SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1177(2017/09/20追加)

11本入荷しました

10本入荷しました

25本入荷しました

  • ブロンズ…736
  • シルバー…344
  • ゴールド…96
  • プラチナ…1
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

アフィリエイトサイトの新規・中古ドメインでの順位比較

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

アフィリエイトサイトの新規・中古ドメインでの順位比較

中古ドメイン新規ドメインで作成したアフィリエイトサイト順位の推移を比較してみました。

中古ドメインと新規ドメインでは、リリースしてからのインデックス状況の違いもありました。
サイトで扱っているジャンルやトピックに違いはありますが、順位の動きにも違いがありましたので紹介します。

キーワードに対するアフィリエイトサイトの検索順位

サイトに対し狙っているキーワードでの検索順位サイト運用アフィリエイトを行うにあたって重要です。

中古ドメインと新規ドメインで比較しているサイトもアフィリエイト用のサイトなので検索順位の動きやインデックススピードは成果に繋がるため注視していきたいポイントです。

アフィリエイトサイトは外部対策なしでの比較

比較するにあたり、ジャンルやトピックに違いはあるものの、どちらも外部対策は用いていません。
記事コンテンツの力ドメインパワーでの比較です。

中古ドメインと新規ドメインどちらのサイトも、同じようにしっかりとした記事やサイト作りを行って比較しています。

記事アップ直後のアフィリエイトサイトの順位を比較

新規ドメインのサイトと中古ドメインのサイトではリリースタイミングが違い、新規ドメインのサイトの方が20日ほど早いリリースになっています。

やはりインデックススピードは中古ドメインのアフィリエイトサイトの方が優れており、検索順位がつくまでの期間は短いという結果でした。

新規ドメインのアフィリエイトサイトの順位推移

新規ドメインの順位
新規ドメインの順位推移です。
GRCの画像になりますので順位は右から左に見ていきます。(←)

初期リリース分の記事に順位がつくまでに4日間かかりました。
順位は172位でした。
他は圏外だったり、200位台であったりでした。

結果が良いとは言えませんが、リリース直後の動きとしては想定内といった感じです。
これから、SEO対策や記事改修など様々な施策をしていく必要がありますがリリース直後としては問題ないでしょう。

中古ドメインのアフィリエイトサイトの順位推移

中古ドメインの検索順位

順位の推移が添付画像でわかりにくいので下記図で順位の流れをまとめています。

リリース→47位→21位→25位→24位→23位→21位→23位
リリース→42位→21位→22位→22位→16位→16位→20位
リリース→42位→19位→19位→18位→12位→14位→17位

中古ドメインサイトはリリースして翌日には順位がつきました。
50位以内にランクインして、20位台に推移しておりリリース直後にしては悪くない結果ではないでしょうか。

中古ドメインの順位推移その2

こちらも順位の推移が添付画像でわかりにくいので下記図で順位の流れをまとめています。↓

リリース→順位無し→7位→6位→6位→6位→6位
リリース→10位→21位→11位→10位→6位→7位

中にはリリースしてすぐに、10位以内にランクインしているものもあり成果を早める可能性が高まる結果になりました。

キーワードの難易度やボリュームに差異はあるものの記事アップ直後の順位としてはまずまずの結果でしょう。
出た順位がすべて中古ドメインの力というわけではないでしょうが、インデックススピードやランクインした順位の違いに中古ドメインの力も影響していることは見て取れます。

ふたつのアフィリエイトサイトを比較してみて

新規ドメインと中古ドメインのアフィリエイトサイトの順位推移を比較してみて考えられることは、初期段階での結果を早めたいのであれば中古ドメインの方がやはり有利に働くということでしょう。
全キーワードというわけではありませんが、中古ドメインの方が順位がつくのも早く新規ドメインに比べて順位も高い傾向にあり安定していました。

新規ドメインの場合も早く結果が出る可能性は否定できませんが、インデックス状況や検索順位を見てみると中古ドメインの方が優れています。

サイト運用の目的や内容により絶対に中古ドメインを利用すべきとは言えませんが、

  • 成果を早めたい
  • アフィリエイトサイトを作成したい
  • サテライトサイトの効果を早めたい

などの考えがある方は、中古ドメインを利用する価値はあるでしょう。

中古ドメインのリスクは軽減できる

中古ドメインのリスクはよく語られますが、複数のサイトを中古ドメインで運用している経験からそこまでのリスクは感じられません。 Googleペナルティのリスクは元々中古ドメインが持っていたり、サイトの運用の仕方サイト自体の質、SEO対策のやり方が不適切だということで生じる可能性の方が高いです。

質の担保された中古ドメインを利用すれば、中古ドメインが原因で発生するリスクは起きる可能性は低いでしょう。

アフィリエイトサイトに中古ドメインを活かす

アフィリエイトが目的でサイトを作成、運用していくことを考えているならば趣味や普通にサイトを運用していく方よりインデックススピードや検索順位、SEO効果を考えていることでしょう。

中古ドメインを用いることでインデックスや検索順位、SEO効果を優位な状態に持っていくことが可能です。
サイト自体の質や記事がしっかりとしていることは勿論、新規・中古ドメイン問わず求められ手を抜いてはいけませんが同じ手間をかけるなら中古ドメインに投資して成果を早める工夫を行うこともアリではないでしょうか。

アフィリエイターの方は、アクセス中古ドメインの利用をご検討ください。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

アフィリエイトサイトの新規ドメインと中古ドメインの順位比較

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+