販売ドメイン 77(2016/12/16追加)

中古ドメイン販売速報

VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

中古ドメインを導入する・しないのヒント

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

中古ドメインを導入する・しないのヒント

中古ドメインは作るサイトや予算、ビジネスモデルによって適する場合と適さない場合があり手放しに誰にでもオススメしているわけではありません。
本来はビジネスモデルをじっくり検討したうえで導入を決定しますが、本コラムでは導入するか迷ってる方向けのヒントになればと思います。

中古ドメインを導入するべき場合

まずは、中古ドメイン導入に適している場合を紹介します。

中古ドメインが向いている場合

  • 現状のサイトの集客に満足していない
  • コンテンツの改善をしても、検索順位が変わらない
  • ライバルサイトが中古ドメイン
  • URLの名前を気にしない
  • 被リンク対策に多くのコストを割けない
  • シェアされにくい業種のサイト
  • 早く成果を出す必要がある
  • 中古ドメインのリスクが0ではないことを理解している
  • サイトをたくさん保有している(またはする予定)
  • 狙ったワードで競合が強い
  • サテライトサイトを作る場合

集客力・コンテンツの弱点をカバー

現状のサイトの集客に満足していない場合ですが、多くの場合はコンテンツに不備があることが多いです。
しかし、改善に改善を重ねても、サイト設計から見直してもどうにもできない場合があるでしょう。
そのような場合、中古ドメインに引っ越すことによって改善された例も少なくありません。
ただし、コンテンツの見直しも怠って、中古ドメインに乗せ換えれば済むなどといった安易な使い方だとうまくいかない場合があります。

ライバルが中古ドメインなら

ライバルサイトが中古ドメインの場合は、中古ドメインの強さにもよって変わりますが、あなたも中古ドメインや被リンクなどの外部対策も検討するべきでしょう。
本来、平等にコンテンツだけで評価されるべきですが、どれだけシェアされているかや運用履歴の要素も評価されているとみるべきです。

ブランディングを必要としないなら

URLの文字列を気にしない方は、より中古ドメインの導入するメリットは高まります。
ブランディングしたい場合でも301リダイレクトなどで好きなドメイン名に中古ドメインのパワーを送る手法もありますが、多くの方は中古ドメインをそのまま使っている傾向にあります。

外部対策の強化に

被リンク対策にコストをかけることのできない方にもオススメです。
リンクを買う行為やリンク集への登録など、中途半端な対策をするのはやめて、完成度の高い価値のあるサイトからリンクを送ることは重要ですが、これには多くの時間と資金が必要になるケースがあります。
そこで中古ドメインを導入すれば、中古ドメインが持つ被リンクや検索順位などを引き継げる可能性があります。

業種によって

中古ドメインや被リンク対策をせずとも、良いコンテンツを作り出せばナチュラルリンクは集めることも可能ですが、そうではない業種も必ず存在します。
人には言いにくいコンプレックス系商材などは、そのような傾向が強く出ています。
そのようなジャンルで勝負する場合、中古ドメインの利用を検討するべきです。

時間を節約できる中古ドメイン

個人で趣味半分でサイトを育てることも良いことで楽しさもあると思いますが、ビジネスの場合はそうもいきませんよね。
常に結果を求められる立場の人は、じっくりサイトを育てることなんて出来ない状況かもしれません。
そんな方は、リスクも0ではないですが中古ドメインで早く成果の出るサイトを作るという選択肢もあります。

多くのアフィリエイターさんは数個から100以上ものサイトを管理運用している方も少なくありません。
組織化してサイトの更新をしている場合もありますが、なかなか1つ1つのサイトをじっくり更新できないケースがあります。
そのような方にも中古ドメインは有効です。

主にこれらのケースに該当する方は中古ドメインの使用を検討する価値はあるでしょう。
これから初めて中古ドメインを導入する方はいきなり何個もサイトを作らず、少数のサイトから試して新規ドメインとの違いを体感するのが良いと考えられます。

中古ドメインが適さないケース

中古ドメインが適さないケースについて代表例を紹介します。

中古ドメインが向いていない

  • ブランディングのためドメイン名が必要
  • 初めてサイト制作する場合
  • 成果を急がない場合
  • 趣味のサイトである場合
  • リスクを取れない場合
  • 競合が弱い場合

ブランド重視

まず、ブランドのために良いドメインを使いたい場合でも301の手法で希望ドメインを使うことも可能ですが、中古ドメインをそのまま使う場合は適さないです。

完全に入門者である場合はオススメできない

はじめてサイトを制作する場合、いきなり中古ドメインというのはオススメできません。
というのも、初めてなのに中古ドメインを使って成果を出したら、それがコンテンツのおかげか中古ドメインのおかげか、判断できなくなってしまう場合も入門者の場合考えられるケースもあります。

成果とコストとリターンで考える

成果を急がない趣味のサイトや、サイトを育てる工程を楽しんだり、研究したい方は新規の独自ドメインを使うべきです。

中古ドメインを使うことはリターンを得られますが、失敗するリスクも決して0ではありません。コンテンツを保有していて、競合もそれほどなければ、新規ドメインを選択することが無難であるケースもあります。

リスクを最小限まで抑えるなら「アクセス中古ドメイン」

いわゆる中古ドメインのアタリハズレの問題はどこで購入しようと0にはならないと思いますが、当店ならペナルティの有無をチェックし販売しております。
ペナルティが無かったとしても疑わしいサイトだった場合、販売されません。
それでも万が一、ペナルティドメインだった場合でも、返品・返金保証をお付けしての販売なので、アフィリエイター様のリスクは少なく抑えることに成功しました。

SEO効果を追求したドメインを買うなら「アクセス中古ドメインをご利用ください。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

中古ドメインを使うか使わないか

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+