SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

by Access Japan
販売ドメイン 1043(2017/07/27追加)

20本入荷しました

23本入荷しました

23本入荷しました

  • ブロンズ…603
  • シルバー…285
  • ゴールド…144
  • プラチナ…11
VISA,mastercard,JCB,AMERICAN ECPRESS,Diners Club INTERNATIONAL,PAYPAL

低価格な中古ドメインを購入するときの注意点

投稿日:

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+

低価格な中古ドメインを購入するときの注意点

中古ドメインは安いものは、1000円程度のものからあります。
ドメインエイジも長く被リンクの質も良い信頼できる中古ドメインは高額で取引される傾向になります。
しかし、低価格の中にも掘り出し物のドメインがあるのも事実です。

低価格の中古ドメインを選定や運用する際の注意点についてまとめてみました。

価格だけで中古ドメインを選ぶことは危険

中古ドメインを選ぶ際には、どうしても価格に目がいってしまいがちですが、価格だけでドメインを選んではいけません。

安いものを選んだがゆえにハズレを引いてしまうこともありますし、かといって高額な中古ドメインだからといって期待したほど効果が出ないこともあります。

このように価格帯だけで判断して品質が伴っていない場合や金額に見合った効果を生み出せていない運用をしてしまっている場合があります。

中古ドメインの品質や潜在能力を見極める

中古ドメインは価格以外にも見るべき箇所がたくさんあります。

などについて自分の眼や外部調査ツールを使ってしっかり調べることが重要になってきます。
様々な角度から検討してから、自分が運営しようとしているサイトとマッチするかどうかを判断する必要があるからです。

金額より、まず目的意識で選ぶ

高額な中古ドメインでも適切なサイトの運用や自分のサイトとうまくマッチしなければその効果を生かすことは容易ではありません。 逆に安い中古ドメインでもピッタリとサイトとマッチし適切な運用をすれば大きな効果が期待できます。

中古ドメインを選ぶ際は、価格よりもドメインの持っている特性やこれから運営するサイトとのマッチングを優先して選ぶことを念頭に置いておきましょう。

ドメインの価値は変わる

中古ドメインを使用してサイト運用していく上で、運用の仕方やサイトの質でドメインの価値は上下します。
金額やスコアが高いものを買ったからといってその効果や数値が今後も保障されるわけではないからです。

目的に合った中古ドメインを、自身の成果や目的を達成するために適切な運用をしなければ効果も生まなければお金も無駄になります。

安い中古ドメインでも良いものはある

安い中古ドメインでも、効果が期待できる質の高いものは沢山あります。
価格はあくまで目安や販売店がつけたもので質や効果を約束されるものではありません。

大切なのはあくまで、使用する目的に即しているドメインを適切に利用するということです。

被リンクの質とサイトの質

販売店や出品者がどのような基準で価格を設定しているか定かでない場合、被リンクと過去のサイトの質を調べることで本当の価値が見えてくるでしょう。
また、販売店や業者によっては根拠のない価格設定の仕方や未だに廃止されたGoogleページランクを基準にしている可能性もあります。

質を細かく分析し自分の判断と価格を考えて購入を検討したほうがいいでしょう。

一般的に良くないものは避ける

アダルト関連やギャンブル関連、コピー品や偽造品を取り扱っていたようなブランド等の販売サイトなど、一般的にあまり好ましくないジャンルで運用されてきたドメインは取得しない方が無難です。

アダルトサイトを運用するつもりであるなら必ず避けなくてもいいでしょう。
また、上記に該当するドメインのすべてが悪いものであるわけではありません。

一貫性のないサイトにも注意

サイトの内容が何度も変わっているようなドメインも取得しない方が賢明です。

質の低いアフィリエイトサイト量産されたサテライトサイトに使用されたドメイン、まとめ系サイトで使用されたドメインなどもペナルティやスパム判定を受けて使うのをやめた可能性もあるので、おすすめはできません。

被リンクの精査は外せない

被リンクの数が多く質が高いほど、SEO効果やドメインの価値が高いが期待できます。
特に同じジャンルであれば、被リンクのアンカーテキストが狙っているキーワードやそれに関連したワードである可能性が高いので即効性も期待できます。

ただし、被リンクの数が多いだけでなく、どんなサイトからリンクされているかが重要になってくるのです。

ドメインを良く見せる水増しの可能性もある

ドメインに価値があるように見せるように、水増しを行っている可能性があります。

転売目的で前の持ち主が行った可能性もあります。
また、過去に運用していく上でスパムのように使用していたドメインは数値やスコア上は良く見えても危険性が高い場合も念頭に入れておきましょう

色々なドメインを調査することで目利きの力を養う

中古ドメインを上手く運用するためには、どのドメインを選ぶかという目利きの力が必要になってきます。
中古ドメインはピンからキリまで様々あります。
素晴らしい運用履歴のドメインもありますが、なかには検索エンジンからペナルティを受けたドメインもあります。

実際に色々なドメインを調査することで、なぜ価格が高いのかなどドメインを目利きする力が養われてくるのです。

中古ドメインは実際に運用してみないと効果が見えにくい

中古ドメインを実際に運用してみると、見えてくることがたくさんあります。
例えば、同じくらいの被リンク数のある中古ドメインであっても、映画サイトや商品キャンペーンなどで使われてドメインは自然な被リンクが多く高い効果が期待できます。

まとめ系サイトや質の悪いアフィリエイトサイトなどで使われていたドメインは、SEOを目的とした不自然な被リンクが多いため効果が期待できない傾向があります。

このようなことも中古ドメイン運用の経験を重ねていくことで、実感してくるはずです。
中古ドメインの品質を見極めることができれば、価格に惑わされずに高い効果を期待できる良質な中古ドメインを探すことができるようになるでしょう。

この記事を読んだ人はこれも読んでいます

低価格な中古ドメインへの注意

この投稿が気に入ったら
シェアしてください。

Twitter Facebook はてなブックマーク Google+