが見られます。

もっと簡潔に言うとナチュラルリンクの一つも獲得できないレベルならばコンテンツに問題があると考えるべきです。

被リンク対策するうえでメインサイトの土台が未完成だとリンクを送る効果も土台の大きさ分しか発揮されません。

被リンク対策はメインサイトのポテンシャルを超える効果は与えてくれません。

下層ページへのリンクがなされていないケース

「対策ページ」「対策ワード」を設定すること自体は戦略を考える上でもちろん重要です。
ですが、下層ページも対策することはロングテールの強化、ロングテールは売り上げにつながりやすい上に、サイト全体の価値も上昇します。

対策ページと対策ワードの目標設定とは別にサイト全体の価値を上げる、長期的にSEO効果を持続させる考え方もこれから必要になります。

汚染されたドメインでサテライトサイト

サテライトの品質に関しても述べてきましたが、現実問題たくさんのサテライトサイトを抱えている方はいきなり品質を上げろと言われもそう簡単にはいきませんよね。

そこで今日でもSEOに有効な中古ドメインを使う手があります。
過去に品質の良いバックリンクを獲得した中古ドメインならサテライトサイトの品質をカバーできる場合があります。

ですが、汚染されたペナルティドメインだと完全に逆効果です。
ペナルティが無くてもそれに準じた品質のドメインでもダメです。

これはドメインの品質をチェックできる人じゃないといわゆる中古ドメインのアタリハズレ問題に関わってきます。
リスクを最小限にするためにもぜひアクセス中古ドメインをご利用ください。

ブラックハットをブラックのままやらないことが重要。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

その被リンク対策で大丈夫?

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+