バレンタインデー限定セール

中古ドメイン販売の「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1488(2018/02/20追加)

4本入荷しました

19本入荷しました

87本入荷しました

  • ブロンズ…974
  • シルバー…400
  • ゴールド…78
  • プラチナ…36
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

【費用対効果抜群】50記事の専門特化サイトで稼ぐアフィリエイト手法!

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

【費用対効果抜群】50記事の専門特化サイトで稼ぐアフィリエイト手法!

アフィリエイトを行うサイトに正解はありませんが、なるべく費用や労力をかけないで成果を出したいと考えることでしょう。

費用や労力をかけて成果が出なければ、ダメージは大きくなります。

特に試しに、手始めに、アフィリエイトを考えている場合は費用対効果を考えたサイト設計で進めていくことも重要です。

50記事専門特化サイトでアフィリエイトをする利点

コンテンツSEOが重視されて、コンテンツを多く作成する考えが蔓延しましたが、質が高いコンテンツでなければいくら数が多くても意味がありません。

特にアフィリエイトサイトの場合は、質と信頼性はYMYLの観点からもより高いものが求められます。

これらを踏まえた上で、50記事を目標にして、品質を強く意識したコンテンツを用意していく必要があります。

記事数が少ない場合は、よりひとつひとつの記事に力を入れられやすくなりますし、改修する作業なども効率的に行うことができます。

記事数を50と意識することは記事にかかるコストを抑えられるということが最大の利点でしょう。

オールドマスク
質の低い記事や中途半端な質の記事を100~300量産するよりは、長い目で考えても質の高い50記事を運用していく方が効率的です。

50記事を意識してモチベーションを維持させる

特に自分で記事を作成していく場合は、モチベーションの維持が大切です。

量を意識してしまうと数をこなすことで満足してしまったり、ミスや修正作業の時間も増えてしまいます。

また、アフィリエイトの焦る気持ちを抑えて時間をかけてでもしっかりと仕上げると考えながら、作業を行うのにも50記事という数は適しているでしょう。

オールドマスク
ただ書く100記事より、しっかりとした50記事のが価値があります。

一貫性のあるサイトにするには記事の内容が重要

50記事特化サイトであれば、サイトのコンセプトに一貫性が求められます。

記事を量産していくカタチではないため、最初にサイトのコンセプトを設定し順序立てて必要な記事を選定していく必要があります。

どのような内容の記事が必要で、タイトルを決めるなどを行いリスト化して必要な記事が用意できているかを意識しておきましょう。

事前にサイトとしてのストーリーや必要な記事を確定させてから作成していくことで、一貫性のあるサイトに仕上がります。

オールドマスク
サイト全体のコンテンツの目的や品質にも一貫性が必要です。

専門性が高いサイトにする

初志貫徹し関連が深い50記事のコンテンツ勝負になるため、質が高く専門性を持つサイトにする必要があります。

差別化をするために、他サイトが掘っていない情報を追加したり、定番情報であってもより正確性の高いものや深いものを用意するようにしましょう。

専門性が高く有用な情報を持ち、信頼性もあるサイトであればユーザーにも多く利用されるでしょうし検索エンジンからの評価も期待できます。

アフィリエイトを行う場合は、信頼性や情報の正確性をより強く意識しなければいけません。

専門サイトの場合、ジャンル変更しにくい面もある

質の高い専門サイトを作成できたとしても、アフィリエイトの成果に結びつかない場合があります。

その場合、専門サイトの場合は関係のないものでアフィリエイトを行うというような方向転換が難しくなってしまうデメリットもあります。

50記事の特化サイトでアフィリエイトを行う際はこのようなリスクも考えなければなりません。

また、サイトに訪れたユーザーをどうコンバージョンに落とし込むかを考えたサイト設計が求められます。

オールドマスク
どのような形態のサイトでもアフィリエイトが必ずうまく行くとは限りません。自分に合ったスタイルで根気よく行う必要があります。

複数持ってリスクを分散させる

方向転換させにくい特徴はありますが、50記事の専門特化サイトは複数持ちやすいというメリットもあります。

複数持ち、成功すれば成果は増しますし、リスク分散にもなります。

大型のアフィリエイトサイトで大きく集客するのも手ですが、手間もかかり何か問題が生じた場合はひとつのサイトだけだと急に終わってしまう場合もあります。

商材にしても永久的に利用できるものではなく、稼げていた商材が終了してしまうこともありますのでリスク分散は念頭に入れておきましょう。

オールドマスク
アフィリエイトはASPや広告主にも依存していますし、サイトアフィリはGoogleに依存してますのでリスクは常につきものです。

専門特化サイトのアフィリエイトの進め方

50記事の専門特化サイトでのアフィリエイトのポイントを見ていきましょう。

まずは記事が必要になります。

専門特化サイトというぐらいですから、中身が一番重要です。

記事を読んで納得させコンバージョンに至らせなければなりません。

また、関連キーワードで集客した際のうまく訴求できるようなコンテンツやLPを用意しておくといいでしょう。

重要になるのは、

キーワード選定
1つのメインワードと5つほどのミドルワードを選定する
※難易度やボリュームなど多角的な視点から
記事制作・依頼
自分でかけるならばしっかりと書く
より専門性を高めたいならば専門家に依頼する
記事のバランス
一貫性のある記事を30記事
クエリや調整用、集客用に20記事など構成をしっかり持つ
カテゴリを決める
50記事と考えて4カテゴリぐらいにまとめる

上記は意識して行うべきでしょう。

また、ひとつひとつの記事の厚みを意識し、タグの活用などサイトの内部リンクも活用しましょう。

ランディングページでコンバージョンに持って行ける工夫をして、記事ごとに成約を獲得できるようにしておきましょう。

中古ドメインの活用

サイトの規模はそこまで大きくないですが、専門特化型のサイトはドメインの評価が得やすいサイトスタイルです。

サイト運用を通してもドメインの価値を高めていくことが可能ですが、先に当店で言えばゴールド・プラチナ相当の5万円程度のドメインに投資しておくと効率的にサイト運用が行えるでしょう。

良いドメインと良いライターで楽をする

中古ドメインを利用し上で、専門特化した記事を書けるライターを見つけることができれば、かなり楽にサイトを製作できます。

質の高いドメインと記事があるサイトはサイトの評価が高まりやすくなります。

サイトマスターは浮いた時間で違うサイトや訴求ポイントや売り込み方法を考えるなど成果に直結した作業が行えます。

丁寧な内部リンク

サイトのページ数が少ないので、誘導の仕方を考えましょう。

着地したページでコンバージョンまで持って行ける流れを記事ごとに設けることも意識したほうがいいですが、次にしてもらいたい行動を促すように適切な内部リンクで誘導しましょう。

LPで成果を呼び込む

専門特化サイトを作成したとしても、本来の目的はコンバージョンです。

いろいろ回遊して情報を収集する役割をサイトに持たすこともサイトの価値として重要になりますが、コンバージョンしなければアフィリエイトとしては意味がありません。

LPで成果を呼び込む工夫をすることで、欲求が高いユーザーを逃がさないで落とし込めるようにしましょう。

1ページ内で満足させ、完結させられるコンテンツを用意しておくのも有効です。

50記事の専門特化アフィリエイトサイトのまとめ

50記事の専門特化アフィリエイトサイトでのポイントは、

  • 記事ごとの役割の明確化
  • 専門性のある記事の執筆・ライターの獲得
  • 目的を持ったサイト設計
  • 質の高い中古ドメイン
  • ランディングページの最適化
  • 丁寧な内部リンク

が、ポイントになります。

作成する型を自分なりに見つけてしまえば、様々なジャンルで応用できます。

まずは、質の高い中古ドメインを手に入れて50記事専門特化アフィリエイトサイトを作成してみましょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

【費用対効果抜群】50記事の専門特化サイトで稼ぐアフィリエイト手法!

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+